Top | RSS | Admin

2005.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.08


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


恩田陸版『ロングウォーク』 ++++++++

2005/07/31 16:22

恩田陸の『夜のピクニック』を読んだ。
いつも思うが、恩田陸の作品には懐かしさを覚える。
何だか分からないが、郷愁というか何というか。

この作品は読む前から、恩田版の『ロングウォーク』なんだろうな、と思っていた。
『ロングウォーク』はS・キングの作品で、いわゆるバトルロワイヤルといったジャンルなのだろうか。軍国主義の国で、選ばれた少年たちがただ歩く競技「ロングウォーク」。一定の時間を置いて、遅れている少年が撃たれていく。具合が悪い少年、逃げようとした少年も容赦なく撃たれる。最後に残った少年には軍部で特別の待遇が与えられる、というもの。夜通し歩き互いの生活環境などを知り合った、最後の二人の中に生まれた奇妙な友情めいたものとか、読んだあとはかなり複雑だった。
『バトルロワイヤル』とか『スリル』とか『そして粛清の扉を』とかも、読んだあとの虚しさとか複雑さは強烈だが、つい読んでしまう…。

学校を出発し、80キロを夜通し歩く行事の中で惜しむ、過ぎていく日々。歩く途中で語らったり、苦しい思いをしたり。そのときは分からなくても、大人になって懐かしく思う行事だというのはよく分かる。いいよね、こういう行事。けどもし当事者になったらたまらん。80キロは歩けないな…。
ナイトハイクとかいうんだっけ?先輩は赴任先でこういうのがあってきつかったと言っていた。大人になってはさすがにねえ…。
24キロの遠足ならあったなー。

恩田陸の作品は最初はぐいぐい引き込まれるが、最後に失速、というパターンがあるので、読むには微妙な作家さんだが(けど大好きだ!)、この作品は最後まで楽しさがあった。本屋さん大賞受賞というのも納得の作品です。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


また来ん春 ++++++++ 日常

2005/07/31 15:33

また来ん春と 人は言う
しかし私はつらいのだ

とか、別にたいしたことではないのですが、昨日書いた日記が消えてちょっぴり寂しかった私。過去にもやらかしで消してしまったことがありますが、一瞬ボーっとなるよね…。
やー、PCの調子がおかしかったので、ブログ自体のデータを消してしまったかのと思いましたが、FC2さんの調子もおかしかったのね…。

昨日はZLAYネタで萌え萌えしてたから、その胡乱を感じ取られたために抹消されたかと思いました(笑)。
要約すると、
とらちゃんでZLAY本を発見して、内表紙が林家さま本人の絵で、レキさんの尻に引かれているリョウさんは可愛いなあとか、思っていたのですよ。
そしてその本を見つけた家人が手にとって読み始めて。
「あー、カカシ先生じゃないんだ…」
どうやら裏表紙のサイさんをカカシ先生と勘違いした模様。
や、激しく違いますから(笑)!
その後、元ネタを読む、という家人のために押入れから『百合姉妹』のバックナンバーを出していると、ダンボールの中から未読の薄い本が大量に出てきて、それを読んでいたら部屋が大変なことになったですよ。
…という皆さん、これが私の一週間のアホウですテュラテュラテュ?ラ?ラ?という話でした。
全然要約じゃねえ!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


どうせならSY?ウィルスで ++++++++

2005/07/28 00:02

本日の読了本
小松左京『復活の日』
 恐ろしい話でちゅな…!
 ていうか、身につまされる話ですね。もう、いつ滅びてもおかしくないでしょうし。傲慢とか知的好奇心とか疑心暗鬼とか人間ってヤツはねえ…。
けどどうせ蔓延するなら祥祐SY?ウィルスで一つヨロシコ。全世界で祥祐フィーバーの嵐を。

今日は仕事中、急に「ふぉぉ!『Kiss』読んでねえ…」
と気づき帰り立ち読みしましたよ。本屋さんの敵ですね。
がんばれ、いち子さん…!
しかし『コーラス』を読み損ねてないですよ…。
ああ、こむぎちゃん…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


負け負け ++++++++ 日常

2005/07/26 23:03

本日中に仕事が終わるはずだったのに。
昨日の段階では余裕じゃーんだったのに。おかしいなあ。
明日の午前中には終わる予定で!(だめやん…)
昨年度のカレンダーと見比べたら昨年度は8/2に終わってたから6日も早いよ!おめでとう、おめでとう…!
けど次の仕事が難問なんだよ…(遠い目)。
さっくり決まるといいなあ。

そういえばまだキャスティング妄想はまだ続行中です。
待古庵…小倉寛久
伊佐間屋…高橋幸宏
でヨロシコ!(何がだよ!)

