Top | RSS | Admin

2005.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2005.07


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


ハリー・アップと呼び合え?♪ ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/06/29 00:27

自宅に帰るとあまりの回線の遅さに更新しなくなるかもしれませんので取り急ぎオフレポの続きを。どなたもレポを書いていらっしゃらないときに書くと記憶がめちゃくちゃなのがよくわかるレポでぃす…。

アイスキャンディーとソフトクリームを食べて交差点待ちをしてました。紀州さまが「ちょっと頼まれものされてたんやー」と薬局へ寄られた。
確かその間に琴音さまから電話があったのだと。
私と猫子さまはちょっと溶け始めたアイスキャンディーと格闘していた頃で、団長から「はい?(笑)」と渡され「ちょっと待って下さいー(汗)」状態に。
交差点を渡りながら、琴音さまにまたガンパレの続きしたらレポして下さいね?とかお願いする。
道々団長が大帝に「ほら、ふぐですよ」など通りに出ている看板を説明されている。
大帝に「ふぐは毒でしょう? なんで食べるんですか?」との質問がされていたようですが、全員まともに解答してません。大帝すみません…。
あと団長から法善寺横町について「『芸の?ためなら?女房も泣かす?』というヤツはどう説明します?」との質問に「…ヒモ?」とか団長と猫子さまを脱力させる解答をしてすみません…。あれは…売れない芸人の話? 「man on the moon」みたいな話ですか?しかし「『芸』はカタカナの『ゲイ』の方を連想してみたり…」という猫子さまのお言葉から話題が移ってしまう辺りが(笑)。

その後、グリコの看板を見たり、食い倒れ人形を見たりする。グリコの看板がある辺りは、川に沿って遊歩道ができていて、新しくなってました。そしてドン・キホーテには微妙な観覧車ができていた。

次に向かうのはビックカメラ内にある、本屋と100円均一。本屋は、薄い本などが置いてあるところでぃす。
こちらの本屋はBL主体とのこと。大帝は頼まれものがあるとのことで、探し物です。私もついでに物色。アベミハはあるけど、私は花井君のが読みたいよ…。
100円均一では、大帝のお姉さまが持っていたリラックマグッズに「それいいですね?」と猫子さまと反応し、購入してしまう。可愛いよリラックマ可愛いよ…。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大帝とお会いする ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/06/28 23:25

待ち合わせは再びロケット広場。

4人で暫しウロウロする。
「どの二人連れか分からないですね…」

やがて私たちの横10メートル辺りに暫くいらっしゃった二人連れが近づいてこられました。
御猫大帝とお姉さまでした。お二人とも素敵な方で。大帝はさわやかな感じで、お姉さまは優しげな感じです。そして二人とも細い、細いよ! んー、大陸の方は、背筋がまっすぐ伸びてて、ほっそりしてて芯が通っている感じです。
第一声は忘れました。もうアルツです。団長と猫子さまは確か一発で当てられたと。そして紀州さまが名乗られて、「じゃあ満吉さんですねー」と大帝から言われました。すいません、またご挨拶が遅れまして…。けど(あー。FOLさんじゃないんだ…)とか思ってまして。大帝にはチャットで「FOLさん」って呼ばれるので、どう呼ばれるのかと思っていました(笑)。ていうか大帝、日本語うまいです。筆談の必要なしですね。

まずは「ぼてじゅう本店」へ。
モダン焼き、ネギ焼き、そばめしを注文。
モダン焼きはお店の方に焼いてもらうことに。
ソースは甘口、中辛、辛口、ピリ辛の4種。
「どれがいいですか?」とずらずらと並べる。
焼きあがる時間、「日本で何食べました?」「天ぷらです」など、色々尋ねる。
団長がルーズリーフを出し、今から食べるお好み焼きを筆談で説明。
焼きあがったお好み焼きを猫子さまに取り分けていただく。「ぼてじゅう」のお好み焼きって上品な感じですね。
その後、店のほうで焼いてもらっていたネギ焼きとそばめしも食べる。大帝はモダン焼きが良かったそうですが、お好み焼きも店によって色々なんで、また機会がありましたらお食べ下さい?。

