Top | RSS | Admin

2008.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008.05


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


++++++++

2008/04/27 01:06

・『クライマーズ・ハイ』 横山忠夫
 途中まで読み、ああもう寝なくては…しかし続きが読みたい!と、久々に本当に身悶えした一作でした。やはり寝なくては!と中断して寝たもののなかなか寝られずに続きが気になって悶々とし、こんなことなら読めばよかったと思う、思い切り目覚めの悪い朝を迎えました。乗客が残した遺言とか当時も涙しましたが、また涙しました。主人公が、自分はこのような遺言を残して死に臨めるかと考えるところも身につまされます。

・『他人事』 平山夢明
 相変わらず人の嫌な部分をえぐってきます。読むと暫くは鬱になると思うのでなかなか手が出ませんが、『クライマーズ・ハイ』読了後の高揚で、今なら読める!と読んでみました。読了後はやはりブルー……。では、なぜ読んでしまうのでしょうか? それは、『カラマーゾフの兄弟』の中にもこのような台詞があったように思いますが、「誰でも悪を愛する瞬間がある」って、こういうことなのかもなーと考えております。『クライマーズ・ハイ』でも、飛行機墜落後、現場の凄惨な写真を収めた報道週刊誌を買い求める読者についての記述があるとともに、現場の残留品を取ろうとした人間に殴りかかる者がいて、乗客の遺した書きおきに涙する者がいます。善と悪の心が複雑に絡み合った不可思議さが人間なんですよねー……ていうのは、自分の悪趣味さを正当化していますかそうですかorz

漫画だと
・『シカバネヒメ』1?6巻
・『サトラレ』1?5巻
 チョコチョコは読んでいたのを改めてまとめ読み。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


++++++++

2008/04/22 23:42

 スピリ○ツが読みたくて本屋に行ったがありません。今は各作品佳境ですから読みたいのう。『ムーン』は昴が日本にやってきちゃったし、『電波の城』は天宮の反撃が始まるのかまだテンパっているのか?そして『ハクバノ王子サマ』はついにタカコさまと孝太郎がorz、『バンビーノ』のケータリングネタ、『美味しんぼ』はもうそろそろ終わりに近づいた模様?『ラスト・イニング』、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』もどうなったのか……と気もそぞろです。

 百合姫は読んできました。最近買おうかどうしようかという感じなのですが、今回のは買っちゃおうかな?と心が揺れました。が、まだ買っていません。なんていうか、ファンタジーより地に足が着いたのというか、学園モノとかオフィスラブとか、現代モノががっつり読みたいんですよね?。『ストロベリーシェイク』は、以前林屋先生がウテナ本で書かれていた、枝織がシャワーを浴びている間、バクバクしていた樹璃さんが冬芽に電話したところを枝織に見つかって(ニュアンスが違う?)……という話を思い出し、微笑ましかったですね。ストロベリーシェイクの展開のほうが微笑ましかったですが(笑)。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


上と外 ++++++++

2008/04/19 01:11

近頃の読了本は
・『チョコレート工場の秘密』 ロアルド・ダール作 田村隆一訳
 少々啓蒙くさいところもありますが、いいですよねえ。続編が『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』、と。図書館にあるだろうか? 
 というか「上と外」ってこれに出てきた言葉だったのか。恩田陸の『上と外』後書きに、上と外のボタンがついたエレベーター云々…これからタイトルをもらった、という話題があっていつか読もうと思って作品名を忘れていたのですが、すっきりしました。恩田陸の『上と外』も面白かったなあ……。

・『円生と志ん生』 井上ひさし

・『木漏れ日に泳ぐ魚』 恩田陸
 この方の作品って、少人数でやる舞台みたいというか。語り手が順番に変わって違う視点から謎を眺めていく『藪の中』手法、まあ、よくある手法ですが、この方は本当にうまいと感心させられます。『黒と茶の幻想』、『蛇行する川のほとり』、『夜のピクニック』、他にも色々ありますが、毎回わくわくです。作品の雰囲気としては微妙な立場の男女ということで、途中までは『まひるの月を追いかけて』や、姫野カオルコの『変奏曲』などを思い出しながら読みました。

