Top | RSS | Admin

2008.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.01


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


最近の読了本 ++++++++ 日常

2008/12/31 01:26

・『ヤギの目 ゴールデンベスト』
・『シズコさん』 佐野洋子
・『魔神の遊戯』 島田荘司
・『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦
・『マリア様がみてる ハローグッバイ』 今野緒雪
 感慨無量です。

漫画だと印象に残ったのは
『CGH!』5巻 小池田マヤ
かな
『THE BBB』以来の、3角関係におけるある意味でのハッピーエンドオブザワールドを見せていただいた気分です。誰にとっても少し切ない展開ですけれど。
あと
『くるねこ3』 くるねこ大和
和む……。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ヨワヨワ ++++++++ 日常

2008/12/28 23:01

 今日は二日酔いです。
 昨晩は、最近お気に入り化しようとしていたバーが年内閉店ということで、ガッカリしつつ弾けてきました。ワイン2本空けたのは後で結構キタ……。2人で行ったので実質1人1本強(他にグラスワインでも飲んだので)ですが、弱くなりましたなあ?。
 その日は楽しいお酒なので良いのですが、翌日残るようになり、肝機能?酵素?が年とともに衰退しているということでせうね、と少し寂しくなりました。
 先日ふぐを食べたときも、フグヒレ酒を3,4合飲んだら翌日は二日酔い。もうお酒は3杯くらいに留めておいたほうがよいと決心する、二日酔いの朝。しかしそのうちすぐにその誓いも破られるという呑み助の性。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ぎゅうぎゅう ++++++++

2008/12/23 19:32

20081223193213

クロさん、大きくなりました。
今はもう、こぶすとほぼ同じ大きさです。
というか、体長はこぶすよりにょろにょろと長いです。
こぶす一匹のときは、こぶすは何て胴が長いのだろうと思っていたのに、今はこぶすが短く見えます。コレが錯覚の魔力か!
今日は久々に猫タワーで2匹でぎゅうぎゅうに詰まっていました。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


勝?利の歌を歌おーぅよー!! ++++++++ 日常

2008/12/19 21:23

生きてる喜び感じよう?!!
イヤッホー!
静留さん、誕生日おめでとうございます!!

ここ最近のぎうぎうが今日でひと段落ついたものの、自分はもうクタクタであります!
テンションも妙です。眠いー眠いー。
ちなみに「ぎうぎう」は、最近の愛読書「くるねこ」語録であります。
やること盛りだくさんでいっぱいいっぱいといった感じのことでありましょうか

あちこちでは静留さん誕生のお祝いがなされているのかもしれませぬが、自分はもうダメであります。といっても、私めもなにがしかを作ってみようということではなく、そのなにがしかを享受させていただきたいという立場にいるわけでありますが。もうその気力も尽き果てようかというところでぃす。

というか本日。ギリギリでできるはずのものが少しの時間のロスで間に合わず。我々もう呆然。放心状態でした。こちらも辛かったですが、徹夜した人は内心無念の涙を流したことでありましょう。凸、空気を嫁……と本日は朝から誠にブルーな空気に包まれておりました。その後その件については折り合いがついたものの、あれこれとやることが多くて結局クタクタです。
明日くらいはのんびりできないものか。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


最近の読了本 ++++++++ 日常

2008/12/14 16:38

・『暮しの愉しみ』
・『流れ行く者―守り人短編集』 上橋菜穂子
・『一瞬の風になれ』第一・二・三部 佐藤多佳子
 1?3年までをテンポよくまとめてありましたが、どれも面白かった!ラストは「あー、もっと読みてぇ!」と思いましたが、これくらいで切ってあるほうが、まあ、想像も膨らみますよね……。読み終わっちゃって寂しいなあ。
・『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』 村岡恵理
 大正時代のキリスト教系の学校って、本当にいいですねえ。
・『ビッビボッケンのふしぎ図書館』 ヨースタイン・ゴルデル
 『ソフィーの世界』でも思いましたが、この作家とは微妙にツボが違うというか、合わないかも……。
・『向田邦子の青春』 
・『日々狂々、怪談日和。―「超」怖ドキミオン』
・『となり町戦争』 三崎亜記
 安部公房のようなシュールさです。
・『鹿男あをによし』 万城目学
 ドラマは見てなかったけれど、これはドラマ受けする映像かもしれないですねえ。ちょっと観てみたかったな。
マンガだと
・『とめはね!』
・『ガールフレンズ』2巻
・『ランドリオール』13巻
 おまけマンガのアンちゃんと竜胆の兄上(リュウキのキが変換できない)との間の空気が絶妙です。このカップリングはありえないんだろうか?
 というか本誌! 海老庵先生いくつ!? そして六甲はいくつ!? 
 「ねこはしかは子どものころやった」発言から、DXより年上だろうな、とは思っていますが。かなり年上だったらどうしよう。
 六甲はイオンが幸せにしてくれるといい!と思っていたので、是非とも長生きしてほしい。
・『ブラッディマンディ』
・『ブリーチ』
・『ヴィンランド・サガ』
 愛というのは差別だ、という言葉、確かにそのとおりかも。クヌート王子の化けぶりに期待。

とか…
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。