Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


2012.2月の読了本 ++++++++

2012/03/07 23:48

2012年2月の読書メーター
読んだ本の数:90冊
読んだページ数:12275ページ

印象に残ったのはやはり『猫鳴り』。
涙々……。

漫画だと、『憂国のラスプーチン』『ナナとカオル』『ぴんとこな』かな。
『憂国のラスプーチン』は、ものの見方でがらりと世界が変わる感覚が味わえます。
『ナナとカオル』エロいのに切ないなー。
『ぴんとこな』は、昔よく昼にあっていたメロドラマの雰囲気を思い出すなあ。
■エリアの騎士(29) (講談社コミックス)
読了日:02月29日 著者:月山 可也

■ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:02月29日 著者:羅川 真里茂

■十二歳 (講談社文庫)
ある程度まではできるようになるが、才能ある人とは決定的に違う何かが確かに存在して、行き詰まりや虚しさを感じるという感覚、辛いけれどわかります……。子どもの頃は、努力すれば自分のなりたいものになれると思っていたけれど、小学校、中学校、高校と年を経るうちに自信がなくなってきて、自分の凡庸さに打ちのめされて。しかし、「さえはいい子だから何だってなれる」という無償の愛情から来る褒め言葉、今までの人生でいつが楽しかったかの問いに答えた祖母の言葉が、それでも少女の今後のバックボーンとなっていくのだろうな。
読了日:02月28日 著者:椰月 美智子

■ビロウな話で恐縮です日記
三島由紀夫が日記に「尾籠な話で恐縮だが」と書いていた話から始まる雑記。三島は自分の生存中あるいは死後、その日記が確実に活字化され、誰かに読まれることを意識して書いていたわけでしょうが、現在はネットで無名人の日記も読めてしまい、時代は変わったなあと実感。しかし三浦しをんさんの書いたものほど愉快な日記はやはりあまりない。「好きだー」と叫んでとびかかってみたい(笑)!夢日記は書き方が『夢十夜』を模したものになっていて、その叙述も内容も素敵だ。
読了日:02月26日 著者:三浦 しをん

■怪談実話コンテスト傑作選2 人影 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
あまりおもしろくなかった。河童の話は興味深かった。
読了日:02月26日 著者:加門七海、東雅夫、平山夢明、福澤徹三/編

■愛しのローカルごはん旅 もう一杯!
読了日:02月26日 著者:たかぎ なおこ

■魁!!クロマティ高校(9) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3344巻))
読了日:02月25日 著者:野中 英次

■駅弁ひとり旅 2 (アクションコミックス)
読了日:02月24日 著者:櫻井 寛

■駅弁ひとり旅 1 (アクションコミックス)
読了日:02月24日 著者:櫻井 寛

■魁!!クロマティ高校(8) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3310巻))
読了日:02月24日 著者:野中 英次

■魁!!クロマティ高校(7) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3287巻))
読了日:02月24日 著者:野中 英次

■魁!!クロマティ高校(6) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3204巻))
読了日:02月24日 著者:野中 英次

■ぴんとこな 2 (Cheeseフラワーコミックス)
一門の娘と結婚して婿養子になるのがいい役につける近道とさらりと書かれている気がしたが、やはり外の人間が歌舞伎界に入るのってかなり大変なものなのかな……と戦慄。名門の子が技術を磨いていればいいけど、その座に胡坐をかいていたら一気に舞台の質が落ちていきそう。その点では三浦しをんさんの『仏果を得ず』で読んだ浄瑠璃界の方が、伝統を残すため熱心な後進を育てるための裾野を広くしている気がするな~。
読了日:02月24日 著者:嶋木 あこ

■ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)
読了日:02月24日 著者:嶋木 あこ

■STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 6 (ジャンプ・コミックス)
読了日:02月23日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 5 (ジャンプ・コミックス)
読了日:02月23日 著者:荒木 飛呂彦

■STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 4 (ジャンプ・コミックス)
読了日:02月23日 著者:荒木 飛呂彦