 本ついでで、全然関係ないですが。今日漫画を読んでいると、登場人物たちが『カラマーゾフの兄弟』の話をしていて、愛され系キャラ、アリョーシャと気難しいイワン、人気があるのはアリョーシャだけど、一番印象に残るのはイワンかな?という話になっていたのです。私、ある意味ちょっと馬鹿っぽいけど直情型のドミートリーが一番好きでした……。癖のあるスメルジャコフも好きでした。普通と趣味がずれてる? まあ、アリョーシャとイワンも好きでしたがね。マリみて的に言うと(言うな)、アリョーシャは祥子さま、反神論者でひねくれたイワンは聖さま、素直で純朴、兄思いのアリョーシャは祐巳(志摩子でもいいですが、兄さんは犯人じゃない、とかいうて兄を助けようとするところは紅薔薇姉妹でやってくれ、と思います)、スメルジャコフは江利子さまだよ、と勝手に(本当に好き勝手ですな)思っとります。
 
 そういえば、『マーガレットにリボン』後書きの、「祐巳・祥子編もそろそろゴール」の言葉を、「祐巳・祥子もそろそろゴールイン」と目が勝手に変換し、ハアアッ!?とナチュラルに驚いた自分の脳は一体どうすれば……。

 
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


今週の読了本 ++++++++

2008/04/12 23:11

・『リベルタスの寓話』 島田荘司

・『サラマンダー殲滅』 (上)・(下) 梶尾真治
 郁楠さん、初めのころに比べると胡散臭さが薄れましたが、どうなるのか。
 下巻まで読み終えました。郁南、切ない……。
 一つの戦いが終わったとしても、それぞれが受けた傷が癒える日は来るのか、それで平和がやってくるのか、を考えると本当、虚しいですね。
 夫と子がテロに巻き込まれて、テロ組織への復讐を誓うというこの作品、雰囲気としては河惣マスミ(感じが出てこん)のジェニーシリーズと、新谷かおるの『砂漠の薔薇』かなあ?と思ったところで、設定はどう違うんだっけ…?と詳しいところが思い出せず、家人に聞くと詳細に説明してくれました。流石です!どちらかというと『砂漠の薔薇』のSF版ですね。
 しかしまあ、確実に言えることは。田中芳樹には解説をやらせるな!ということです。作品のネタばれをされたのは2度目ですよ……。読み終えてから読んだから良かったものの、読む前に読んでいたら憤死ものです。解説を先に読むことはありなのかどうか分かりませんが、もっとうまい書き方があるじゃろうもんよう。レヴュー、上手い人はほんに上手いですよね?。適度に情報を散らばらせても、読みたい気を起こさせるものは素晴らしいですよ。私は上手くないので、読書記録も碌に書けませんが。

 3週間休み無しで、先週末は旅行で興奮して仕事のときより発奮具合が激しく、1ヶ月ほど休んでないようなものなんですよね。疲れの蓄積と、楽しみがなくなって腑抜けてしまったこともあり、今週の自分は気がつくと寝落ち状態でした。そしてやっと明日は、何もないオフ! 朝寝するべい、と思っていたら「植木市行きたいんよねー」と家族が。ん?。

 そして「焼き鳥食べに行こうか」と言われ、「あ、行く!」と答えると、「じゃあ行く前に蕎麦を食べようね」と蕎麦を普通に1人前(以上。2人前入りの袋を開けて作って、私の取り分は1,5人前はあったかと)食べさせられました。なんでじゃ……orz「少し満腹中枢を刺激しとかんと、あんたいっぱい食べるんやもん」って酷い!! しかし普段と同じくらい食べましたよ? お酒をもう一杯飲まなかったくらいで。蕎麦はどこへ消えた?
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


2日目 ++++++++ 非日常

2008/04/10 20:10

 イベントは遅刻しつつ、午前中クリアー。
 朝寝坊して、こりゃいかん!と出かけましたが開場より遅れ、買えなかった本があったのは残念でしたが、とりあえずイベントにいけて雰囲気が楽しめたので、良かった……。
 連れは「南禅寺にいる」とのことで、地下鉄で蹴上まで行きました。あ?、やっと京都の地理が少しわかってきたというか。蹴上で降りて、南禅寺までは、トロッコ列車のレール跡を歩きましたが、こちらも桜が満開で、なんというか、日本人に生まれて良かったなあという感慨が湧きました。
20080410200747

 合流した後は哲学の道へ行きました。こちらも桜が満開で綺麗です。しかし冬の道も風情がありそうでいいですね。今度来るのは冬でもいいかな?。途中で寄ったカフェで1時間ほど待ちましたよ……。
20080410201055