食事後は、アーケード内にある551へ。
551っていうと肉まんのイメージだったのですが、肉まんは今の時期、食べられないか、時間が掛かるとかの説明だったのか…(すいません、猫子さませっかく説明していただいたのに…)、いただくのはアイスキャンディーとソフトクリームですよ。私は猫子さまご推薦のフルーツを購入。ミルク味で、中に凍ったイチゴとかフルーツが入っていて旨かったです。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ちょっと無謀になりにゆく ++++++++ 大阪2005.06オフ

2005/06/27 22:47

「おかねはつかうためにある」
と、鳥居江利子さまも言っていらっしゃいます。
(同人誌「マリアントきゅーぶ」の中で。そして祥子さまは(私にとっては)超高額のお買い物を。…これはもともとWeb漫画連載みたいで、ネットで見られるようですね。)ttp://steed.keddy.ne.jp/index.html
ブックバトンで、いつか出会いはやってきますとも書きました。けど、それが難しいこともあります。門を叩かないと開けて貰えないこともあります。
そして時間とお金はそのために、有意義に使わないといけません。

そうだ、大阪行こう。日帰りで。

6月26、27日は御猫大帝来日に合わせてのオフ会でした。
26日のみ無理矢理参加させていただきました。
団長、猫子さま、一週間を切った時点で言い出してすみませんでした(平伏)。

5:30家を出発。ちょうどいい時間がなかったんじゃ…。
博多駅では少し時間があったため、ミスドで「おはようセット」なるものを食べる。ドーナツ一つと飲み物なだけですが。その後新幹線に無事乗車。滑り出しは快調ですよ!
本はあさのあつこの「バッテリー?」。けど眠くて読む気がしません。MDで同じ曲を何度もリピートしてぼんやりしてる段階で、もうダメです。…岡山まで寝落ち。

岡山で起きて本を読み出す。9:51、あっさりと大阪到着。
団長とロケット広場で10:30待ち合わせだったため、楽勝じゃーんと思っていました。新大阪駅構内のとき、団長からお電話が入っていましたが、かけ直すも繋がらず、地下鉄に乗る。
実は待ち合わせ場所のロケット広場の場所、覚えてませんでした。行けば思い出すかと思っていたけど何ともなりませんでした。なんば駅構内で座礁…。
あと5分でたどり着ける自信がなかったため、団長に救出を求める。的確な指示により、速やかにサルベージされる。ていうか迷っていた場所からすぐのところでしたよ、ロケット広場…。この方向音痴め!

団長とどうもどうもとご挨拶。紀州さまと猫子さまもこの時間で来られるとのことで、キョロキョロする。
紀州さま、猫子さまとも無事合流。
おお!猫子さまのフリフリを見ることができて眼福です。黒系統でシックな装いですね!紅薔薇のコサージュが素敵です。

御猫大帝と大帝のお姉さまとは、一時間後に待ち合わせとのことで、その間本日のルートを伺うことに。
喫茶店「英國屋」で一服と相成る。
紀州さまはグリーンティー、朝食がまだの猫子さまはサンドイッチセット、まさやんさまはホットコーヒー、私はアイスココア。
猫子さまがメモ帳を取り出し、今日のざっとした日程を紹介してくださる。大帝のお姉さまがどこまで許してくださるのか分からないので(笑)、軽めのコースで行きましょう!ということに。
その後はブックバトンで出た「一緒に遭難したい人」や西原理恵子の話になる。あと、ミュージックバトンで出たザバダック。

そして大帝との約束の時刻が近づいてまいりましたよ!


