Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


むいむいの呪い ++++++++ 日常

2010/03/09 00:37

 昨夜、森見登美彦の『きつねのはなし』を読みつつゾクゾクしていると、こぶすが寄ってきて、人の頭のちょっと上の方をジーッと見るのです。
 おいおいやめてよ、こぶすちゃん!今不気味なのを読んでいるのに!とビビっていたところ、どうも頭上の電灯の回りを飛ぶアブか蜂らしきものを目で追っていたようで。紙を丸めたもので叩こうとしたのですが、天井近くまで行ってしまい、届きませんでした。

 その日は無視して寝ることにし、翌朝の今日。窓を開けようとしていたら虫が窓際まで来たらしく、こぶすは
「むいむいよーッ」と大興奮。ウニャニャ言っているのを、「こぶす、蜂だったら危ないから!」と追いやりつつ、そこらの包装紙で仕留めました。しかし私が刺されたのか、掌が痛痒い感じです。刺された覚えはないのになあ。無益な殺生をした報いか……

 そういえば殺生といえば、『大奥』の犬公方様と吉保は、かなり萌える結末でしたなあとか思い出してみる。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<これが好きなパターンかと気づく | Top | 行間の読みすぎ>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://caviar.blog8.fc2.com/tb.php/602-81ea29c2
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。