ついでに言うと『屍鬼』では
静信…豊川悦司
医者…名前忘れ。元プロ野球選手で、眼鏡かけてて坊主頭っぽい…(胡乱)。
辰巳と沙子は難しいね!
坊さんと少女萌えと、坊さんと医者萌えでした…。あと高校生の男の子たち。ライカンスロープと少女もよいですなあ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


見下ろされる ++++++++

2005/07/25 22:51

20050725225109

朝起きると見下ろされている。
うわあ、こぶすちゃん、何ですか!?
ていうか私の布団はヤツの猫タワーの横にあるので、降りてきたらいつも顔を蹴られそうなんですが。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


予約 ++++++++ 日常

2005/07/24 21:36

本日は旅行の予約に行った。
よく分からないので、カウンターのお姉さんに聞きまくる。
何とか予約終了。
あー、私、色々聞かないと不安なタイプなんでネット予約とかできないでやんすよ…。

その後、予約したこともあり、準備のためにカバンを見る。
左利きだから、バッグのジッパーはどちらからも開けられる、2つあるものが好ましい、というこだわりを持って物色。とりあえず妥協しつつ安いものを購入…。

その後某本屋に寄る。
こらしめるつもりがこらしめられる(「一緒に遭難したい人」より用語拝借)。いつものこと…。
買った後も本を眺めていると、隣にいた方から話しかけられる。
「本、好きなんですか」
「…ええ…」
「私、こういった関係の仕事してるんですよ」(と本を指差す)
「はあ」
「どういった作家さんが好きですか?」
ここで今野緒雪と挙げたらどうなるか、という好奇心もあったのですが、無難な作家名を挙げる。
「はあー…。私、このあと時間空いちゃったんですよ。お話でもしませんか?」
「あ、いえ、もう帰りますので」
……何ですか、これ。ナンパ?
しかし、ま○だらけの中でナンパとは如何なものか!?
と思ったが、趣味が近しい友達を見つけるのには、まあ、それもいいのかもしれない…。
その方が指差したのは市販のムック本だった。こういった関係というのはどういったものなのか?ピンキリなのだろうか。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


恐ろしい子…! ++++++++

2005/07/23 22:26

60×9=540(カラーボックス1段につき)
90×10=900(本棚1段につき)
30×6=180(カラーボックス小1段・ダンボール小1つにつき)
100×3=300(ダンボール大)
アバウトに、これくらいと数えても約2000冊か…。
普通の本は色々なところに分散しているから無理だけど、同人誌なら数えられるかもと思って考えてみた…orz
恐ろしい子…!

思い入れのあるベスト5を挙げてみようかと思いましたが、バトンの例のように、これって世間に流通している、誰もが見ようと思えば見られるものじゃないと何の意味もないですね?(笑)。
けど挙げてみる。(何じゃと)
「Deep In My Heart」(峰山こね太)
「Human System」(早田小夜子)
おがきちか様のFE本総集編…タイトル度忘れ
高戸キワ様のウテナ本…タイトル度忘れ
「マリア様もしらない」(辻川なぎさ)
かな。

あー、マリみて1冊しか入らないのか。思い入れのある本だからなあ。
15年以上買ってるともの凄いですねえ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キター! ++++++++ 日常

2005/07/23 01:06

ああもう素敵なテンプレートですよコンチクショー(笑)!
テンプレのプレビュー見て大受けデスタ。
2chはちょこっとしか見てませんが、可愛いなあ、コレ。
「コメソト」とか「age」になっているところも細かくていい…。


最近の読了本
7/17 倉坂鬼一郎「学校の事件」
 倉坂鬼一郎はもっとゴシックでこってりドロドロ?としたものがうまいと思うなあ。天一郎の話は綾辻行人の「殺人鬼」の薄い版みたいだったし、他のもどうも…。
7/20 岩城宏之「オーケストラの職人たち」
 ん?クラシックの周辺の話で結構面白かった。
途中は「復活の日」。最初は重厚かつ物々しい比喩表現に、ラフマニノフの第2番のバーンという音が思い浮かんだ(意味不明)…。「おおう」とびびったけど、読み進めてちょっと慣れてきた。

しかし日常において、あなたはファティマですか!というような突っ込みをさせるのは止めて下され。何とかヤシを40?代に戻さないといけませんよ!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オウガバトラー ++++++++ ゲーム

2005/07/19 23:21

ゲームバトン以来、「タクティクス・オウガ」のCDを聞いたりしたこともあり、またオウガ熱が上がってまいりましたよ…。
何とかやるのはセーブしてますが。
オウガはいいですね。非常に人間臭いゲームだと思います。3つのルートのどれにも、それぞれの葛藤と人間模様があって。
カオスで好きだったのはジュヌーンとオクシオーヌです。竜騎士と彼に滅ぼされた村の竜使いの少女にちょっと萌えた…。あとアロセールも好きだ。
ニュートラルでは、ギルダスのイベントにもう…(涙)。ギルダスとミルディンは私の中ではカップルです…。
ロウは、ヴァイス?ヴァイスもね、幼馴染へのコンプレックスを抱いているところが可愛いですよ。