■キジトラ猫の小梅さん 1巻 (ねこぱんちコミックス)
読了日:02月23日 著者:ほしの なつみ

■PEACE MAKER 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:02月22日 著者:皆川 亮二

■赤い糸の呻き
「お弁当ぐるぐる」の音無さんと則竹さんは可愛いなあ。テディベア大好き美青年キャリアと肉食女子。則竹さんには是非とも音無さんに突撃していってほしいところですが。また別の作品でも出てこないかな。「カモはネギと鍋のなか」は別に同性カップルの話でなくてもよかったんではないかな?と思いましたが、可愛らしくてニヤニヤいたしました。「赤い糸の呻き」は冒頭から何となく、この義妹、もしかして…と思っていた予想が当たりました。うーん、いいねえ。秋里和国の「10回目の十戒」を思い出しちゃったよ。
読了日:02月22日 著者:西澤 保彦

■のりりん(3) (イブニングKC)
読了日:02月21日 著者:鬼頭 莫宏

■数寄です! 2 (愛蔵版コミックス)
読了日:02月20日 著者:山下 和美

■西原理恵子の人生画力対決 4 (コミックス単行本)
読了日:02月20日 著者:西原 理恵子

■猫鳴り (双葉文庫)
読み応えある本と評判は聞いていても少し躊躇していた作品。1~3部では誰の視点かや時間軸などに変化があるが、第3部が身に沁みた。ソファーで読んでいたら家の猫がもたれてきて、内容を追うごとにその猫の温みも相まって最後は涙が出た。しかし、読んでよかったと思う。モンが生き抜いた姿は立派だった。籠の中で揺らされてうれしそうな表情をするところとか、「別に揺らされるのが楽しいんじゃないから!」といったツンデレぶり、獲物を見つけて爪先立ち毛を膨らませるさまを「落下傘」と表現するところとか、猫の描写がリアルかつユーモラス。
読了日:02月19日 著者:沼田 まほかる

■ナナとカオル Black Label 1 (ジェッツコミックス)
読了日:02月19日 著者:甘詰 留太

■ナナとカオル 7
読了日:02月19日 著者:甘詰留太

■ナナとカオル 6 (ジェッツコミックス)
読了日:02月19日 著者:甘詰 留太

■ナナとカオル 5 (ジェッツコミックス)
読了日:02月19日 著者:甘詰 留太

■おれのものになりなさい~女執事の恋 3 (白泉社レディースコミックス)
読了日:02月19日 著者:水谷 京子

■本棚の神様 (クイーンズコミックス)
漫画や本を引き合いに出す作風としては、『金魚屋古書店』『うごかし屋』『本屋の森のあかり』などがありますが、その系列としては、本作品は有名作ばかりがとりあげられているので、ああ、こう展開するかな…と先が読めてしまったところは少し残念。しかし内容はじんわりよかった。
読了日:02月18日 著者:深沢 かすみ

■ウツボラ(1) (F×COMICS)
読了日:02月18日 著者:中村 明日美子

■地球恋愛(1) (KCデラックス)
読了日:02月17日 著者:ヤマザキ マリ

■ちなつ七変化 ~今日からヒットマン外伝~ 1巻 (ニチブンコミックス)
読了日:02月17日 著者:むとう ひろし

■バクマン。 16 (ジャンプコミックス)
読了日:02月17日 著者:小畑 健

■ばらかもん(5) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:02月17日 著者:ヨシノ サツキ

■GUNSLINGER GIRL(14) (DC) (電撃コミックス)
読了日:02月17日 著者:相田 裕

■白いへび眠る島
書き下ろしがちょっぴりで残念…
読了日:02月16日 著者:三浦 しをん

■STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 3 (ジャンプ・コミックス)
読了日:02月16日 著者:荒木 飛呂彦

■スティール・ボール・ラン (2) ジャンプコミックス
読了日:02月16日 著者:荒木 飛呂彦

■スティール・ボール・ラン (1) ジャンプコミックス
出てくるのはジョジョの血縁たちなんでしょうか?なんだかオールスターみたいな顔ぶれですね。
読了日:02月16日 著者:荒木 飛呂彦

■はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)
読了日:02月16日 著者:えすとえむ

■ナナとカオル 4 (ジェッツコミックス)
読了日:02月16日 著者:甘詰 留太

■蛇蝎 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:02月15日 著者:秋里 和国

■PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:02月14日 著者:皆川 亮二

■℃りけい。 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
読了日:02月13日 著者:

■おれのものになりなさい~女執事の恋 2 (白泉社レディースコミックス)
読了日:02月13日 著者:水谷 京子

■今日からヒットマン 22巻 (ニチブンコミックス)
本編のスパンが長くなってきたので、コミックで話を追うのが大変になってきた。今巻もちなつと美沙子さんに萌えた。美沙子さん年上ですが、色っぽく、そして可愛いらしいのでちなつが夢中になるのもわかるな…ちなつが隣に引っ越してきて以来展開が楽しみ。
読了日:02月12日 著者:むとう ひろし

■げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)
女子部員が多いから雰囲気が変わってきたなあと思いつつ、これはこれで面白い。原稿やりながらのコスプレと衣装とっかえにちょっと噴いた。斑目さんはやっぱり総受け認定されとった…
読了日:02月12日 著者:木尾 士目

■お嫁にいけない! 5 (花とゆめCOMICS)
読了日:02月12日 著者:藤原規代

■ナナとカオル 3 (ジェッツコミックス)
読了日:02月12日 著者:甘詰 留太

■ナナとカオル 2 (ジェッツコミックス)
読了日:02月12日 著者:甘詰 留太

■ナナとカオル 1 (ジェッツコミックス)
ソフトSM。そこまでひどい感じがしないのはカオルがナナを好きで、どうするかはナナの気持ちに委ねているからかな。こういうプレイをしておいて現状ではカオルの片思いなのがまたちょっと胸キュンですな。
読了日:02月12日 著者:甘詰 留太

■田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円
読了日:02月11日 著者:グレゴリ青山

■スパイクス ランナー
前作をぼんやりとしか覚えていなかったので、最初のとっつきが悪かった。長距離の天才ランナー貢の登場で今後の展開が楽しみ。
読了日:02月11日 著者:あさのあつこ

■蛇蝎─DAKATSU─ 1 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:02月11日 著者:秋里 和国

■男子高校生の日常 2 (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:02月11日 著者:山内 泰延
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757529058

■戦国八咫烏 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:02月11日 著者:小林 裕和

■クラック・ハウンド 3 (ジェッツコミックス)
克美ちゃんは女の子かと思っていたよ…。
読了日:02月11日 著者:榊 一郎,前川 かずお

■クラック・ハウンド 2 (ジェッツコミックス)
読了日:02月11日 著者:榊 一郎,前川 かずお

■クラック・ハウンド 1 (ジェッツコミックス)
読了日:02月11日 著者:榊 一郎,前川 かずお

■ギャルソンカフェで会いましょう(1) MiChao!KC (KCデラックス)
読了日:02月10日 著者:のも まりの

■ショッキングPINK-SKY (2) (小学館文庫 (あA-32))
読了日:02月10日 著者:秋里 和国

■ジョジョリオン 1 (ジャンプコミックス)
読了日:02月10日 著者:荒木 飛呂彦

■恋語り 乱世篇 下 (アクションコミックスBoys Loveシリーズ)
家族が借りてきたのを読んでみました。なんだか見事に男しかいない、そしてみんな男色…これでは家が滅んでしまいますよ世継ぎがおりませんやん!と妙なところで焦ってしまった自分…
読了日:02月07日 著者:神崎 貴至

