Top | RSS | Admin

2010.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.04


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


行き当たりばったんキュー ++++++++ 非日常

2010/03/30 00:56

 今回の旅行は、いつもよりさらに迷走していました。

・いざバラハクへ
 地下鉄から地上に出た途端に迷う。地図を取り出し、クルクル回しつつも分からず、ぼんやり途方に暮れていると散歩中らしきお爺さんが「どちらへ行かれるの?」と声を掛けてくれました。「ああ、それならこっちや。一緒についてきなはれ」みたいな感じで先導してくれ、無事場所が分かりました。お爺さん、ありがとうございます。迷っていた地点からものすごく近かった。情けない……orz

・マンガミュージアム内、マンガ盛りだくさん。
 一瞬、(ここで一日過ごしたい……)という誘惑に駆られたが、しかしそうすると、この京都行きは超お高いマンガ喫茶の旅(そして飲み物などは無い)になってしまう!と誘惑を振り切る。しかしそうは言ってもマンガミュージアム内バラハク一般参加企画(?)で、四コママンガなどを描いてつい遊んでしまった。

・町屋ぶらぶら
 京都の長細い造りの家を見に行きたいな?と常々思っていたところ、ガイド本を見ていると、バラハク会場と町屋として公開してあるところ、近いやん!と、早くも当初の予定から外れてくる。というかやはり、事前にガイド本を見る暇がなく、到着してから朝食をとりつつガイド本を眺めるという適当さが悪い!

・水琴くつ
 長野まゆみの『鳩の栖』は、内向的な転校生・操少年と、クラスの中心的存在で操少年をフォローする至剛少年との間の心トキメクやりとりが描かれた叙情的小品ですが、この中で水琴くつが出てきて、非常に興味を持っていたのですよ! 至剛君が「君の音色が一番美しいね」とか「君の水琴くつが聴きたい」とか、何だか切ないことを言うので。実際には、どんな音色なのかよく分からなかったな。やり方がまずいのか?

・南禅寺?哲学の道?銀閣寺
 さいきん森見作品と万城目作品を読んでいるのですが、すでにどちらが何を書かれたか分からなくなってきました。話の粗筋は覚えているのですが、ちょっとしたエピソードが、どちらのどの作品にあったかなどがですね……。「南禅寺の水路が云々……」という話があり、あの煉瓦のトンネルみたいなところか?と思いつつ、別にそういう場所があるのかと、またブラブラしてみるかと行ってみました。蹴上で降り、廃線になった線路の桜並木でもまた行くかな?と思っていましたが、先に行く老夫婦(?)が線路とは別の方へどんどん上がっていかれるのでついていってみる。なんか用水路に出て、そこを歩いている人も数名居たのでこちらの道をたどって南禅寺へ。緑が多いので、マイナスイオンが出ているハズ! バランスが悪く足元が覚束ない私は、いつ水路に落ちるかとドキドキしました。しかし結局、水路ってどこのことなんじゃろう……

 庭を見たあとは、哲学の道をぶらぶら歩き、銀閣寺まで。
 哲学の道界隈のお店で、前々から目をつけている帽子の色違いが。しかし別の色がほしいんだけどなあと無念。しかしあと数年待つと望みの色も出てくるかも!と期待することにします。
 銀閣寺でつい庭の上のほうまで登ってしまい、どうして旅先ではこんな無茶をしてしまうんだろうとつくづく思う。

 銀閣寺を出た後、そろそろバスか地下鉄を探そうと、また地図を広げ、ボーっとしていると、近所の方にまたも「どこ行きますの?」と声を掛けられました。「最終的には京都駅に行きたいのですが……」と言うと、「こちらのバス停よりあちらのバス停が空いた道を通るからあちらで乗ったらいいですよ?」となんともご親切です。翌日も他の方にご親切にしていただきました。

 それまでのワタクシの京都人のイメージは、「フランス人」でした。「誇り高く排他的」という印象です。フランス人はプライド高い、フランス人は英語で話しかけても無視する、という話を聞きます。京都人もかなりそういった感じかと思っておりました。しかし接してみると、京都のかた、大変親切でした。
 
(後日、『鳥頭対談』を読んでいるとサイバラさんも「フランス人は人種差別するしプライド高いし排他的」と言っていて、やはりフランス人のイメージはこれですな!と心強くなりました。)
 