全般を通して言えば、カノぷ?とデネブのやりとりが好きだった。カップルだと思っている。あと黒ランスと白ランスですよ。敵方の暗黒騎士団も濃くて最高です。
そして情念の女、カチュア(笑)!ブラコンでシスコンで、主人公姉弟には萌えマスタ…。
漫画版はロウルートでしたが、オウガ友達と「あのカチュアの健気さはありえない!」とか別の意味で話題沸騰でした。
バッドエンドでさえ、あのラストは素晴らしいと思います。

そういえば江利子さまの固定してきた挿絵を見たとき、「システィーナ姉さんだ!」と思ったのを覚えている。色も黄色だしなあ…。4姉妹では私はセリエ姉さんが好きでした。色も紅だね(笑)!
オウガ、新作出してくれないかなあ(遠い目)。
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


夕飯2、退出、そして帰宅 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/18 23:33

途中、織名さまより電話が入る。電話が回ってきた際、
「ごきげんよう?織名ちゃん?」とか言って出てみる。
最近織名さまとsaiさまとは、チャットにて「織名ちゃん」「saiちゃん」「マンちゃん」の仲になっているが、気づくといつも「さま」呼びになっている。習慣って直りませんね…。
「あー、〇△×◇……ー」
ごめんなさい、織名さま。店がうるさかったのと耳が遠かったのでよく聞き取れていませんでした(平伏)。
そうそうに別の人に代わってもらってすみません。携帯って特に聞こえにくいですよね…。(私だけ?)

何度目かの串焼きの素材取りに席を立った際、入り口から一橋さま登場。
「あ、早かったですね?」
とご挨拶。私が帰る頃にすれ違いで到着かも…というお話だったので、会えて良かったです!
一橋さまには、紀州さまとしばし席を替わられてお話をして頂いていたのに、串揚げを揚げるのにゴチャゴチャしてて、大変失礼を致しました…。計算もせずごっそり串を取ってきたものの、もうすぐ帰らないといけんやん!と気づき、慌てて揚げる食い意地の張りっぷりで…(伏し目)。折角バトン関連の話とかをしていたのに。


19:40
「では私はそろそろ帰りますので?」
と、大帝に持参していたお土産物を差し出す。
私の土産は「ひよこ」と「明太子じゃがりこ」でした。
「ああ、それがあったから荷物が大きいんや」と紀州さまに納得される。すいません、泊まりでもないのにでかい荷物で(笑)。
「じゃがりこ」だけにしようと思っていたのですが、前日地元駅のキオスクに行ったらなかったのですよね…。大帝は和菓子を食べてみたいということで、団長が和菓子関連を持っていき、こちらは九州限定スナック、という風に打ち合わせていたので、どうしようか、と思いつつ、当日時間がなくて買えなかった時のことを考えて「ひよこ」を購入。しかし「じゃがりこ」も当日博多駅をうろうろしてたら買えました…。大帝、荷物になって申し訳ございません。
大帝とお姉さまからは、紅茶葉の袋を頂いてしまいました。お姉さまから入れ方を説明されて「分かりました!」とか言っていたが、本当に分かっているのか、自分…。紅茶葉はまだ飾っています。今度ゆっくり飲んでみたいと思います。


「写真を撮りましょう!」
ということで、大帝のデジカメに収まって帰ることに。確か団長か猫子さまに撮って頂いた気がするのですが、店の客席の通路が狭くて、撮るのが大変そうでしたね…。
「ではさようなら?!」と慌しい退出で余韻も何もあったものでなく、ああ、翌日休みとれてたらなあ、と非常に残念でした。皆様、大変お邪魔致しました。
猫子さまにはお店の出口までお見送り頂きまして、今回も大変お世話になりました(平伏)。慌しかったですが、とても楽しかったです。皆様、有難うございます。


帰途も、無事になんば駅から新幹線までスムーズに乗りました。キオスクで赤福を買うのも忘れませんでした。
しかし20:31に大阪を出るのが無難ということは、コンサートなどに来るというのはやはり無理か、と判明。
新幹線では「バッテリー?」を読了。
博多で乗り換え、00:20ごろ家に到着。
東京に行っていた家人(二人揃って何やっとんじゃ…)と、芋ようかん・赤福を交換しつつ味わう。
楽しい旅でしたなあ…(反芻中)。

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


映画「姑獲鳥の夏」… ++++++++

2005/07/16 22:13

何か今更ですが、キャスティングを見ていた。
んー雰囲気はいいですねえ。
宮迫さんの木場修が楽しみ?。

ちなみに私のイメージでは(全員を30代半ばの場合と考えて)
関口くん…筒井道隆
京極堂…豊川悦司
榎木津…京本正樹
木場修…古尾谷雅人(今井雅之もいい)
でした。絶対実現しないですけど…(涙)。
久保竣公は織田裕二がいいなあ。
黒くエロく、みっしりとやって頂きたい。


