Top | RSS | Admin

2008.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 » 2008.03


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


つい。 ++++++++ 日常

2008/02/24 22:46

普段、バトンや占いなどは、他所様で拝読して答えを考えたり実施をしたりしてみても、その内容は胸のうちにしまっているのですが。こちらの「取扱説明メーカー」は、結構ふぅぅ?と脱力するものだったので載せてみます。
満吉さんの取扱説明書

満吉さんをご使用する際には以下のことに気を付けて下さい。
・ところどころパーツが取れやすくなっておりますので、ご注意下さい。
・雑巾でこすったりしますと変質する原因になりますので、ご注意下さい。
・季節によって、色合いが変わることがありますが、仕様です。

(パーツか……。まだヅラではありませんが、いい加減、大分身についた余計な肉は取りたいものです。)

また、満吉さんを以下の場所でご使用にならないよう気を付けて下さい。
・満吉さんの家
・あそこ
・葬儀場

(家じゃ使っちゃいけないんだ! ではどこで?会社?(ガクブルです)いやまあ、会社で帰り支度をしていると「どこ行くの?」「ちょっと家にロングステイしてくるよー」という会話を交わすなど、会社にいる時間のほうが長いのは長いのですがね……。ていうか「あそこ」ってどこなんだろう?)

満吉さんが故障かな?と思われる場合は以下のことを試してみて下さい。
疲れている可能性がありますので、休ませてあげましょう。

それでも満吉さんが正常に動作しない場合は。
それが、満吉さんの正常な動作です。

(正常に動作しないのが仕様か(笑)!
ていうか、パトラッシュぼくもう疲れたよ……の気分でまさに今、決着をつけつつあるところなのです。)
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


++++++++

2008/02/24 01:27

ここ数日で読んだものは

・『神の守り人 帰還編』 上橋菜穂子
 人間の心の弱さとか、相変わらずいろいろと考えさせられます。

・『いま、殺りに行きます』 平野夢明
 数日に分けて書店で立ち読みを…(伏せ目)。図書館になかったし、これをリクエストするのもなかなかに恐ろしいですし。ていうか世の中には変な人ばっかりです。ミーは最近家に入る時に、変な人が近づいてきていないか、後ろに立っていないかと、ビクビクして辺りを見回してしまい、自分のほうが挙動不審者です。つーか動物ネタは本当に哀しくなりますね……(涙)。

・『ハラスのいた日々<増補版>』 中野孝次
 愛犬ハラスが来た日から死までと、後日談。動物と暮らしたことのある人は分かるでしょうなあ、この気持ち。あー、絶対泣くなぁ……と思いつつ読んで、死んだ犬猫や今いる猫たちを思い、やはり泣いた。

・『DIVE!! 1』森絵都 
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


インフル ++++++++ 日常

2008/02/19 00:29

 家人はただ今、インフルエンザに罹っているようです。
 熱と頭痛が……、と言うちょります。
 うーん、家人と同じ部屋で寝食をともにしているのに(や?、各部屋が寒くて一室に避難中で)、どうして私は罹っていないんでしょうか!? 今はむしろ罹りたい……弁当3人前、腐ったものを食べても大丈夫!な若宮並に無駄なところで丈夫な自分が憎いです。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


最近の読了本 ++++++++

2008/02/17 17:09

・『空飛ぶ寄生虫』 藤田紘一郎
 どうしよう、まだまだ行きたい地域があるのに、どこに行っても怖いですな!

