Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


2012.3月の読了本 ++++++++

2012/04/14 01:03

2012年3月の読書メーター
読んだ本の数:65冊
読んだページ数:13029ページ

3月に読んだので印象に残っているのは、松井今朝子さんのかな。
小説も面白いし、エッセイも素敵だ。
料理、馬、映画や舞台、時事問題など興味の幅が広がるし、ためになります。
いろいろ日本の伝統文芸にも親しみたいし、舞台も見てみたいなと思わされる。
精力的に動き回っておられるので、日々だらだらとルーチンワークに追われている自分を反省。
今見たいのは『魔笛』だよ!行けそうなところで公演がありそうなので見に行こうかな。

漫画だとジョジョはやっぱり面白いな~。
えげつなさと独特の美学あふれる人物たちが魅力的。
というかツェペリとジョジョ(この場合『スティールボールラン』の)が
常に触れ合っていたりするところに着目してしまい、
キミタチ、イチャイチャしすぎだろ!と思います…。
■怪物王女(17) (シリウスKC)
読了日:03月31日 著者:光永 康則

■奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)
太宰が好きだ、そう思ってはいても、人に「太宰が好き」と言うと、自意識過剰の人間・甘ちゃんだと思われるのではあるまいかと気恥ずかしさを感じさせる作家、それが太宰ではないかと思います。けれど、やっぱり好きだ。この甘やかさ、羞恥、自意識、虚勢、気の弱さなど、どこかで騙されているのではないかと思いながらもぐいぐい惹きこまれていく語り口の求心力は、やはり凄まじい。(ところで、太宰と漱石は、読んでいるとその後自分が書く文体もそれっぽくなっていくように感じる。その影響力も凄い。)「貨幣」と「親友交歓」が好きだ。
読了日:03月31日 著者:太宰 治

■東京喰種トーキョーグール 1 (ヤングジャンプコミックス)
ノリとしては『寄生獣』にやや近いか?しかし主人公が置かれた状況はさらに過酷。人肉を食べなければ満たされない飢えかあ……
読了日:03月30日 著者:石田 スイ

■瞬きのソーニャ 1 (ヤングジャンプコミックスGJ)
読了日:03月29日 著者:弓月 光

■ベルセルク (7) (Jets comics (542))
読了日:03月29日 著者:三浦 建太郎

■ベルセルク (6) (Jets comics (523))
読了日:03月29日 著者:三浦 建太郎

■ぴんとこな 6 (フラワーコミックス)
読了日:03月28日 著者:嶋木 あこ

■弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:03月28日 著者:渡辺 航

■あひるの空(34) (講談社コミックス)
読了日:03月28日 著者:日向 武史

■バーテンダー 21 (ジャンプコミックスデラックス)
読了日:03月28日 著者:長友 健篩

■PIL (オフィスユーコミックス)
読了日:03月27日 著者:ヤマザキ マリ

■STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)
読了日:03月27日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.15―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (15)
読了日:03月27日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.14―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (14) (ジャンプコミックス)
読了日:03月27日 著者:荒木 飛呂彦

■BLOODY MONDAY ラストシーズン(3) (講談社コミックス)
読了日:03月27日 著者:恵 広史

■キングダム 25 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:03月26日 著者:原 泰久

■ベルセルク (4) (Jets comics (465))
読了日:03月23日 著者:三浦 建太郎

■ベルセルク (3) (Jets comics (456))
読了日:03月23日 著者:三浦 建太郎

■STEEL BALL RUN vol.13―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (13) (ジャンプコミックス)
読了日:03月22日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.12―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (12) (ジャンプコミックス)
読了日:03月22日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.11―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (11) (ジャンプコミックス)
読了日:03月22日 著者:荒木 飛呂彦

■ぴんとこな 5 (フラワーコミックス)
読了日:03月22日 著者:嶋木 あこ

■新参者
ん、こういう、一つの事件を視点を変えて眺めていく作品はほかにどんなのがあったかな、『長い長い殺人』とか『珍妃の井戸』といったものがまあ近いだろうか…?などと思いながら読みましたが、だんだん明らかになる被害者像が哀れ。ほんとうにいい人みたいやったのに。離婚後、若いころ志望していた仕事のとっかかりを掴み、少しうまくいかない予兆の中でもどうにか暮らしていこうと、ささやかな希望に胸を膨らませていたのにな…。息子が泣いた時点で私も泣いた。
読了日:03月22日 著者:東野 圭吾