最近の読了本
7/10 『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン
 SFの古典だが、面白かった。けど久しぶりにSF読んだから、SF用語に振り回された。最後にちょっと疑問が残った。続編を読んでみないと!
7/15 『異邦の騎士』島田荘司
 やはり以前読んでいた。途中でジワジワ思い出した。何で忘れていたのか分からないが、再読してみても面白く読めた。
トラックバック(0) | コメント(3) | top▲


少々ショック… ++++++++

2005/07/13 22:38

「異邦の騎士」を読んでいた。
初めは、おお、安部公房みたいだね!とか思いつつ。
70ページほど読んで奇妙な感覚に襲われた。
御手洗さんからレコードを借りた時点で、「この話、読んだ…?」という疑問が生じる。
次第に既読感が強まるが、読んだ記憶が全く思い出せない。
ここまでひどい健忘にあったことがないので少々ショック…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


夕飯1 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/13 00:00

庭園でたそがれていた我々は、戻ってこられた大帝とお姉さまとともに夕食に向かいます。
ともかくもあなたまかせの旅なので(すいません、猫子さま、皆様)、いつのまにかなんば駅にいたことしか…(胡乱)。その日回ったところって、割と近い場所だったのですかね?
私は食事中先に出て帰ることになっていたため、なんば駅?「串揚げ物語」の道のりを何度も振り返ってしつこく確認。スーパーウルトラ方向音痴だから、ドキドキでした。もし店を出て反対方向に行ってしまったら最悪ですから…。

中に入ると、席は4人がけのため、二つに分かれるとのこと。
う?ん、残念でした…。
こちらは食べ放題で、適当に串を取ってきて、席のテーブルにしつらえてある一人分5×5cmくらいの油を入れた鉄釜に入れて揚げるというものでした。自分で小麦粉とパン粉をまぶして揚げる過程も楽しかったです。全然説明になってませんが、いずれ団長が分かりやすく説明してくださるものと…。

「こんなの香港にはないね」
と大帝たちは喜んでくださった模様。
串に刺してある一口サイズの魚介類や肉、野菜を、トロンとした小麦粉につけ、パン粉をまぶして油にぶち込んでいく。
事前にお店の人が説明されていたが、よく聞いていなかったので(というか早口で聞き取れなかった…)紀州さまにお聞きしつつ揚げていく。
一応揚げ時間の目安がついたボードが置いてあったので、それを参考にする。
大帝たちにその時間を説明しようとするも、
「あー…ワンミニッツ……、(紀州さまを見つつ)30秒ってなんて言うんでしたっけ?…すいません、コレ見て下さい!」
「一分半」でさえ説明できない自分はもう駄目です…すみません、大帝…orz
そして途中から、どうやら大帝のお姉さまが揚げていた鉄釜(というか鉄壺というか、四角い鉄の囲いなのですが)の場所を奪って揚げていたようだ(鉄の囲いが4つに仕切ってありました)。すいません、お姉さま。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


プチツアー5 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/11 23:39

ソフトなメイド喫茶を堪能したあと、夕食までどこに行きましょうか?という話になる。もうちょっとみたいCDがある、ということらしくもう一軒グッズなどがおいてある店へ向かう。

その後無印良品に行ったような。あー…記憶欠乏がはなはだしくなってきました…(もとからです…)。
無印のビルはB2?4Fまで無印良品という無印てんこもりでした。
ここではてんでに好きなところを見て、20分後ぐらいに集合ということでひとまずばらける。

「上の階にはタワーレコードもありますよ」
という猫子さまの言葉に
「あー、タワーレコードもいいですねえ…」
と私はタワーレコード探索へ。
タワーレコードには、最近好きなエキセントリックオペラ、P-MODELと平沢進のCDがあった。何じゃ、この「核P-MODEL」というものは?とか色々物色しつつ、アマゾンとかで通販したが安いんじゃー…と思いつつ一つ買ってみる。おまけに「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉オヤジの団扇がついてきた。それをパタパタしつつ、集合場所へ行くと団長と猫子さまがその団扇を見て、それぞれ「オイッ、キタロー」「オイッ、キタロー」と目玉オヤジの声真似をしてくださる。私も真似る。「オイッ、キタロー」…できてるのかなあ…。紀州さまにも是非言っていただきたかった…。
?トリビアの泉風に?
(ある年代以上の)日本人は、ほぼ目玉オヤジの声真似ができる

(後に織名さまもできると判明したことから、全般的にできるのかもしれない…)


それから、まだ少し夕食の時間まで余裕がある、ということで上の部分が庭園になっているショッピングモールへと足を延ばす。

「途中の階に、ペットグッズを売ってる店があるんですよ」
という猫子さまの言葉にワクワクしつつ、そこに立ち寄っていただきました。初めは猫のぬいぐるみを見ていたのですよ。それを買おうか、と思ったのですが。「このサイズは…!…絶対猫が銜えてもてあそんでぼろぼろに!」ということで何となく断念。次にストラップを眺めていると、おお!うちの猫どもにそっくりのものがありますよ!てなことで、家人と自分用に買いました。家人も大変喜んでおりました。ありがとうございます、猫子さま。
私の持つストラップを見ていた大帝のお姉さまに「これ、うちの猫に似てるんですよ?」とか猫バカ丸出しで日本語で話しかける。大帝のお宅でも猫を飼っていたと、英語で聞いたのか大帝に通訳していただいて聞いたのか忘れてしまいましたが、猫の話とかできると良かったですなあ…。お姉さまはヒアリングができるから日本語で話しかけてましたが、英語が話せなくて申し訳ございません…。

