Top | RSS | Admin

2006.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.09


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


真夜中の攻防 ++++++++

2006/08/31 21:56

 深夜。
 自分の上に乗ってくる物体。
「くぉら?、こぶっこ?! ワシの枕に乗るんじゃねえーー!!」
 いやっ、いやっ、あれに乗るの!
と抵抗するこぶす社長を捕まえ、抱き枕から引っぺがす。
 こぶす社長、新しいもの、高いところが大好きです。
 抱き枕に爪立てたら駄目?(涙)!
 数度登ろうとするこぶす社長をその都度引っぺがすと、ようやく諦めた模様。こぶす社長、私のお腹の上でも寝ないで下さい…。
 お腹の上からも引っぺがすと、肩の横で寝る社長。毛がふわふわしてかゆいんですが。そして暑い…。

※こぶす社長…こぶすの新しいあだ名(というか「こぶ・こぶっこ・社長・じぃじ・おじいちゃん」などいつも適当に呼ばれている…)。「ARIA」というアニメにおいて、その中のゴンドラ会社では、運行の無事を祈念し、青い目の猫を社長に据えるというしきたりがあったことから付いた。我が家では、「コブスン」の社長だということになっている。社長近影。20060831221000


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


台風… ++++++++ 日常

2006/08/30 23:06

大きなのが来ているらしいですね。
自宅の部屋はどうやら雨漏りがしているらしいですよ?
実は先日、帰った時に枕と布団の上半分が雨漏りで汚れているらしいのを見つけたのですがね(このときはもう乾いていました)。恐ろしくてつい見なかった振りをしてしまいました(え?)
どうもいつも漏れるわけではなく、横降りの激しいのが来たら危ないらしいですわ。今日も雨が降っていたため、ドッキドキでした。
しばらく帰って様子を見たいと思います。
というか台風前に何とかしてもらわないと?
そしてノミ・ダニがいるらしい部屋も何とかしないと。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キター! ++++++++ 舞-HiME&舞-乙HiME

2006/08/28 22:58

自宅に帰ると、姫がかわいい曼荼羅のようにして迎えてくれました。
20060828225826


そして。
あれがやってきていました。
20060828225514


でかい!
比較のためにそこらにあった文庫本を上に乗せてみました。
これ以降はオタクの話題ですのでいやな方はスルーで。
→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


「エンドレスバトン」 ++++++++ 質問系

2006/08/27 01:21

「エンドレスバトン」を団長ことまさやんさまよりいただきました。回答が埋まっていないものもありますが、そのうち埋めるように努力します。(9/10追記。全部埋まったと思います?。)

●ルール●
1.回ってきた質問の最後に、"自分の考えた質問を足して"下さい(自分も回答すること)
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3.まとまりのないエンドレスバトンなので"どんな質問を加えてもOK"
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.ルールは必ず掲載しておいて下さい

→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


もうそろそろ ++++++++

2006/08/24 23:13

パソコンは再セットアップにて一時期復活いたしました。
データが消えたのは辛いが、繋がるのならいい!と思いました。
が、その後雷の際にうっかりコンセントを繋いだままにしていたので、またも具合が悪くなられました。瞬時の喜びでした。
今は古いパソコンでちょこちょこ何とか繋いでますが、調子悪い。キミが最後の頼みの綱なんだよ、頑張ってくれ(汗)!
最近の読了本
「辻音楽師の唄 もう一つの太宰治伝」 長部日出男
「滑稽小説集 太宰治」 木田 元
「悪党芭蕉」 嵐山光三郎
「万年筆の達人」 古山浩一
 万年筆、ほしいなあ…。
「村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。」佐藤幹夫

そして、もうそろそろ自宅にはあれが届く予定らしいですが、一つこちらでチェックすべきものがあるので、なかなか家に帰れませんわ。そろそろ家でお持ち帰り仕事をがっつりする時期も迫っているのですがー(汗)。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


食事 ++++++++ マリみて

2006/08/17 23:50

 先日花火を見に行きました。
花火はいいですね、美しいものを見ると心が洗われますな。

その帰りに食事。
一緒に花火に行ったのは友人夫妻と数名の友人たち。というか友人夫妻にわれわれが便乗した形です。
食事を楽しんでいると、その席上で、いきなり妻のほうが旦那に餌付けし始めましたぞ! そして旦那も餌付けのお返し。いわゆる「はい、あ?ん」というヤツです。こっぱずかしさに耐え切れなくなったのかどうか、1人が発言。
「……なんしよるん?」
「え? 嫌いなもんやりよるん」
どうやら相手が嫌いなものを食べさせるというイヂワルだったらしい。
どっちにしても、仲が良過ぎんだよ、おまいら(笑)!!

