Top | RSS | Admin

2010.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.09


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


夏の思ひ出 ++++++++ 非日常

2010/08/29 00:50

 8月ももう終わろうとしているのに、この暑さはいつまで続くのでしょうか。

 何だか暑さでボーっとなっているうちに時間ばかりが過ぎていきますが、夏混みでお会いできた皆様、お世話になりました。忙しいときについ付いて行ってしまい、お邪魔致しました(平伏)。なんでしょうねー、普段はそういうことをするタイプじゃないのですが、人恋しくなったといいましょうか?
 もともと電話やメールなどが苦手なもので及び腰になり、事前連絡をあきらめているのですが、いつも突然ふらりと現れて驚かせてしまい、申し訳ございません。
 ロマンと情熱あふれる話、楽しかったです。それが形になる日を楽しみにしております。

 夏の思ひ出は。
・以前と印象が違って見えた鴨さんに、(この人は鴨さんでいいのだろうか?)と挙動不審でいたところ、声を掛けてもらい助かったのですが、更に言動が怪しくなる。家鴨さん、鴨さん、何とお呼びするべき?とパニクって結局出たのは「鳥さん」。それは会社の元同僚のあだ名じゃないか…。
・こっそりと着目していたジャンルにおいて。
 ○ー○の「ボクの犬」発言を受けて、○ッ○ー×○ー○を期待していたのに、「このCP無かったし、何だか○ー○攻めみたいなのが多かったんだよ!」と帰って家人に焦って報告する胡乱ぶり。しかしつい、○ー○×○ッ○○ーや色々買ってみました。
・アンケート
 会場内で行われていたアンケートに答えたのですが、そうかこれに行きだしてもうすぐXX年が経つのか……と遠い目になってしまう。
 
だめだ、1日目からもう記憶が…。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ほむらさん ++++++++

2010/08/27 00:36

今、穂村弘さんにはまり、数冊まとめて読んでいるところです。

穂村さん、読んでいるところどころでは未婚だったのに、いつの間にか素敵な奥様が!

友人の結婚パーティーに招待され、道々「おめでとう、お幸せに」という台詞を練習して行きながら、パーティー会場で幸せそうな新郎を目の前にしての第一声が「いいなー」だったという穂村さん。
その後、練習した台詞も無事言えたそうですが、まずは自分の身を思い、新郎を羨ましがる穂村さんと同じように、私も、穂村さんいいなーと羨ましく思ってしまいましたよ!

古本屋で本棚を指差し合い、「自分の好みの本がある」と喜び合えるハニーがいるって羨ましいではないですか!
ん?一般的にはどうなのかと思いますが、本屋をウロウロするのが好きな私にとっては、こういうところで気が合う人が居るって羨ましいですなあ。
ていうか以前本屋のレジで、私の次に並んでいた人がカウンターにドサッと10冊くらい本を置いて、ソレがまた私好みのラインナップだったわけで。(うわっ、この人と結婚してぇ!(←オイオイ))と思って思わず顔を見たら、ウチの家人だったというエピソードを思い出しました。結婚って! 何重もの意味で無理(笑)!
 世のカップルには二つのパターンがあり、一つは似ている二人であり、もう一つは似てない二人という考察。私は似ている二人派だなあ。趣味が合わん人と話ができる器を持ち合わせていないからです。というか誰と話してても「あ」とか「え、う」という受け答えじゃないか! しかし、「似ている二人は苦手なものも似ている」というの、よく分かります。あと、一度合わないところを見つけると、だんだん相性が悪くなっていくような気が。相手とどんどん同一化しちゃうのは問題だと思いますが、やはり趣味は近い人のほうがシンパシーを感じますな。

有川浩の『阪急電車』なども、本好きにはたまらんシチュエーションですなぁ。漢字の読めない彼氏もいい。

話を戻して、えーと、穂村さんの奥様。
最初は、図書館の司書さん?と思っていましたが、『現実問題』を読んでいて、次第に分からなくなってきました。というか穂村さんの女性遍歴まで、穂村さんに煙に巻かれてる?とだんだん分からなくなってきました。

そして色々と共感する部分があった穂村さんですが、「自分は姉や兄の立場にある人物(下に弟妹がいる人)に何だか頼っている」という文に、ああ!とまたも衝撃を受けてしまいました。私も姉や兄の立場の人に、なんだかんだと世話を焼かれている……情けない、恥ずかしい……orz

エッセイと対談から入った穂村さんですが、この後は短歌を読んでみたいと思います。穂村さんは歌人ですが、エッセイの愉快さについエッセイばかり読んでしまったー。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