そして外の庭園でボーっとくつろぐ。大帝とお姉さまはもう少し中を見てきます?ということで。
「元気ですねえ」庭園に残った我々は、ナゼか憂き世の仕事の話に…(遠い目)。
トラックバック(0) | コメント(3) | top▲


予防接種 ++++++++ 日常

2005/07/11 23:07

土曜日はハニーの予防接種に行った。
まだ幼かった頃のハニーは
「シャー」「フー!」「ケケケ…」
と謎の声を発して威嚇していたため、お医者様からおもむろに革の手袋を渡され、装着して押さえておくように、というお達しをいただいていたものだった。今回はぐっと我慢の子だったようで、「頭をぐりぐり撫でてて下さいねー」というお医者さんの指示のもと、少し押さえつつ撫でていたら、難なく注射終了。大人になったな、姫…!

最近の読了本
6/26 あさのあつこ「バッテリー?」
7/03 あさのあつこ「バッテリー?」
今年上半期で一番夢中になった作品。素晴らしいですなあ…。
7/09 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか」
7/11 「死ぬかと思った6」
家人が「『メアリー・ポピンズ』以来の笑激だった…」と言っていたので読んだ。最近ネタに走っているというか、ウケを狙っている感があったので何かつまんない…と思っていたが、やっぱ読むと笑う。家人のツボは飛行機の訓練の話だったらしい。私は、鍼をしてて鼻から…という話にほぅほぅ…と興味津々、そしてかんしゃく玉の話(爆笑)!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


プチツアー4 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/10 00:21

ア〇メイトは、先ほど行ったおたくの本屋さんの近くなのです…ということで、しばらく道を引き返す。
ア〇メイトで、各々散らばっていく。
私はレジの近くに平積みしてある本を物色。
ちょうどマーガレット版『マリみて』の「ロサ・カニーナ」が発売されて間もなかったので、「志摩子さん、可愛かった…」「『なかきよ』が…」との言葉が同行の猫子さまと団長の口から漏れる。
私はまだ購入していなかったため、よし、帰りの新幹線で読もう!と『神無月の巫女』2巻とともに購入。ア〇メイトって、ビニールカバーくれるから嬉しいなあ…。

大帝は、あったのかどうか聞きそびれましたが、何かレジでお問い合わせをされていた模様。

その後再びメイド喫茶へ。
メイド喫茶って、真鋳のドアノブがついてて、中が見えないような作りになった秘密倶楽部の趣だと勝手にイメージしてたのですが。こちらは赤と白のビニールのひさしが表通りにかかっていて、ガラス張りの普通の可愛い喫茶店でやわらかい雰囲気でした。

入店すると、「お帰りなさいませ」とか声をかけられてビビる。ああ、メイド喫茶ってこういうのがデフォなのですね…(笑)。
メイドさんの服は、イメージしていたより、ちゃらちゃらしてなくて、好みでした。スカートも長いのと膝くらいまでのとあって清楚な感じギリギリのラインで。
席も6人掛けに納まれたのでよかったです。
団長と猫子さま、紀州さまは、微妙に違っていたと思いますが、グラスの中に剥いたゴロっとしたレモンが入ったペリエ系の飲み物だったと。私はミックスジュース。大帝と大帝のお姉さまにメニューを説明する際、
「カルピスってどういう味ですか?」
と尋ねる大帝に皆は「ヨーグルト系で…」と真面目に説明されているのに「初恋の味…」とか呟いたのを猫子さまに聞かれ、「満吉さん、ヲトメですねえ」とコメントされる(汗)。いえ、ヲトメじゃないと思います。激しくオヤジです…。
その後大帝とお姉さまはグレープフルーツジュース、オレンジジュースを無難に選択。ヨーグルトはお嫌いらしいですが、カルピスうまいですよ…。

なかなか来ないジュース類を待つ間、団長が翌日行かれる京都のガイド本や地図帳を出される。いろいろと用意周到で素晴らしいです。
京都の甘味処を、紀州さま、猫子さまが「ここが美味しいです」と説明されるのを聞いて激しく食欲が刺激される。いいなあ、京都…。
その後、地図帳で、「私が住んでるのはここ?」とか、ラブ茶メンバーの大雑把な所在地をご説明。いや?、地図帳で見ると、本当に住んでいる地域がバラバラですね!

