Top | RSS | Admin

2008.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008.07


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


夏を諦めて。 ++++++++ 日常

2008/06/27 00:35

 今年の夏は帝都に行こうと狙っていたんですが、無理っぽいですねぇ。
 家族で旅行できることもいつまでか分からんので、今年の夏は旅行に行こう!という話になりまして。
 まあ帝都は、10月か11月か12月に行けるといいかな。というか今年の夏の祭典。ジャンル分けの日程も割と良さそうだっただけに残念は残念ですが。
 行き先は私が一番行きたかったところですんで、無事行けるといいですなあ。
 3番目に行きたかったところと2番目に行きたかったところを経て、ようやくなんですが、なんだこの、好物は最後に取っておくみたいなやり方は。
 しかし、親戚の具合が悪そうだということもあって、お流れになる可能性もあり、どうなるでしょう。

 しかしまあ、盆前までに仕事だのやりかけている諸々だのも全般的に形にしていくことにしましたので、急がないと(汗)。エンヂンブルブルゼッコーチョーなノリまでいっていませんが、そろそろ発奮しないとー!
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


じめじめです ++++++++

2008/06/20 23:01

先週からの読了本
・『ゆるしてはいけない』 平山夢明
・『怖い話』
・『大江戸怪談草子 井戸端ぼっ子』 平山夢明
・『女王国の城』 有栖川有栖

最近悲惨なできごとが多くて、なんだか雑記を書く気力も湧かず……
平山夢明の本を読んでいて、いくらなんでもと思っていたものたちが現実にある恐ろしい世界でした、この世は。水面下ではもっといろいろなことが起こっているのでしょうかね


 そして梅雨に入り、世の中は実際にじめじめです。
 毎日スコールみたいなのが降っています。Q州はそのうち海になるのかもしれません。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


声優140人 ++++++++ 日常

2008/06/20 23:00

 興味を持ったのでついしてみましたが、結果が出るまで長くて大変でした。
 そして最近疎いもので、知らない人多数…
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


先週の読了本 ++++++++

2008/06/09 23:44

・『中原の虹』 (三)、(四) 浅田次郎
 うーん、実在の人物を描いている分、制約もあるとは思いますが、相変わらず面白かったです。
 今回特に面白かったのは、やはり中心に描かれている張作霖ですね。ガラッパチな口調と「おれは貧乏人だからな」と、民衆の立場に立った姿勢で、アイシンギヨロが唱えた「わが勲は民の平安」という考えを再びもつ頭領として描かれた彼が、どのように長城を越えるのかという点、非常に興味深く読みました。
 あとは、それに対する袁世凱。光緒帝を裏切ったことを悔いつつ、俗物的な面と、自分のような俗物を倒してくれる者の台頭を密かに待ち望む身悶えがねえ、憎みきれない人物でした。
 そして、中国で議会政治を作り出せたはずの宋教仁。あの演説は、本当に素晴らしいものだと思います。
 春児と文秀も、最後は大勢人物が出てきたので埋もれてしまった感がありますが、まだまだ続編が出そうな展開なので、続きを期待します。文秀の子どもの字が「復生」なのとか、泣けますよね…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


昨日までのDVD ++++++++ 日常

2008/06/03 22:05

 先週、家人がアニメ『のだめ』ラフマニノフの回と、『なのはA's』1?6巻を借りてきました。
 ……ねえ、私は週の途中から自宅に泊まりに行くって話だったじゃん、何この大量のDVD?(汗)!と慌てました。家族が旅行に行くから、姫と留守番しててね!とのお達しだったのですが。
 自宅にはDVD再生機はありません。できるだけ見ようか…とがんばりましたが、A'sの3巻目まで見たところで力尽きました。「のだめは吹き替え『プリごろ太』を徹夜で見てフランス語をマスターしたんだよ?」といわれましたが、無理だって……(笑)

 4泊ほどは姫とたわむれ、水槽を掃除し、本を読み、部屋を整理し、と過ごしました。姫にはブラシで毛漉きをさせて頂いていたところ、ガフーッとまた掌を噛まれました。マウスを握ると痛いです、姫……(涙)。

 で、またこちらに戻ってきて、ようやく「A's」を全部見ました。しかし3シリーズ目を途中まで見つつ、遡ってみているので、つながりがよく分かりません。「A's」の特典にあったダイジェストで1シリーズ目のあらすじはだいたい読めたような気もしますが。「A's」のフェイトの夢の世界で登場したアリシアを見て、「フェイトの双子の姉?」と思いつつ、途中で「フェイトとアリシアの関係は、いわゆるアトムとトビオのような感じなんかね?」と尋ねて「アンタはいちいち例えが古い上にマニアックなんだよ!」と失笑を受ける。いやまあ、オタクですから(伏し目)。ていうかアトムとトビオと言ってご存知の方が居るのかどうか……orz

 見終わっておもむろに「クロさんは『フェイト』、こぶすは『なのは』だね(笑)!」とクロさんたちに話しかけていると、「じゃあ姫は『はやて』なん?」と哀れむような目で見られる。んー、色合い的には……。ていうか相変わらず馬鹿馬鹿しいことをぬけぬけと言っていますなあ。
フェイト20080603222045

なのは20080603222301

はやて20080603222419

とこうなるか?
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


先週の読了本 ++++++++

2008/06/03 00:59

・『皇女アナスタシアの真実』 柘植久慶
 や、『ロシア幽霊軍艦事件』を読んでから気になって。

・『犬のいる暮し』 中野孝次
 「人間は愛するものが必要な存在」、「人間は必要とされなくなったとき、一気に老いる」という言葉は、頷ける気がします。

・『中原の虹』 (一)(二) 浅田次郎
 『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』と読んできて、完結してから読むのを楽しみにしていた作品! けど図書館で予約が混み合わなくなるまで待っていたのさ!(というかまあ、忙しかったんですがね)前作からの人間に続き、今回面白いのはやはり、張作霖・張学良親子ですねえ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。