お約束ですよ。 ++++++++ 日常

2010/08/19 00:34

 夏混み参加後、帰宅して倒れた私です。

 帰ってから暫くは、筋肉痛で全身が痛いよーと言っていたのですが、徐々に気づく。これって関節痛じゃないの? 今震えているこれって冷房の冷たさじゃないね? 体がブルブルしだし、「寒いー!」と号泣の勢いに。
 こんな、夜になっても30度超えの熱帯夜に、長袖長ズボンで毛布にくるまって震えているなんて、ありえない!
 自分でもアホか!と思いました。

 ようやく復調して来ましたが、未だに頭痛がします。これが寄る年波には勝てないというヤツなんですな。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


お盆事情 ++++++++ 日常

2010/08/11 00:33

「ここ数年、あいつば見らんばってん、どげんしちょっとやろか」
「こっちにゃ来とらんごたっけん、地獄に落ちたっちゃろか」
などと、お盆に戻ってきたご先祖様に囁かれているのではないかと思う今日この頃。

ああ……迎えにも送りにも行かず済みません。
来年はおそらく参加します?。
まあ日程的にも体力的にも、上京するのは今度が最後かもとは思っているのですが。

最後ならいろいろやっておくべきことがあるじゃろ?と思ったのですが、スロースタータ?ゆえ後手後手に回り、いろいろとあきらめました……orz

仕事は明日でめどをつけたいものです。
うぅん、ぼやきになるので最近つけなかった(というかつける余裕がなかった)のですが、また暗い話に。

最近の明るい話題……
久々にボウリングで少し上向いた記録を出しました(これが明るい話題か!本当に話の引き出しが少ないのう)。138点。客観的に見たらよい数字ではないですが、最近成績悪かったのでこれでも良いほうです。以前5ゲーム分ボールをブンブン振り回して投げたらテニス肘になって痛かったので、今度は控えめに投げました。もう体力も落ちているので、これからは技術に力を入れたいと思います。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


3個進んで2個下がる ++++++++ 日常

2010/08/04 00:23

 現在職場の人員が減り、やはりこちらに仕事が回ってきましたよ。
1日1個、3日で3個、3個作って2個保留?
てなもんです。実際は1日1個もできていないわけですが、しわ寄せ分も喰らってなかなか作業が進みませぬ。

 夏混みに行くんだよ?!ということを心の支えにがんばっていますが、カタログも見ていません。ああ。速くチェックせねば。
 そしてその他で時間があったらどこ行こうかな?とオルセー美術館展か、ジブリの美術館か……と考えましたがどちらも多そう。そして場所がよく分からない。またジブリの場合、確か予約が必要なんで確実に行けるところがいいのか? そういえば鎌倉や神保町行ったことないんだよとも思いましたが、鎌倉ってどの電車に乗ったら行けるのか?ということや、この炎天下で道に迷うことを考えるととても行けませぬ。地理が分からないのでやはりガイド本が必要ですな。帝都、狭い範囲でしか動かないので、少し何かしてみようと思うとてんで分かりません。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


7月の読了本 ++++++++

2010/08/03 22:35

読書メーターの記録より。

7月の読書メーター
読んだ本の数:82冊
読んだページ数:13561ページ

今読んでいて面白いのは『山おんな壁おんな』です。
高倉あつこ作品は、『ハゲしいな桜井くん』を学生時代読んでたな?と懐かしい。続編の『ハゲまして桜井くん』のプチトマトぶりもいい。
『山おんな?』は百貨手業界の話とは知っていたのですが、山とか壁って、仕事上の困難みたいな意味でつけられているのかと思ったら違いました。しかし、ああこれは……私も自分のや猫の頭に被せました……とニヤニヤ笑いました。時折ある青柳→鞠谷的路線(穿ちすぎです)がいいな。カップリングを考えるとすると、鞠谷×青柳の方が好みですが。
BJで連載している『ホッとひと宿』は、おもしろいんだけど、NHKとかの30分連載ドラマとか狙っているような作品のよう……と穿った見方をしてしまいます。
後は細野不二彦。『電波の城』も大好きです。「毒クラゲ」天宮さんが垣間見せている毒女と聖女の間の揺らぎがたまりません。『さすがの猿飛』とかから考えると、昔からやっている人なのにこの人の作品変わらず面白いよな?。

『高校デビュー』は。ヨウがどんどん可憐に!お姫様に!晴菜はどんどん漢前に!と家人と笑ったことが印象に残っております……。
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。