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


?がないのはどうすれば… ++++++++

2005/06/25 22:21

本日の読了本は、あさのあつこの「バッテリー?」「バッテリー?」。
すごいよ、この作品…。
やー、天才の幼馴染を持った瑞垣くんの複雑な屈折もわかるよ…。

また「神無月の巫女」を見てました。これって恩田陸の「ライオンハート」っぽくもある気がする。たった一人の相手との、心が震える逢瀬のために、何度も何度も転生するんだね…、てなことを思ったのですよ! 何度も転生してるという設定ならば。
ていうかコメンタリー音声で見てたら、最終巻で「第2弾も作れるといいですよねー」とか声優さんたちが言い出して。これってやっぱ「働きかけを…」という圧力があったのだろうか?本当に本心?とちょっと気になりましたね。本心でやりたいと思ってらっしゃるのなら嬉しいですがね?。コメンタリー音声楽しかった…。

世界の車窓から。
明日は大帝と行く大阪の旅をお送り致します。
(絶対無理…)


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


Book Baton ++++++++

2005/06/23 23:09

え?まさやん団長から恐れ多くもバトンをいただきまして(汗)。ブックバトンなるものをしてみる所存です。

●持っている本の冊数
……数えられません。沢山。床抜けそう。(けど本専用倉庫まで持ってる団長には敵いません…)先日の地震で「抜けたかも!?」とマジでドキドキしました。もうできるだけ買うまいと決心しつつ増えていく本…。図書館、古本屋などで中身をチェックして「これは!」と思う本を買っている状態なんですが。

●今読みかけの本 or 読もうと思っている本
図書館で借りているのは
・あさのあつこ「バッテリー?、?」(まだ?が図書館に戻って来てないので積読状態…泣)
・岩城宏之「オーケストラの職人たち」
・加納朋子「レインレイン・ボウ」
・北村薫「ミステリ12ヶ月」
・小松左京「復活の日」
です。
読みかけのは大分前から
・井上ひさし「東京セブンローズ」
・夏目漱石「明暗」
・夢野久作「ドグラ・マグラ」
でぃす(伏し目)。

●最後に買った本(既読、未読問わず)
ブックオフで買った
・浅田次郎「プリズンホテル春」(読んでいるといつも泣いてしまう)
・井上ひさし「本の運命」
・恩田陸「麦の海に沈む果実」
・レイ・ブラッドベリ「10月はたそがれの国」
です。てかブログを始めたときの備忘録のリストのまま…それ以来買ってないのか…?

●特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)
これは趣旨としてはよく再読するものでしょうかね?
・L・M・モンゴメリの「赤毛のアン」シリーズ
 琴音さまもあげていらっしゃいますが、私も思い出の本で。中学生のころ、毎日一冊ずつ楽しみにして読みました。そしてこれまた琴音さまと感想がかぶりますが、前半部分が好きです。「赤毛のアン」と「アンの愛情」をよく読みなおします。
「マリアさまがみてる」も最初のころは一日一冊読み進めて楽しかったなあ…。
・E・R・バローズの「火星のプリンセス」シリーズ。
火星シリーズの前半3部作が大好きです。バローズはどちらかというと「ターザンシリーズ」が有名なのでしょうか?これも好きです。1巻のジェーンとの切ない恋が泣ける。「ア?アア?」ばっかり言ってるただのマッチョじゃないんじゃよ! 2巻以降は人間世界でグレイストーク卿として生きるターザンが人間界の虚飾に倦みつつ暮らす、みたいな展開だったでしょうかね? ターザンは24巻だか26巻まで続きがあるんですよ? いつか全巻揃えようと思いつつまだ…。あと、「ペルシダーシリーズ」もイイ。
私は時折、「このチャンスを逃していたら、私はこの作家にめぐり合う機会はあったのだろうか?」とよく思いますが、バローズに関しては3度も出会っていることになるので、何に関しても、好きなものにはいつか出会えるものだと信じています(笑)。
・向田邦子「父の詫び状」(「夜中の薔薇」「無名仮名人名簿」)
威張りんぼうで意地っ張りで怒りっぽい家長の父、旦那に従いつつ要所でうまく旦那を操縦する母、粋な祖母、しっかり者の長女と弟妹たち…といった昭和の家族?という感じに憧れます。もう何か懐かしくて、笑ったり泣いたりしますよ…。
・北村薫「リセット」
これを読んだあと、夜中に獅子座流星群を見ました。
「円紫師匠と私」シリーズとどちらにしようかと思いましたが。「円紫師匠と私」シリーズでは、「空飛ぶ馬」「秋の花」「六の宮の姫君」とかが好きです。
・西澤保彦「依存」
タカチはいい女だ。好きだ!イメージとしてはガンパレの原さんみたいなクールビューティー。(タカチの髪はロングみたいですがね)
これから読む人がいるのかどうか疑問ですが、このシリーズは「麦酒の家の冒険」→「解体諸因」→「仔羊たちの聖夜」→「スコッチゲーム」→「依存」→「謎亭論処」→「黒の貴婦人」の順で読んだ方がいいかと。テーマは家族間にある確執が取り上げられることが多いので重いです。「麦酒の家の冒険」だけは、純粋な推理ゲームといった趣ですがねー。あーけどあれも…。
あと
・浅田次郎「蒼穹の昴」「プリズンホテル」
もいいですが、6個になっちゃった…。ていうか作品名5個に絞ってないじゃん! 作家を6名あげている…。5個とか絞れません(泣)! 優柔不断です…。
あとは一橋さまの書かれていた「ナチュラルウーマン」、団長の書かれていた「アルジャーノンに花束を」「夏への扉」も激しくいいですなあ…。