■恋語り 乱世篇 上 (アクションコミックスBoys Loveシリーズ)
読了日:02月07日 著者:神崎 貴至

■ショッキングPINK-SKY (1) (小学館文庫 (あA-31))
読了日:02月07日 著者:秋里 和国

■おれのものになりなさい~女執事の恋 1 (白泉社レディースコミックス)
読了日:02月07日 著者:水谷 京子

■飲めば都
同じくミステリ作家が書いた、おいしそうなお酒と料理をテーマとした作として思い浮かんだのは『Rのつく月には気をつけよう』でした。北村さんのはミステリではないですが、とても面白かった!都さんのお酒での失敗談が主かと思いましたが、周りの人々とのやりとりが楽しくていい。「まゆげ猫の版画」はこの表紙でも使われているものがモデルでしょうが、そうそう、この版画可愛くて好きなんだよ!と読んでいる最中も見直してしまいました。「円紫師匠と私」シリーズの「私」も都さんと同じく出版社勤務ですが、このシリーズも早く続きが見たい。
読了日:02月05日 著者:北村 薫

■HELLSING 10 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月05日 著者:平野 耕太

■HELLSING 9 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月05日 著者:平野 耕太

■HELLSING 8 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月05日 著者:平野 耕太

■HELLSING 7 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月05日 著者:平野 耕太

■HELLSING 6 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月05日 著者:平野 耕太

■秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)
読了日:02月05日 著者:清水玲子

■とめはねっ! 鈴里高校書道部 9 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:02月05日 著者:河合 克敏

■HELLSING 5 (ヤングキングコミックス)
読了日:02月04日 著者:平野 耕太

■ネコ様の言うなり(2) (モーニングワイドコミックス)
読了日:02月04日 著者:野中 のばら

■アカメが斬る! (3) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:02月04日 著者:タカヒロ

■アカメが斬る!(2) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:02月04日 著者:タカヒロ

■殺し屋さん4(アクションコミックス)
読了日:02月04日 著者:タマちく.

■殺し屋さん (3) (アクションコミックス)
読了日:02月04日 著者:タマちく.

■殺し屋さん 2 (アクションコミックス)
読了日:02月04日 著者:タマちく.

■酒のほそ道レシピ 四季の味冬編 改訂版 (ニチブンコミックス)
読了日:02月04日 著者:ラズウェル細木

■℃りけい。 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
何をしているのかはわからないがとにかく、理系の人たちが機械をいじったりジャンク漁りをしたり自作パソコンのパーツに萌えたりするのは、読書好きが本を読んだり本屋や古本屋でワクワクしたりするのと一緒なんだろうなあという情熱を感じた。理系という枠でくくられていても、各人興味が特化しているのもまた同じかな。みんなそれぞれ夢中なさまがかわいい。
読了日:02月04日 著者:

■ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)
続いているのかな?宇宙兄弟が忙しいのでストップしているのでしょうか
読了日:02月04日 著者:小山 宙哉

■憂国のラスプーチン 3 (ビッグ コミックス)
読んでいるとどんどん鈴木さんが良い人に思えてくる…。マスコミ報道の偏りと検察の「初めに粗筋ありき」というやり方は、確かにこれまでもほかの事件でもありましたんで怖い。語る側の意識によってものの見方が変わる恐ろしさを噛みしめながら読んでいきたいと思います。しかし官僚世界の激務、嫉妬、汚さはもう、弱い人間は生きていけない世界ですね。志のある人って少ないんだな……
読了日:02月03日 著者:長崎 尚志

■憂国のラスプーチン 2 (ビッグ コミックス)
読了日:02月03日 著者:佐藤 優,伊藤 潤二,長崎 尚志

■憂国のラスプーチン 1 (ビッグ コミックス)
読了日:02月03日 著者:佐藤 優,伊藤 潤二,長崎 尚志

■ヒゲの妊婦(43) (ワイドKC)
読了日:02月03日 著者:ひうら さとる

■MO’SOME STING (ゼロコミックス)
読了日:02月03日 著者:ヤマシタ トモコ

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<静留さん宅へ行ってまいりました。 | Top | ヤッターマン>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://caviar.blog8.fc2.com/tb.php/683-d46a0868
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。