■君に届け 15 (マーガレットコミックス)
読了日:03月20日 著者:椎名 軽穂

■メモリー・ラボへようこそ
読了日:03月20日 著者:梶尾 真治

■忘れえぬ猫たちの物語―愛猫家が綴りあなたに贈る珠玉のエピワード集
寄稿集でしょうか?文を書くのに慣れていない人たちの作文集といった体で、主語や代名詞が混乱していて誰のことを話題にしているのか?と内容が掴めないものや、話が飛んでいてわかりにくいものもあり。誤字も多く、校正しとんのか!内容としては、よいものもありましたが、中には、途中で飼えなくなり山に捨てた、引っ越す際に置いていった、愛猫が車にひかれた……など、猫好きにはブルーになる話も多数。最終章が「サヨナラ」というのも、後味が悪い構成に思える。厳しいことを言うようですが、読書好き、猫好きにはお奨めできない一冊……
読了日:03月18日 著者:

■泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ
26歳になれば奨励会退会、プロへの道は閉ざされるという棋界の規定にもの申した35歳サラリーマン。4年間三段の場で戦ってそれでも四段(プロ)に上がれず、一度は諦めた末での申し立てだったので、やはりさぞかし風当たりも強かったと思う。しかし自分のためだけでなく、後進のため、棋界の発展と活性化のためにと努めた姿勢が偉い。小学校時代の恩師、小学校からのライバル、兄弟子小野さんとのエピソードが特に印象的。両親もすばらしい。子どもをほめて、子どものいいところを伸ばす手助けができる先生が特に素敵だな~。
読了日:03月17日 著者:瀬川 晶司

■ベルセルク (2) (Jets comics (437))
読了日:03月14日 著者:三浦 建太郎

■ベルセルク (1) (Jets comics (431))
読了日:03月14日 著者:三浦 建太郎

■ぬらりひょんの孫 20 (ジャンプコミックス)
読了日:03月14日 著者:椎橋 寛

■彼岸島 最後の47日間(5) (ヤンマガKCスペシャル)
明がとことん丈夫だ。左腕が…とか、肋骨が何本かいかれたぜ…とか言いながら斧神様とのあの戦いぶり…。話が進まないので暫く読まないでいたら、3巻読み損ねている
読了日:03月13日 著者:松本 光司

■彼岸島 最後の47日間(4) (ヤングマガジンコミックス)
赤子がとても気持ち悪い。病み上がりなのにうなされそう…
読了日:03月13日 著者:松本 光司

■ねこと「しあわせ上手」に暮らす本 (講談社SOPHIA BOOKS)
読了日:03月13日 著者:石田 卓夫

■そろそろ旅に (講談社文庫)
小田切様に仕えているときや浄瑠璃の本に参加するようになった大阪時代はまだ面白かったのだが、江戸に出てきた後、絵双子や戯作を書いているとは説明されても内面に踏み込んだ話があまりなく、膝栗毛など旅本に行きついた後は本当にさわりしかなかったのがとても残念。近松門左衛門、山東京伝、滝沢馬琴、式亭三馬などとの年齢差や人物関係などはだいたい把握できたので、その点はわかりやすくてよかった。他の周囲の人物も面白い。蔦屋は今の蔦屋とは関係があるのか調べたら「現代の『蔦屋』になる」との意志での社名とのこと。はー、なるほど…
読了日:03月13日 著者:松井 今朝子

■トリコ 18 (ジャンプコミックス)
読了日:03月12日 著者:島袋 光年

■自転車冒険記---12歳の助走
前作「少年記」とタイトルが似ているので見落としそうになったよ。というか「少年記」も同タイトル副題付きで、内容が微妙に違うものがあるので紛らわしいよー。現代っ子北斗がブログやツイッターを通して行程を記録していくさまは、ああ、時代は変わったな~と思いました。
読了日:03月11日 著者:竹内 真

■TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集)
読了日:03月10日 著者:加藤 和恵

■蜜談~恋人時間 (白泉社レディースコミックス)
読了日:03月10日 著者:水谷 京子

■ライアー×ライアー (1)(デザートKC)
読了日:03月10日 著者:金田一 蓮十郎

■めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)
読了日:03月10日 著者:暁月 あきら

■へうげもの(14) (モーニング KC)
読了日:03月09日 著者:山田 芳裕

■ヴィンランド・サガ(11) (アフタヌーンKC)
急展開後の最初の方は、トルフィンがまた戦場で立ち回る姿が見たいなあと思っていたが、今はただただトルフィンの行く末を見守りたいという気持ちになった。「世の中から……戦争と奴隷を失くすことはできないもんかな…」と言うようになった彼に、ああ、本当にそうだよなと成長を感じた。ただの戦記ではなく、さまざまな視点から描いていくこの話深いなあ。そしてクヌートの行く末も気になる。
読了日:03月09日 著者:幸村 誠

■GIANT KILLING(22) (モーニング KC)
読了日:03月08日 著者:ツジトモ

■STEEL BALL RUN vol.10―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (10) (ジャンプコミックス)
読了日:03月08日 著者:荒木 飛呂彦

■GANTZ 33 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:03月08日 著者:奥 浩哉

■今朝子の晩ごはん―嵐の直木賞篇 (ポプラ文庫)
読了日:03月08日 著者:松井 今朝子

■星と輝き花と咲き (100周年書き下ろし)
義母のお勝、五厘の近久、ご贔屓衆、同じ女義太夫たちなど、綾之助の周囲の人たちも熱い。釣り好きと漁師には天と地ほどの開きがある、その道で身を立てるつもりなら油断をすれば板から海に転がり落ちることも覚悟し、地獄の上に立つ気持ちで臨めというお勝の言葉が心に強く響いた。
読了日:03月04日 著者:松井 今朝子

■シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
読了日:03月03日 著者:伊藤 悠

■STEEL BALL RUN vol.9―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (9) (ジャンプコミックス)
読了日:03月03日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.8―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (8) (ジャンプコミックス)
読了日:03月03日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN vol.7―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (7) (ジャンプコミックス)
読了日:03月03日 著者:荒木 飛呂彦

■ぴんとこな 4 (フラワーコミックス)
読了日:03月03日 著者:嶋木 あこ

■ぴんとこな 3 (フラワーコミックス)
読了日:03月03日 著者:嶋木 あこ

■夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)
読了日:03月03日 著者:緑川ゆき

■駅弁ひとり旅 4 (アクションコミックス)
読了日:03月03日 著者:櫻井 寛

■駅弁ひとり旅 3 (アクションコミックス)
読了日:03月03日 著者:櫻井 寛

■アカメが斬る!(4) (ガンガンコミックスJOKER)
エスデスにキュンときた自分。完全に作者の罠にはまった感じだ…
読了日:03月03日 著者:タカヒロ,田代 哲也

■深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:03月03日 著者:安倍 夜郎

■PEACE MAKER 3 (ヤングジャンプコミックス)
ミクシーさんナイス!
読了日:03月02日 著者:皆川 亮二

■オトメン(乙男) 14 (花とゆめCOMICS)
読了日:03月02日 著者:菅野文

■おれのものになりなさい〜女執事の恋〜 4 (白泉社レディースコミックス)
読了日:03月02日 著者:水谷京子

■のりりん(4) (イブニングKC)
今自転車を買おうかどうか迷っていたのですが、うーん15万か~。
読了日:03月01日 著者:鬼頭 莫宏

■ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)
読了日:03月01日 著者:ヤマシタ トモコ

■高校球児 ザワさん 8 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
冒頭でザワさん結婚のときを想像する玄ちゃんにしんみりしていたら、巻末は雑誌でも読んでいて衝撃を受けたこの話か!絶対途中でザワさんが止める展開になると思っていたのか、はたまた盛り上がってしまったのかハセさんよ!花村君が見たザワさんのモタモタぶり、意外にすっとろいという行動もこれの前振りか!?と思ってしまう。真ん中あたりは花村いい奴!とかお兄ちゃんはドーテーやと思っていたのに……とか男マネの話だとか、部員の色々な面を楽しめました。
読了日:03月01日 著者:三島 衛里子

■視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)
読了日:03月01日 著者:伊藤三巳華



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<2012.4月の読了本 | Top | 静留さん宅へ行ってまいりました。>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://caviar.blog8.fc2.com/tb.php/687-b5c75be6
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。