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


プチツアー3 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/08 23:54

おたくの本屋さんを出たあと、目指すのはメイド喫茶ですよ。
猫子さまのあとをついていく。

路中で紀州さまと、何となく『ナチュラル・ウーマン』の話になる。
松浦理英子、大好きですよ!『ナチュラル・ウーマン』なんでか3冊持ってますよ…。『葬儀の日』とかもいいですよねー…。
けど『裏バージョン』は、イタそうだからまだ読んでないです。
映画版の『ナチュラル・ウーマン』のラストは、ありゃー、何か!と次第に興奮してしまい、誠に申し訳ございませんでした、紀州さま…(平伏)。緒川たまきの演ずる花世は素晴らしく良かった…と話せて楽しかったです。

そうこうするうちに、路地の奥の方にメイドさんを発見! 何だか男性陣に囲まれていました。むむ、この奥か…?と思っていたら猫子さまはスルー。どうやら別の喫茶店らしい。


メイド喫茶って、何かのテレビの特集でちょろっと見ていたら、衣装が本当にコスプレみたいで、ちゃらちゃらしてる感じだったから、自分としては「あー…(汗)」だった。どうせなら、もっとコテコテの、ストイックなメイド服が好みなんだYO!「ハイジ」のクララの屋敷にいる、ぶすっとしたメイドさんのイメージが近いのかもしれない。ロッテンマイヤーさんまで行くとちょっと違うか。関係ないが、旦那様とメイドさんの恋愛話の同人誌、早く続きが読みたい…。


案内されたのは、道沿いにある、一見普通の喫茶店。
店名は「e-maid」だっただろうか。表に並べてあるプラスチックメニューも充実していて、感じがよいお店です。客層は、むさくるしい野郎どもばかり…というわけでもなく、落ち着いた雰囲気でした。
店内に入るとただいま満席。空いたとしても、6人もいるからばらけて座ることになりそうですねーという雰囲気。
とりあえず、席が空いたら連絡してもらうことにして、携帯番号を伝えた後、一旦店を出ることに。

ではその間、どこにいきましょうか?という話になり、大帝がア〇メイトをご希望。ア〇メイトに出発?。
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


ゲームバトン ++++++++ ゲーム

2005/07/07 23:44

コウさまからゲームバトンが回ってきました。
どこまでも広がるバトン…。おそろしい子!

<VIDEOGAME BATON>
■Total volume of the game files on my computer(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)
コンピュータに入ってるのはマリみて関連の「シンデレラ」と「マリ・アン・ゼロ」。あと、上海、麻雀。

■The game(s) playing right now(今進行中のテレビゲーム)
放置してるのがたくさん…。
・「リンダキューブアゲイン」(PS)
 「俺の屍を越えてゆけ」と「ガンパレード・マーチ」をしてみて、アルファシステムのゲーム観は面白いなあ…と思ったので買った。動物をオス・メス2体集めるというゲーム。
・「ファイアーエンブレム」のGBAで最初に出たのと、3作目の王子王女分岐シナリオの奴。私は王女編をしてます。(GBA)
・「逆転裁判」(GBA)
・「ティアリング・サーガ」(PS)
・「テイルズ・オブ・ファンタジア」(PS)
・「バイオハザード コードベロニカ」(DC)
・「ICO」(PS2)
 1時間やって。目が回り頭痛がしてできなくなった(涙)。続きがやりたいが、また具合が悪くなる気がするのでできない。3Dゲームは無理なのかもしれない…。
…一体いくつ放置する気なのか!

■The last video game(s) I bought(最後に買ったテレビゲーム)
昨日買った「信長の野望 将星録」。(最近めったに行かないが珍しく行ったですよ)
確か織名さまにご紹介いただいたうちの一つだった…と思って手に取った。裏のゲーム画面の紹介を見て「これはオウガバトルシステム!?」と嬉しくなって買ってしまった。一体いつやるつもりなのか…。

■Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me(よく遊ぶ、または特別な思い入れのある 5 作)
・「タクティクス・オウガ」(SFCもSSもPS版も持っている…)
 SRPが好きですが、これが一番好きなゲーム。
 途中でカオス・ニュートラル・ロウルートと3種類のルートに分岐する。どのルートも多分3回はやっている。死者の宮殿も100階まで一度のゲームにつき2回は行っていると思う。けどギルバルトエンディングを観たことがない。バッドエンディングも好きだ。今もやりたいが、きっとまた夢中になるのでひかえている。研究発表の準備の際、逃避して夢中になりすぎ、先生にメタメタにやられた記憶も懐かしい…。
・「ファイアーエンブレム 聖戦の系譜」(SFC)
 愛してしまったようじゃ。
 親子2世代で戦うSRP。親の恋愛相手で生まれる子供の持つスキルが変わるのも面白かった。そして親の愛着具合で、こいつとこいつをカップルにする!と戦闘そっちのけでカップル成立に賭けた。ゲームキューブにでも移植してくれないだろうか…。アイラの相手は個人的にはレックスが好きだが、レックスのエリートスキルはすぐ子供が成長するので面白くない。アイラとフィンの間のドラマも想像するととてもいい。けどフィンの相手はラケシスも好きだ。
・「ガンパレード・マーチ」(PS)
 野郎同士のお弁当の交換、という情報がその最初のイメージだった。しかし、始まった途端、芝村舞に夢中になった。そして原さんにも夢中になった。刺されて一片の悔い無しだった。善行・原さん・若宮の三角関係というか、この関係の微妙さが大好きだ。瀬戸口と壬生屋、ののみの関係の微妙さもいい。
・「伝説のオウガバトル」(SFC、PC版がある)
 オウガ繋がりでやり始めた。タクティクス・オウガとシステムは全く違うが、主人公が強くなりすぎると民衆の支持率が下がるのも面白い。都市を解放しに行って「ブーブー」というブーイングが聞こえると凹む。
・「風来のシレン」(SFC、ニンテンドー64)
「1000回遊べるゲーム」という宣伝文句の通り、かなりの回数遊んだ。しかし最下層までたどりついていない…。ヘボめ!