●次にまわす人5人まで
えー…、どなたも回すにはかなり失礼かと躊躇してしまうのですが(汗)。ここ読まれてないと思いますが、コウさま&シュンさまの日記に書いてある本の題名を読むと、どんな本が好きなのか非常に気になります…。
トラックバック(0) | コメント(4) | top▲


いざ進め暴言天国? ++++++++ 神無月の巫女

2005/06/20 22:02

本編を見てコメンタリーを観ている。
一編一編あるのか?なんだか楽しげですねえ。

EDを見てのコメンタリー音声。
「なんか姫子の方が積極的に見えない?」
「思う思う?」
との言葉。
私もそう思いましたとも!
そして千歌音ちゃんは受だと。(ていうかリバ推奨ですが)

しかし「神無月の巫女」は10月の話だと勝手に思ってけどいつでつか…?マコちゃんのインターハイのこととか考えると初夏?(けど文化部だったのでインターハイがいつなのかも知らんのだよ…)

千歌音ちゃんの横顔は、時折前髪があしたのジョーばりに流れて落ちかかっていて祥子さまのアホ毛も真っ青ですな(笑)!

ああ、映像を観ていて思い出した。千歌音ちゃんの後ろ髪だよ!
あの切り揃ってないバサバサさはないじゃろう!と思ったのだった。
そしてちょっと長すぎでぃすよ。
姫子も髪の毛切り揃ってないけど、時折揃っている。けど宮様はいつも真ん中が長い。これはお嬢様としてどうなのか!
宮さまの後ろ髪を切り揃えて差し上げたい…。

いや、千歌音ちゃんには愛をビシバシ感じましたけど、もう全編いろいろ突っ込みたいことの嵐だった…。けど思い返してみると何に受けたのかもう忘れてしまっている…。オカモチさまや基中さまのサイトの熱さが素晴らしいと思いました。



トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


まさに直球ストレート ++++++++ 神無月の巫女

2005/06/20 00:16

ようやく「神無月の巫女」を全部観た。
なかなか来ないDVD2巻におあずけのわんこ状態だった。
もう2巻すっとばして3巻から観るか…いやいや!それは…と葛藤する。金曜日にやっと来た。帰ってきて4時間以上通して観た。
今もまだフィーバー状態です。

何だかもう、素晴らしいの一言です。ここまでやってくれると清清しい!…というか?
惜しむらくは2クールじゃなかったため、話詰め込みすぎ…という印象が残ったところか。2クールだとな、きっとウテナみたいに幕間劇みたいなエピソードもできて楽しかったと思うなあ…。「カレーなるハイトリップ」とか「二人の永遠黙示録(これは幕間じゃないけど)」的なものが観たかった…。そしてもっと千歌音ちゃんに萌え萌えしたかった…。これはドラマCDとかで補足しようという腹か? うー、私耳が悪いからドラマCD苦手なんじゃ…。
そういや、端々を見て「ウテナ…」とか思った。OPとか最終話の繋いでいた手が離れて…とか。