 哲学の道を通り過ぎた後は、銀閣寺に行くにはもう時間がなあ……ということで、帰ることに。バスは混むから止めようと言っていたのに、この道結構空いてね?と、来たバスについ乗ってしまう。そして案の定途中で渋滞。やっぱ無理?と南禅寺付近でバスを降り、またも地下鉄に乗りました。もっと乗り物事情に詳しくならなければいけませんねえ。
 で、連れがやっぱりカオスのお店に行きたいと言い出したので、新幹線の指定席よサヨウナラ。
 カオスなお店までは、昨日道案内していただいたおかげでバッチリでした! 連れは「予想よりない…orz」と哀しそうでしたが。私も暫し、(オダ○ノって『ブレイ○ショット』でも同じ名前あったよね?漢字違うけど)などとどうでもいいことを思い出しつつ物色いたしました。
 新幹線は連れとは離れましたが、席を何とか確保できました。帰宅すると1時。んー、近いようで遠く、遠いようで近い場所ですよね。ところで新幹線に乗っていつも、姫路とか神戸って大阪より西寄りなんだ!と驚きます。 地理オンチ?
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


今回のあやまり ++++++++ 非日常

2008/04/10 20:07

三好達治の「雪」、このわずか2行の詩における着目点は、「次郎も眠らせ」「次郎の屋根にも」としなかったところであり、太郎と次郎の上に等しく雪が降りつもること、またこの並列の形に、作者の太郎と次郎を等しくいとおしむ心情が表されており云々……という鑑賞文をどこかで読んだ気がしますが。

 いきなり何を書き出したのかは、このあとで明らかになります。

→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


春の古都 ++++++++ 非日常

2008/04/10 20:07

20080410200730


 春の古都、美しかったですが、人もすごかったです。京都をなめてました……。
京都駅のロッカーは満杯、手荷物預かり所もこれ以上の預かりは無理とのことで、観光の近隣駅まで荷物を持ち歩く羽目になったのがちょっと痛かったですね。

 今回のルートは、八坂神社→円山公園→清水寺でした。
 そして八坂神社にたどり着く前に、土産物屋で相当な時間を食ってしまう。けど素敵な猫手拭いが買えたから良かったです。「これ、ブックカバーにもできますよ」と言われ、では……と購入しましたが、やはり正規のブックカバー仕様じゃないので、模様があるところが綺麗に出なかったのが残念。来年は(来年も行く気か!)猫柄のブックカバーができていることを希望します。そして清水寺までの道のりでも、「この帽子、いいね!けど色がなあ?。同じ柄で鞄だと、紺とグレーっぽいのがあるから探せば帽子もあるかもしれん!」とまた土産物屋内探索で時間を食ってしまう。結局見つけられませんでした。来年は色違いがあることを期待します。
 
 円山公園、綺麗でした。そして何か、京都の露店にある食べ物って珍しいですね?チーズが入った磯辺揚げを食しつつ見た、蒟蒻とモツ(?)を煮汁に浸しながら炒めているものが非常に食べたかったです。

 円山公園から清水寺に行く途中、例のごとく道に迷いながら、そして土産物屋にひっかかりながら、ようやく清水寺にたどり着きましたが、どこもかしこも本当に桜も満開ながら、人も満杯。時間大丈夫だよね?と言っていたのに、人波にもまれて清水寺の17時30分閉山まで食い込む……。そして清水を去る人の列と、18時からの夜桜拝観の開場を待つ人の列で道が渋滞。進みません。オーノー!ワシらの「17時には電車に乗ろうね?」と言っていた予定が。空いていればどうってことないルートなのに、結局電車に乗れたのは18時半近くとかどうしたら……orz

 待ち合わせをお願いしていた時刻には到底間に合いそうもなく、お待ち合わせの方々には、ご迷惑をお掛けしました。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


カオスルート ++++++++ 日常

2008/04/07 22:34

 旅に出ていました。
 Iさま・Kさま、お世話になりました(平伏)。たくさん謝らなければならないことがありますが(涙)!

 帰り道、連れが
「やっぱり帰りの電車は遅らせよう。立っていっても途中では座れるよ」
というので、少しは葛藤がありましたが、割とあっさり指定席を放り出し、カオスルートまで行きました。帰宅は1時近くでした。眠いので今日は早く寝ます?。
 しかし春の京都、よかった……。人の多さと交通機関の渋滞は酷いですが、また行きたいです。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ガソリンというには少し ++++++++

2008/04/02 21:55

今日の読了本
・『マリア様がみてる マーガレットにリボン』 今野緒雪
 ああ、祥子さまが(以下略)
 大量のガソリンというまでにはいきませんでしたが、楽しませていただきました。
 19日間連続勤務とかぶっちゃけありえない!と思いますが、今ひとたびの気力を頂きました。只今17日目、残りをがんばります。乗り切ったら、京都行くんだ……

 そして読みかけの本は島田荘司の『リベルタスの寓話』ですが、石岡くんが…(以下略)?
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。