 こういうことをしてそうなのは、マリみてでは由乃んかな?とふと思う。
 そして私の腐った脳が色々妄想を。
 由乃んは本当、自然に令ちゃんに「あ?ん」をしてそうですな。で、令ちゃんも自然にそれを受けていそう。
 それを見て蓉子さまに「あ?ん」を仕掛ける凸さまと聖さま。二人があまりにしつこいのでその場はひとまず口にする蓉子さま。その後、凸さまと聖さまは何かの折に10倍返しくらいの報復をされていると考えるとちょっと楽しい。
 あとは聖さまが志摩子さんにまず食べさせて、「志摩子、お返しちょーだい」と「あ?ん」としたところを、乃梨子が阻止しようとして、争奪戦がきっと始まりますよ、と私の脳が言いました。
 紅薔薇は…、きっと公衆の面前じゃできません。二人の時にしてるんです。祐巳と瞳子さんだったらまあ、祐巳が「はい、あ?ん」としたら、瞳子さんが恥ずかしさのあまりに怒りまくるというツンデレ劇場が見られると思いますが。
トラックバック(0) | コメント(3) | top▲


きょうはなんのひ ++++++++ 日常

2006/08/15 23:23

終戦記念日やなあ、と思いつつ、なつきさんの誕生日やなあ…と思っていたそんな日。
なつきさん誕生日おめでとうございます。きっと本日は静留さんがお祝いしてくださったことデショウ。いいな、静留さんのお祝いか。

そういえば昨日、お盆で自宅のほうに行ったのですよ。
母に買い物の同伴を頼まれて、スーパーへ。
荷物もちをしていると、母の顔見知りらしいお婆さんに話し掛けられて。
「まあ、お盆やから帰ってきてはるんやねえ、息子さん…」
…息子さん!?
息子さんと言われたような(笑)。この歳で「息子さん」と言われるとは思いませんでしたよ…。けどまあ、子どもと年寄りって見た目は、あれですよ、いろいろと区別がつきにくいときがありますよね。歳をとると性別を超越してくるというか。おじさんやおばさんでも一瞬謎の人がいますよね。歳をとったということか…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


お詫びも何もあったものでは… ++++++++ 日常

2006/08/14 22:11

8/12 夕刻。
休日出勤で腐っていた私は帝都にいらっしゃる皆様に思いをはせ、メールを頂きつつもPCの故障でご連絡をしていなかった団長にお電話することにしたのですよ。
ご連絡していなかったお詫びの電話を。
非常階段にて意を決して電話。
……不在の案内音…orz
その後、振動し始めた電話で無事お話でき、ソ連の催しが進んでいた皆様と楽しくお話させていただきました。途中、どなたかとのお話中、タバコ休憩にきた由乃んにあせって余計にあわあわして申し訳ございません。
そしてこの電話の問題点に、電話を切った後気づきました。
電話を切って、あれ、これって通話料が団長持ちなのでは…(汗)と。
お詫びも何もあったもんではないですね…。
団長、重ね重ね申し訳ございませんでした(平伏)!!

そして今回の夏の祭典は雷雨がすごかったそうで…。全日程が終了した翌日は停電だし、一日ずれたらヲタクどものパニックが…と思うと恐ろしいですね。3日目は特にテンパってるから。冬も行きにくそうな日程でございますなあ。秋に京都行かないかい?とシスターに誘いかけ「10月は別のにいくから行かない」と断られつつ、いもぼう食べにいこうよ?と、現在、この夏の鬱屈を晴らす場を狙っている最中でございます。
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


こわれた ++++++++ 日常

2006/08/05 02:19

パソコンが壊れました。別ので少し繋ぎましたが、これってちゃんとインターネットセキュリティ有効になった?ねえ、ねえ?とよくわかりません。
だもんでしばらくごきげんようですかもです。
私信となりますが、今年の夏の祭典は行けません。
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。