10月始まりなところも、「神無月の巫女」というこだわり…?作中では一ヶ月間の話らしいし。サイトチェックが甘いのでいろいろ見てないので知らない…。
しかしこれは、千歌音ちゃんの切なさに悶える作品でした。悶えた悶えた…。DVD一巻を観てちょろちょろサイトチェックをしていたため、だいたいネタバレしつつ観たわけですが、それでも素晴らしかった。
ああ、千歌音ちゃん…(涙)と、千歌音ちゃんの姫子への想いに打たれましたよ。姫子が仔犬みたいになついて抱きついてきたり色々相談したりすりゃ、そら宮様切ないよ…(涙)。好きな子から他の子と間の恋愛の相談とかされた日にゃー…。
「姫子が幸せならそれでいい」とか「姫子が笑顔でいられるなら…」とかな。そしてまあ同性愛では定番の「私の『好き』とあなたの『好き』は違うの」とかいう直球台詞がリアルで聞けるとは。

転生ネタだとは聞いてて、『ぼくの地球を守って』とか『リセット』だと転生の年齢差があるし、16歳で転生したら32歳と16歳か…これはこれで!だが万人を納得させるのにはどうするのかな?と思っていたけど、ああいう手ですか! 全話通してみる前に、某所で中学生と大学生のネタとか見て(ドコ見てますか…orz)、この年齢差は…?と思っていたけど、転生後は何でもありの世界ですな!
しかしスタッフは続編を作りたさそうですが、この後どう展開する気なのか。観てみたいがあまりにこじつけたのは観たくないというか。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


掃除 ++++++++ 日常

2005/06/19 23:30

本日の読了本はトニー・ケンリックの『リリアンと悪党ども』
小悪党バリーとその被害にあってバリーを軽蔑してるエラ、孤児のリリアンが擬似家族となって織り成すひと騒動。リリアンがね、しおらしくなくて、9歳にしてチェーンスモーカー、競馬新聞をみてるやせっぽちの口が悪い女の子のところがまた(笑)。けど後書きにもあったけど、リリアンにもっと活躍して欲しかったなー。
こんなものを書いてみたくて書いたという、西澤保彦の「方舟は冬の国へ」が状況的には切なくていいですがね。好きになっちゃいけない人を好きになっていく擬似家族…。
キングの「ファイアスターター」と宮部みゆきの「クロスファイア」、「盗まれた町」と恩田陸の「月の裏側」と、触発されて書かれた作品も読み比べていくと面白いですねー。

今日は前から気になっていた水槽の掃除。
一年ほど自宅にほぼいなかったため、掃除が行き届いていない。先日、上にある、水を循環させているろ過装置の部分をみたら「うわーお…」となった。たまに帰って替えていたけど最近替えてなかったし。
砂も替えなくてはいけないが、とりあえずろ過装置のスポンジ部分とヌマエビと貝を買って応急処置。
そして洗えるところは取り外して外の水道で洗っていたら蚊に取り囲まれる。初めに短パンを穿いていたらギャー!物凄いことに!!慌ててジーンズに履き替え。というかこの時期に短パンで外に出るのは無謀デスタ。
水も替えてみたがまだ汚い。来週はまた出来ないかもしれないし…。ヌマエビと貝よ、頑張ってくれ…(他力本願)。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


直球ストレート ++++++++

2005/06/15 23:30

本日の読了本は恩田陸の「蛇行する川のほとり」
ちょっと!直球ストレートが…!と思ったのにこの切なさをどうすればよいのですか(涙)!!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」 ++++++++ 神無月の巫女