あとは「オレシカ」も挙げたかったですが、次点。今度やるときは「小笠原家」でしようかな…ああ、けど神と交神しないといけないと思うと…。
あとは「ソウルハッカーズ」も好きだな?。

■Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)
えー、いつも回していただいている団長。saiさま、お願いします?!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


マリみてバトン? ++++++++ マリみて

2005/07/05 23:50

…あまりの回線の遅さにぶちきれそうになりつつ頑張って答えてみるとです。

マリみてバトンが回ってきました。
カテゴリに「マリみて」をつくりつつ、何も書いてなかったので初マリみてカテゴリ!
だって他のサイトさまが熱く語っていらっしゃるので書くことなかったし…(伏し目)。

〇コンピュータに入っているマリみてファイルの容量(イラスト・画像、音楽・ゲームファイルなど)
PC音痴にこんなことを聞いてはいけません(涙)。
全然分からんわ…。
そんなに入ってないです。
ゲームですと自宅のに「シンデレラ」というドンジャラ、他宅のに「マリ・アン・ゼロ」というウノが入ってます。
あとは他宅のに画像などを保存していたのですが(や、健全ですよ?)。それを発見され、「あんたが画像などを保存してるからPCの動きが遅いっちゃん!」と叱られマスタ…。

〇今、見聴きしているマリみての原作・コミック版・アニメ(DVD)・音楽などのタイトル(サブタイ)
最新刊『薔薇のミルフィーユ』です。
アニみて総集編を観ようと思いつつ見てません。
マガレト版も積読中…(伏し目)。

〇最後に買ったマリみて関連品(書籍、CD・DVD、グッズ、同人誌など)
『薔薇のミルフィーユ』でぃす。

〇思い入れのあるマリみてキャラ5人
・もちろん小笠原祥子さまですよ!
 何かこう、一見完璧に見えて、脆そうなバランスが壺りました。そして誰かと交わって成長していく過程を見守っていきたい感じです。
・福沢祐巳
 地の文での鋭いツッコミが好きだ。そして時折うっかり八兵衛的なところが、自分と一番似ている…orz
・水野蓉子さま
 努力型の優等生で、苦労性のところがいいですね?。
(あー。紅薔薇スキーなんです…)
・藤堂志摩子
 何かストイックなところが…。
5人目が難しかった…。佐藤聖さまか清子おばさまですね。
 聖さまはおいしいところを持っていくキャラだから…(涙)。一人勝ちですよね。
 清子おばさまは、祥子さまとそっくりであの天然っぷりなんですよ!萌えですよ。

〇次にロザリオを渡す5人
…ロザリオ。語弊があるというか、罪作りな言い方ですね?、このバトン(笑)。
いつも回させていただいているコウさまには団長が回されてるので、このバトンなら熱く語ってくれそうな、優貴さまにお願いしたいところです。もうどなたか回されてるかと思いますが、重複しててもよいのですよね?

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


プチツアー続編 ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/07/03 00:02

えーと。途中、道具街(?)といった感じのところを通ったと思うのですがあれはいつでしたっけ…(胡乱)。
道具街はリアル食玩(喫茶店やお店のプラスチックのメニュー見本のミニチュア版)とかたこやき機、お店を出す時に使う諸々の道具が売ってあって楽しかったですね?。これは何だろう?と眺めてたら「これはいかやき機です」と紀州さまに説明していただく。あー、そういえば、あの粉のいか焼きもう一度食べてみたかったな…。

リアル食玩、『タケコさんの恋人』では「外国のかたはこういうものも興味深いみたいで結構喜ばれる」みたいに紹介されてましたね?。楽しかったです。けど値段書いてないし、見てたらお店のおばちゃんたちが壊さないか警戒してか、すぐ寄って来るのでじっくり見られなかったのが残念です。