 翌日の記憶はもうまばらですよ。なんてこった……
イベント → 平安神宮 → 清明神社 → 円山公園
ということしか覚えておりません。
 行きたかったところでクリアできたのは、bラハクのみという恐ろしい結果。
 次回行くときは、今度こそ絶対にちょっといい宿を見つけて予約しろと言われておりますのでがんばります……。
 今回思ったことは、高速バスはトイレつきじゃなくても大丈夫!運ちゃんがトイレ休憩しているときにがんばって降りれば何とかなるなあということです。
 


 


 
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


?別 ++++++++ 未分類

2010/03/22 22:06

→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


スロースターター ++++++++ 日常

2010/03/21 00:29

 旅行に行こうと決めてもいつもスタートダッシュが遅いため、うまいこといきません……orz
 GW中のものも問い合わせても埋まっていて、「一応ダメ元でキャンセル待ちする?」とか言っている始末です。
 しかしまーGW中、なんて料金設定がお高いんでしょうか! 腰が抜けそうです。
 ていうかきっと、事前に真面目に……と思っているうちにきっと人生が終わってしまうでしょう。

 来週の予定は
・バラハクに行く。
 気づいてよかった。本人様のブログのコメント欄見ていて調べると、ちょうど京都に行く日程にからんでいるじゃありませんか。やっはーです。
・鴨川辺りを攻める。
 これも『鴨川ホルモー』を読んで以来気になっているところ。
・伏見稲荷
 前回は途中のお茶屋さんの辺りで引き返してきたので、さらに上を極めたい。しかし上のほうまで行ってあまり人がいなかったら正直ビビると思う。ここは天狗にさらわれるか狐にばかされるかしそうな恐ろしさがある……
・できれば銭湯。
 京都を舞台としたミステリーで京都の銭湯の話がちょろっと出ていて以来行ってみたい。けどコレは無理かもなあ。
と微妙にあやふや。ガイド本を見て検討しないと。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


これが好きなパターンかと気づく ++++++++

2010/03/13 02:09

 『彩雲国』シリーズで私が着目しているのは、静蘭なわけですが。
 旦那様とお嬢様のことをとても敬い、大切にしているこの御仁。スタンスは使用人。しかし実際は家族同然の位置に居て、秀麗のことを家族として慈しんでいるのでしょうが、兄というには微妙。かといって秀麗と恋仲となるなどとてもとてもという考えっぽい。秀麗に好きな相手ができたらあっさり一歩下がって祝福しちゃうんだろうなあ……と思っておりましたが、何かこの関係、どこかで見たことがあるぞとふと気づきました。

……六甲とイオンか!

 何かもうワタクシ、主従関係大好きなわけですが、『ランドリオール』では、もっと幸せになれ!と願わずには居られない六甲がもちろん一番のお気に入りです。
 フィルのことを友人と言ったのは、こちらもある意味驚きでしたが、DXは「若様」、イオンは「姫」という認識はいつかうまく変えられるのでしょうかねえ。現在ようやく、自分は道具ではなくDX達と同じ人間であるという認識まではいきましたが。
そしてフィルとの約束。20年後まではメンテナンス(?)に見に来られると思うがそれ以上は分からないという言葉は、ニンジャだから短命だと思っているのかとか、戦いに身を置く立場として長生きしないと思っているのかとか、六甲切ないなあ。
 そして今月号。DXとイオンが離れているときにイオンに何かあったら、六甲責任取って死んじゃうのかよ!ああやりそう。リゲインやファレルが止めてもやりそう。
 しかし六甲も奨学生として学校に通えるとはめでたいことです。六甲の制服姿、かわいいな?。けど、前の意匠のも見たかった。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


むいむいの呪い ++++++++ 日常

2010/03/09 00:37

 昨夜、森見登美彦の『きつねのはなし』を読みつつゾクゾクしていると、こぶすが寄ってきて、人の頭のちょっと上の方をジーッと見るのです。
 おいおいやめてよ、こぶすちゃん!今不気味なのを読んでいるのに!とビビっていたところ、どうも頭上の電灯の回りを飛ぶアブか蜂らしきものを目で追っていたようで。紙を丸めたもので叩こうとしたのですが、天井近くまで行ってしまい、届きませんでした。