・『水妖日にご用心』 田中芳樹
 前作が私には、どうしようもないやっつけに思えていた分、今回はまだまとまっていた(?)という印象です。

・『北村薫のミステリびっくり箱』 北村薫

・『神の守り人 来訪編』 上橋菜穂子
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


白とぐろ・黒とぐろ ++++++++

2008/02/17 17:09

20080217170937
20080217170957
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ゴタゴタ ++++++++ 日常

2008/02/15 21:20

 忙しい時期はとりあえず脱した気もするのですが、色々ゴタゴタしております。
 一応公の場ですので個人的な事情をさらすのもどうかと思いますが、とりあえず近況などを続きに書きます。後で思い直して消すかもしれませんが。
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


酔いちくれ ++++++++ 日常

2008/02/12 00:20

 11日は地元の酒蔵開きに行ってきました。
 いくつかの酒蔵が、一挙に酒蔵開きをしている地元イベントです。
 ていうか着いてすぐ、中学以来の友人に会う。やはり地元は狭いな?。
 試飲だけでも結構飲むかも知れんから、利き酒とか角打ちはいいよね、と行く前は行っていたのですが。酒蔵の有料酒や、500円払ってぐい飲みとチケットを貰い、約20種の中から好みの6種を飲むという利き酒に、結局フラフラと引き寄せられてしまいました。美味しかった……。
 しかし本来の目的は、「酒蔵で売っている味醂を買うのだ!」というものだったのですがね?。出かけたのが遅く、しかも、ついメインイベント会場で飲んだくれていたので各酒蔵を巡る時間が無く、味醂は買えませんでした(涙)。
 いいさ、来月はまた別の酒蔵の蔵開きがあるさ!
 今度は出遅れないように行きたいと思います。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ブルー ++++++++

2008/02/11 02:39

最近読んだ本はというと

・『黒蜥蜴』 江戸川乱歩
 美輪明宏さんが演じる舞台も見てみたかったですなあ! やはりもう今の年では無理かな、やってくださらないかな……
・『OL委員会 日本一の田舎はどこだ編』 清水ちなみ
・『人恋しい雨の夜に せつない小説アンソロジー』 浅田次郎選
 少し物悲しいというか、本当にせつない感じの話ばかりですた…
 興味深かったのは、その中に収められた小泉八雲の「日本人の微笑」です。最近読んだ中野孝次の話の要旨は、「欧米人が街角で人にぶつかったときなど気軽に謝罪をしたり、人と目が合ったときに微笑を浮かべたりするのに対し、日本人は無愛想で、気軽に謝罪の言葉や微笑などほとんどしない。日本人が浮かべる微笑は、何かに失敗をしたときなどの照れ笑いで、自己に対する憫笑の意味を含む。欧米人にはどうしてそのようなときに笑うのか理解できない。」というもの。小泉八雲は、「イギリス人はしかつめらしく、厳格なことを好む。」としている点でまず、中野孝次がアイルランドは微笑の国ととらえたのに、アイルランド人(イギリスの一部ではありますが)の八雲がこう述べるとは、確かにイギリス人はしかつめらしそうだけど、時代の変化もあるのだろうかとか、八雲も言及した、日本人がしかられても叩かれても微笑を浮かべているのは不思議に思えるという点については、日本人の微笑は、苦しみや悲しみを人におおっぴらに示してはいけないという道徳観念、礼儀正しさに基づくもののようだという八雲の考察など面白かったです。

最近、クロさんの避妊手術をしました。
なんかこう、人間の都合で避妊するというのも、申し訳なく、こちらもせつない話です。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


相変わらず詰めが甘いです。 ++++++++

2008/02/02 21:59

 風邪を引いております。もうちょっとで仕事が楽になるな?と思うころ、すぐに油断してコロリとやられる詰めの甘さを、今年も噛み締めております。

 最近読んだのは
『破璃の天』 北村薫
「破璃」の「破」の漢字が違っていると分かっているのですが、変換の仕方が分かりませんでした。「硝子」という意味の「ハリ」です。
 読んで改めて思ったことは、私は北村薫の文章が一番好きかもしれないということです。何というか、とても、文章にしみじみとした愛着を感じるのですよ。ああ、この方は、本当に文学とか文章に愛情を持っているのだなあと感じられる、誠実さが滲み出ているようなところが好きです。『街の灯』に続く、昭和初期の時代の美しさと、発展途上の明るさと闇といった雰囲気も良いです。うまく言えませんが。もうこの続きは出ないのか、どうなのか。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。