そして炎天下の中、猫子さまのご案内のもと、ま○だらけにたどりつく。
大帝のお姉さま、団長、紀州さまには一階の一般書籍コーナーでお待ちいただく。上の薄い本コーナーに行ったのは大帝と猫子さまと私だけでしたね…。
大帝は頼まれていたご本やいろいろ探されるとのこと。私は男性向けに行ってみました…。猫子さまは女性向けのマリみてコーナーを見ておられたとのこと。しまった!大阪のま〇だらけは両方に分散していましたね…。
ここで男性向けについて猫子さまのナイスコメントがありましたが、許可を取ってないので規制いたします。
では許可をいただいたので追記して…。
私「男性向けの方には行かないのですか?」
猫子さま「だって陵辱系嫌いですし。それに本に汁がついていそうでイヤじゃないですか」
私「あー、そうですねー…」
とかいう言葉が印象的でした…(笑)。


…確かに(汗)。猫子さま、ナイスコメントです(笑)!同感です。けど愛あるものは好きですわー…。
大帝は頼まれていた本などを見つけられたとのこと。
では、下でお待たせしてますしね、とさっと見て階下へ。
お姉さまは漫画などにあまり興味がないとお聞きしてましたが、階下で何か買われた模様。
やー、とりあえずお姉さまもこの雰囲気を味わわれたのですね?。どう思われたのか心配ですが…。
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


ミュージックバトン、キター(汗)! ++++++++ 音楽

2005/07/01 23:30

われ泣きぬれてPCと戯る…
今日も敗北した。いいんじゃ、この地方は期日通りに本は来ないんじゃ…orz


団長からミュージックバトンが回ってきましたよ…!
ログで「リズさまとマンちゃんに回そう」という言葉を見て以来、「…!」と衝撃を受けていましたが(汗)。だって誰も知らん歌しか出てこないので…。
Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
入ってません。
各方々の回答を見て、「ああ、PCに音楽ファイルって入れられるんだっけ…」とか思った次第です。ていうか私の聴くのはマイナーですから、田舎のレンタル屋にはなくて、聴きたいのはCD買ってますので…。そしてPCで音楽を聴くという発想もありませんでした。しかし最近家に帰ってみると私のCDデッキはどこかに移動しており発見してみると「コンセント知らん?」「さあ?」と言われる状態…。最近、家にいるときは「にゃちこさま」(私のPC名)で聴いてます。
Song playing right now (今聞いている曲)
P-MODEL「2D OR NOT 2D」
かっちょいいよ、P-MODEL!
種ともこ
アガルタ「リベンジ・オブ・アガルタ」
歌詞カード見てて「あー、『ボーゲン天国』かと思ってたら『ボーケン天国』か…」とか思ったり…

The last CD I bought (最後に買ったCD)
P-MODEL「ゴールデン☆ベスト」
先日大阪で購入。
タワーレコードにいったらP-MODELと平沢進がたくさんあって興奮しました。後で通販で買えるじゃろうもん?と思いつつも買ってしまいましたよ。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
角松敏生「NO END SUMMER」
ある日ラジオで流れていて、それ以来角松にはまりました。
アヴァンギャルドな曲も好きですが、凍結後の突き抜けちゃったような角松も好きです。

大滝詠一「君は天然色」
友人のお兄さんのカセットを無断拝借しました(汗)。や、友人の家で聴いてて「好きなら借りてっていいよ?」と言われて、ダビングのために借りたのです…。その後返しましたよ。お兄さん、すいません…。
『LONG VACATION』に入ってる曲好きだなあ。
その後大滝詠一→はっぴいえんど→YMO→高橋幸宏→サディスティック・ミカ・バンド…と延々と興味が広がっていきました。

種ともこ「謝々ByeBye」
やー、可愛すぎる選曲ですな! きっかけは同人誌の中に同じタイトルの話がありまして(汗)。「あー、もともとこの曲からタイトルを取ったんだなー」と興味を持って聴き始めました。りう様のミュージックバトンで「種ともこの提供曲で…」といったお話があって「あ、提供もしてるんだ…」と思いました。そしてりう様のところで種ともこの名を見て以来、なんだかマイブームがやってきました。2,3日ずっと、種ともこ聴いてます。『CheCheーByeBye』とか『感傷』の中の「からたちの花」「ママ」「はい、チーズ!」とか。

平沢進「ロタティオン」
平沢さんは仕事の時に聴くと高揚します。
歌詞が抽象的で面白いから。
歌詞って物語性があると、つい曲を追ってしまって考え事ができないのですが、テクノはいいですな。

エキセントリック・オペラ「ジュピター」
ホルストの「惑星」のアレンジ曲です。
エキオペは二人組のアカペラユニットみたいです(すいません、よく知りません)。クラシックとかアレンジしてあります。第9とかチャイコフスキーの1番も好きだなあ…。
これも仕事の時によく聴きます。無音でルーチンワークしてると気が狂いそうです。由乃さん(仮)は家に持って帰ってしたくないそうですが、私は会社でしたくないです。だって飽きても逃げ場がないし…。

まだ挙げたいですが(ていうかもう5曲あげましたよ…)。また後日。
そしてバトンを渡すのは、誰が渡ってないのかもう分かりませんで、申し訳ない!


トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。