Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


2013.7月の読了本 ++++++++

2013/12/02 22:21

暫く放置していたら3か月分も読書記録でさえ取り損ねておりました……。
今の楽しみは、今度行く東京でございます。
最近いろいろ鬱々としていたのですが、太宰の話の中で、
「夏用の反物を貰った。夏まで生きていようと思う。」
という感じの言葉があったと思いますが、確かに人間は楽しみがないと生きていけませんねぇ。
ライブと美術館をその行程に取り組みましたが、本来の目的はお見舞いです。
親戚に久々に会うのが楽しみ(いや、見舞いだし楽しみと言っていいものか…?)。
足の弱った家人のお供なので、いろいろ分かりやすいルートを検討しておかないとな~。



2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:54冊
読んだページ数:12004ページ
■ぬいぐるみ警部の帰還
読了日:7月31日 著者:西澤 保彦

■零崎双識の人間試験(1) (アフタヌーンKC)
読了日:7月30日 著者:シオミヤ イルカ

■十 ~忍法魔界転生~(1) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:7月30日 著者:せがわ まさき

■FAIRY TAIL(1) (少年マガジンコミックス)
読了日:7月30日 著者:真島 ヒロ

■マギ 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:7月30日 著者:大高 忍

■マギ 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:7月30日 著者:大高 忍

■スキップ・ビート! 32 (花とゆめCOMICS)
読了日:7月30日 著者:仲村 佳樹

■宇宙兄弟(21) (モーニングKC)
読了日:7月30日 著者:小山 宙哉

■7SEEDS 4 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:7月30日 著者:田村 由美

■神さまの言うとおり弐(2) (少年マガジンコミックス)
読了日:7月30日 著者:藤村 緋二

■甘い生活 2nd season 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:7月27日 著者:弓月 光

■談志が死んだ
読了日:7月26日 著者:立川 談四楼

■リカーシブル
読了日:7月25日 著者:米澤 穂信

■慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り―漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代 (新潮文庫)
興味があったのは子規、漱石、熊楠あたりだったが、外骨、露伴、紅葉、緑雨に関してもその人となりを知れてよかった。しかし覚えていることといったら、漱石がやたら子規の落第を気にして世話を焼いたことや、紅葉の奥さんが美人だったことや紅葉と露伴の弟子の面倒の見方とか、微妙なところばかり…。子規が露伴の『風流仏』に影響を受け『月の都』を執筆、露伴に作中の俳諧を褒められてそちらに進んだというエピソードは、実際どこまで子規の中では比重があることなのかな?同年に生まれた7人のそれぞれの思想、模索が追われていて面白かった。
読了日:7月24日 著者:坪内 祐三

■山田くんと7人の魔女(1) (少年マガジンコミックス)
読了日:7月23日 著者:吉河 美希

■ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1) (モーニングKC)
どうして御手洗さんがこんなに若いのか?と最初は疑問に思っていましたが、現代の小道具などを取り入れながら作品が面白く展開していたので、まあいいか…と楽しく読みました。しかし一応脚注で「占星術殺人事件」の年代など出ていたので、御手洗さんの年齢がとても不自然(笑)。作中の年代はもっと古いはずなんだけど、このコミカライズでは(読者に取っつき易くするために?)時代を現代に置き換えてあるのですね…。確かに視覚的な要素が生きる作品でした。このあとどんな作品が続くのかな~。
読了日:7月23日 著者:原 点火

■神さまの言うとおり(1) (少年マガジンコミックス)
読了日:7月23日 著者:藤村 緋二

■ちはやふる(21) (Be・Loveコミックス)
読了日:7月23日 著者:末次 由紀

■アホリズム aphorism(10) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:7月22日 著者:宮条 カルナ

■7SEEDS 3 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:7月22日 著者:田村 由美

■昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)
読了日:7月22日 著者:雲田 はるこ

■BUTTER!!!(5) (アフタヌーンKC)
読了日:7月22日 著者:ヤマシタ トモコ

■信長のシェフ 7 (芳文社コミックス)
読了日:7月21日 著者:梶川 卓郎,西村 ミツル

■まんが親 2 (ビッグコミックススペシャル)
おすもうの知識をあえて教えないところが可愛くてそしてしんみり。吉田先生の、娘と風呂に入れなくなる日をカウントダウンしているお父さんの風呂漫画を思い出す~。
読了日:7月21日 著者:吉田 戦車

■マギ 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:7月17日 著者:大高 忍

■BLEACH―ブリーチ― 59 (ジャンプコミックス)
前までは普通の下がり眉だった気がするのですが急にワル顔に!今まで脇役に徹してきたような卯ノ花さんですが…ああー
読了日:7月14日 著者:久保 帯人

■ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様 (メディアワークス文庫)
ところどころ長い。枝葉が楽しい作品もあるが、この作品の枝葉はあまり乗り気がせず、すっ飛ばしてしまいました。先生の会話部分とか…。短く刈り込んですっきりしていた方が良かったのではと私は思いました。王道の青春小説という感じで読んでいて少し気恥ずかしかった~。
読了日:7月14日 著者:柏葉 空十郎

■ONE PIECE 70 (ジャンプコミックス)
読了日:7月13日 著者:尾田 栄一郎

■血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ (ジャンプコミックス)
読了日:7月12日 著者:内藤 泰弘

■7SEEDS 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:7月12日 著者:田村 由美

■恐怖箱 吼錆(くさび) (竹書房ホラー文庫)
読了日:7月12日 著者:鈴堂 雲雀

■神去なあなあ夜話
番外編のような短編が何個か載っているのかと思っていたら、連作の形で楽しめて嬉しかった。勇気君が村に馴染んでいてなにより。蛇神様の話はちょっと心に沁みた。
読了日:7月12日 著者:三浦 しをん

■読まずにはいられない: 北村薫のエッセイ
読了日:7月12日 著者:北村 薫

■テラフォーマーズ 5 (ヤングジャンプコミックス)
ガンツよりもさらに人がバンバン死んでしまう。登場人物が把握できませんわ…
読了日:7月11日 著者:橘 賢一

■テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:7月11日 著者:橘 賢一

■テラフォーマーズ 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:7月11日 著者:橘 賢一

■海傑エルマロ(1) (ヒーローズコミックス)
読了日:7月9日 著者:原案/伊藤福八,脚本/中川トシヒロ,作画/井上紀良

■テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:7月9日 著者:橘 賢一

■テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:7月9日 著者:橘 賢一

■マギ 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:7月9日 著者:大高 忍

■7SEEDS 1 フラワーコミックス
読了日:7月9日 著者:田村 由美

■クリスティ・ロンドンマッシブ 2 (フラッパーコミックス)
読了日:7月8日 著者:新谷かおる

■クリスティ・ロンドンマッシブ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
これは続編なんだね?と読みながら確認してしまった。一応セリフなどで人物や背景については補足できるが、やはり前作を読むほうが良さそう。
読了日:7月8日 著者:新谷かおる

■ショッキングPINK-SKY (5) (小学館文庫 (あA-35))
読了日:7月7日 著者:秋里 和国

■江戸の下半身事情 (祥伝社新書)
読了日:7月7日 著者:永井 義男

■わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)
ヤマザキマリさんの本に度々名前が出てくるので手に取った。今のように台本がある旅行番組ではなく、現地で興味を持ったものを何でも見て行き、30年以上も続けていたとかバイタリティーがあるなあ。語り口が上品でこちらも背筋が伸びる思い。縁側や床の間などを無駄なものとして住宅から廃する日本人の余裕の無さ、絵文字で言葉を省略して語彙力、豊かな表現が失われていくのではないかという話には同感です。
読了日:7月6日 著者:兼高 かおる

■ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)
読了日:7月6日 著者:古舘 春一

■ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)
読了日:7月6日 著者:荒木 飛呂彦

■悪趣味の本 (宝島社文庫)
特殊プレイについてはその魅力がよくわからないが、小人プロレスに関しては、本人たちが熱心にやっているのに周囲が「見世物」「障碍者への差別」と善意の押し付けをして結局本人たちの生きがいを奪ってしまったのかと思うと、差別ってなんだろうな、と思わざるを得ない。
読了日:7月4日 著者:

■ブラッドラッド (2) (角川コミックス・エース 280-2)
読了日:7月2日 著者:小玉 有起

■ブラッドラッド (1) (角川コミックス・エース 280-1)
読了日:7月2日 著者:小玉 有起

■ショッキングPINK-SKY (4) (小学館文庫 (あA-34))
読了日:7月1日 著者:秋里 和国

■ヴァムピール特別編 KING AND BARON+(1) (アフタヌーンKC)
本編の続きを忘れかけている…。キングとバロン、「弟」がそれぞれいい感じ。こちらは一話完結の連作だから読みやすかった。実際の事件を下敷きにしているが、結構猟奇的な事件があったのですね。昔の方が行方不明者の捜索や大量殺人の関連付け、広域的なものなどの調査は難しかっただろうし、あと迷信や伝奇的なものへの恐れ、信仰など絡み合って色々な犯罪と冤罪があったことが推測できる。現在は現在で情報網の発達が新しい犯罪を生み出していると思うけれど、情報の不足、無知、偏見がある時代はそれはそれで恐ろしい…。
読了日:7月1日 著者:樹 なつみ

■神様はじめました 第4巻 (花とゆめCOMICS)
読了日:7月1日 著者:鈴木 ジュリエッタ
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<久しぶりすぎて | Top | 2013.6月の読了本>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://caviar.blog8.fc2.com/tb.php/704-bbf7af8e
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。