Top | RSS | Admin

2010.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.06


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


フィーバー ++++++++ マリみて

2010/05/28 22:29

 なんだかよく分かりませんが、ただ今フィーバー中です。
 祥子さまご卒業以来、orz……とショボーンとなっていたのですが、祥祐熱が盛り上がってまいりました。

 といっても、自分では何らかの活動はしておりません(笑)。サイト様をめぐってフラフラしております。

 清子さまの妹御は、『め○ん一刻』の響子さんが惣一郎さんに猛アタックしたように、清子さまにアタックしたんじゃなかろうか……と私はずっと思っておりますが、何かこう、何かこう……色々スピンオフものが出ないものかのう。傘を忘れてきたんです、と言って惣一郎さんの傘に入れてもらいつつ、制服の後ろ姿からは傘の柄が覗いていて無理やり傘を隠しているのが他の人からは丸分かり……という響子さんのように、なりふり構わず、鈍い人に猛アタックをかます妹さんだったと想像しているんですが。

 ていうか祥祐妄想じゃないのかよ!
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


罪深い ++++++++

2010/05/15 21:59

 『アイスクリン強し』を読みました。

 頃は明治23年。親に死なれ、居留地で宣教師ら異国人の世話になりながら育ち、西洋菓子店風琴屋を無事軌道に乗せたい皆川真次郎さんと、維新によって武士という身分を失い、警官となった幼馴染・長瀬さん、その二人の幼馴染の女学生・沙羅さんらが出てくるのですが。
 真次郎さんは異国人からは、こちらのほうが呼びやすいということで「ミナ」と呼ばれていて、女みたいだから、日本人の友人たちからそう呼ばれるのはイヤ、しかし長瀬さんだけは真次郎さんが怒ってもどうしてもそう呼び続け、真次郎さんも仕方なく容認……。そして何だか二人はとても仲良さげなこの設定。なんですかこの設定は、こういう微妙な仲が好きな私を狙い撃ちしているんでしょうかな?

 しかしまあ、今週の萌えは、別の方々に持っていかれました。

『ナースあおい』は、途中から読み始めたので何だか人物関係がよくわかっておりませんが。
 あおいさんの同僚(先輩?上司?)・康穂さんとその友人のやりとりにちょっぴりときめいたり、シリアスな展開、本筋とは全く違うところにアァッ!となってしまい、本当に罪深い……
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


風邪頭痛なのかPC頭痛なのか…… ++++++++ 日常

2010/05/15 21:14

 連休も終わりました。
 もし死んだら後は頼む!とばかりに放置して逃げていた仕事に追われております。自業自得か……orz
 そして旅先は寒かったのに、帰国したら「暑!」となり、さらに日によっては寒くなったり……という天候の変化と仕事の遅延、疲れから風邪を引き、「関節が痛い、寒くてたまらん」と言う始末。年なのでもう無理は利かないのですなあ。ここ数日頭痛薬飲みっぱなしで何だか不安です。

 図を作ったり文章を作ったり、これって成り立ってる?グラフってどうなっているんだっけ……ともう訳が分からなくなっております。
 イヤアァア!
と叫びたい気分です。こんな作業苦手なのに無事完成するでしょうか。ていうかせんといかん。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


4月の読了本 ++++++++

2010/05/13 23:40

 読書メーターの記録より。
 昨年分は1年分まとめてつけましたが、今年は4月だけで100冊超えたので、こまめにつけることにしました。
『BECK』が効いたなー。面白かった。今スピリッツで連載しているシェークスピアの話も楽しみ!『BECK』を読みながら家人が「このレオタードの人誰?」と聞いた。……フレディ・マーキュリーだよ! 

2010年4月の読書メーター
読んだ本の数:107冊
読んだページ数:20659ページ
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


カリオストロ城のモデルだとかそんなことしか ++++++++ 非日常

2010/05/13 23:31

 連休中はフランスに行きました。
 フランスって、本っ当に平野なんだね?と思う景色が延々と続いておりました。
 いちめんのなのはな畑もまたステキでした。
 そしてヨーロッパ絵画の、あの重厚なモクモクした雲は誇張に違いない!と思っていましたが、本当でした。「ラピュタは本当にあったんだ!」と言いたいような、入道雲など目ではないデカイ雲を次々と見て、面白くて雲の写真を何枚も撮ってしまいましたよ。


メインはこちら。カリオストロ城のモデル、のだめと千秋さんも旅行に行かれた、こちらの修道院でございます。



近くに泊まり、夜の様子も見に近づいていきました。ていうか道が石ボコボコなんで、次行くときは懐中電灯を持っていこう(次いつ行けるのか……)

一応夜でも中の、お店がある通りなどまでは入っていけるようであります。けどあまり遅いと閉まるかな、やはり。

こちらはお昼の様子。

あとは別の日に、Katakombesにも行きました。「マニアックやなあ」と言われましたが、大変興味深かったです。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。