 その日は無視して寝ることにし、翌朝の今日。窓を開けようとしていたら虫が窓際まで来たらしく、こぶすは
「むいむいよーッ」と大興奮。ウニャニャ言っているのを、「こぶす、蜂だったら危ないから!」と追いやりつつ、そこらの包装紙で仕留めました。しかし私が刺されたのか、掌が痛痒い感じです。刺された覚えはないのになあ。無益な殺生をした報いか……

 そういえば殺生といえば、『大奥』の犬公方様と吉保は、かなり萌える結末でしたなあとか思い出してみる。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


行間の読みすぎ ++++++++

2010/03/08 00:26

 先日、三浦しをんさんの『月魚』を読みました。
 瀬名垣のことを名前で呼ばないと言われる真志喜さんですが、時には下の名で呼ぶときもあるというこのやりとりは!とか、障子を閉めたあと何かあったんですか!?と思う余韻とか。なんという思わせぶりでしょうか……。
 ところどころで匂わせられる秘めごとめいた香り、月の光と池の微かな水音などが立ち上って密かに漂ってくるような世界です。まさしく「行間を読む」という感覚が味わえる作品だと思いました。あさのあつこさんの解説がまたいい! あさのさんの解説からもエロスが漂ってくる気がし、あ、やはりこう捉えていいということかな?という思いを強くしました。

 しかし、三浦さんはエッセイでBL好きと公言されていますが、あさのさんは、『バッテリー』シリーズや『No.6』でほのかに感じられる気配を「この方は意図してこの雰囲気を醸し出しているのだろうか?」と常々どうなんだろう?と思っておりましたが、あさのさんもある程度意図してされているということでしょうか……。『ありふれた風景画』だとばっちりGLで、キュンと致しましたが。

 私は、BLだ!GLだ!とがっつり作りこまれた世界より、行間を読んで妄想を楽しめる作品の方が好きです。普通の作品としても十分楽しいけれど、妄想するとさらに楽しい作品が好きというか。まあもちろん、がっつり作りこまれた作品も好きなんですが。

 漱石の『こころ』を読んだ折も、先生はKのことが好きだと思いました。図書館で、静かにしないといけないからとKが先生に顔を寄せてくるんですが、先生はすごくドキリとかしちゃうんですもの。太宰の『惜別』も、主人公と魯迅、そして世話焼きの同級生の関係をかなりイイ!と密かに楽しみました。藤野先生の優しさには涙しましたが。あとは『駆込み訴え』や『右大臣実朝』なども、ユダや公暁の嫉妬とか憎しみが切ないというか。愛されなかった哀しみです。
 『武士道シックスティーン』シリーズでも、『セブンティーン』『エイティーン』と読み進めるうちに、「香織⇔早苗⇔レナ」の関係がいいな!と思い、レナが「あんたをあっちには帰さんよ」とか、「早苗は(香織の)応援をしていいけん」と言う台詞にかなり激しく悶えました。
 
 世に妄想の種は尽きまじ。というか妄想しすぎて済みませんという感じです……
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


ところ変われば品変わる ++++++++ 日常

2010/03/06 01:03

 とある雑誌を読んでいて。
「AF」って「オートフォーカス」じゃないんだ……。
「大回転」ってスキーの競技のことじゃないね……。
と普段使っている略語ではないものに遭遇し、ちょっぴり衝撃を受けました。
 ていうか何の系列の話だよ。

 品がない話ついでに言いますが。
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ランタンフェスティバル ++++++++ 非日常

2010/03/01 21:34

 先週末はN崎に行って参りました。

お目当てはランタンフェスティバル。そして裏メインは万年筆。今回もT京に2度行けるくらいの散財をしてしまった?。

このオブジェを見て、(おお、虎の穴!)と思ってしまったヲタクの私でございます……。
「虎だ虎だ、お前は虎になるのだーッ!」「タァーッ!!」という台詞が瞬時に思い出されました。

虎オブジェのキュートなお尻。これは上の画像の右側の虎のお尻でしょうか? お隣の人物は、三国志のオブジェ群の中に居た曹操様。

夜の堤燈。中華街は大変な賑わいでした。

「龍馬伝」もあっていることで、あちこち龍馬関連のイベントやグッズが盛り沢山。今回は時間が無かったけど、また行きたい。

土曜はあいにくの雨でしたが、翌日は龍踊りも無事見られて良かったです。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。