2005/06/14 22:48

「馬鹿だ、僕は馬鹿だ」
…ついに買ってしまった…

馬鹿です。
とうとう「神無月の巫女」を注文してしまったとです。
中古品も含めたので発送元は複数に渡りました。
今日くらいには届くのかもしれん、と思って帰ってきました。
荷物は複数届いていました。
…2巻だけ届いていなかったとです…!orz
3?6巻があっても生殺しです。

気を取り直して昨日の読了本は『西の善き魔女』「4・星の詩の巻」。
この外伝の続きが更に気になるのですが。もう続きないのか…?(あまりの回線の遅さに調べる気にもならんわ)
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


喫茶店?喫茶店?飲み屋 ++++++++ 福岡05GWオフ会

2005/06/11 23:56

一風堂前で一真さまと別れ、中で慌しくまさやんさまと別れ、食事後にsaiさま、明日紀さまと別れた後は喫茶店で過ごした。

喫茶店で志音さまから、東京オフ会の様子を携帯で撮ったものを見せていただく。コウさまの足に抱きついている夏越月さまとかいろいろな写真がある。そういえば太宰府で私もいつの間にか撮られていた…。お手水で手を洗っている間抜けなところを(笑)。
私も志音さまとりうさまの恋人つなぎのシーンを写真を収めようかと思っていたけれど、なかなかうまくいきませんでした。残念…。
途中、横で騒動が起こっているので見てみると、夏越月さまが飲み物に入っている氷を食べるかどうかで格闘中だった(笑)。

喫茶店の後は、志音さまとりうさまはアニメイトに行かれるということでお別れ。
その後、確か博多駅まで行ったのでしたっけ…?(他の方のオフレポがない部分の記憶は飛んでいる…)
構内でこの後の新幹線で帰られる一橋さま、紀州さま、夏越月さま、柚原さまとお別れ(したはず。スミマセンスミマセン、どこでだったか記憶が…)。

この後、優貴さまとタキさまと夕食を食べに行くことにする。お邪魔かなと思いましたが、混じってすみません(汗)。博多駅のロッカーから荷物を出す。
再び天神に戻った一行はまたも喫茶店へ。
タキさまの会社で机の上を掃除した話などを聞く。
「マンちゃんの机はどうですか?」
「汚いです…」
「じゃあ、掃除します?」
「ああっ、いや、いいですから(汗)!」
…机の汚さまで暴露か…。

優貴さまに盛んに「方言でしゃべってよ」とけしかけられるタキさまと私。「うーん、敬語じゃ出ないですね?」「じゃあ、敬語ナシで!」必死に喋ろうとするが、全然無理だった…。

あと、「タキさんは顔を見るとすぐうつむいちゃうんだよねー」「だって恥ずかしいじゃん」との優貴さまとタキさまのやりとりに、調子に乗って一緒に顔を見ててすみません、タキさま…。けどタキさまは目がでかくて可愛いですよね。リアクションもタキさま可愛かったー!

飲み屋は「行きつけのところは本名で呼ばれるから恥ずかしいので…」とタキさまが言うので、タキさま行きつけじゃないところへ(笑)。店は良く知らないので、タキさまにお任せする。というかタキさまは飲み屋の方ともツーカーの飲みっぷりか…(微笑)と内心かなり驚きつつ微笑ましく思っていたことはマリア様には内緒だった。
しかし途中、タキさまの当初の目的地にたどり着く前に早くから開いているところを発見し、「ここでいいですよね?」と入る。名前はよくあるチェーン店系列だったが忘れてしまった…。

お酒は優貴さまがカクテル系、タキさまと私は最初はビールやカクテルだったのか焼酎と日本酒に行ったのか、優貴さまのレポに期待したい。とにかく途中で焼酎のお湯割りと日本酒になったタキさまと私(多分)、そしてタコワサとかつまんでいる私たち(タキさまも仲間に加えてスミマセン)の食事を「オヤジセット」と優貴さまに命名される…(笑)。
サラダや肉とか控えめながらバクバク食べた気がする。そしてお酒をチョコチョコ。電車で帰るからそこそこセーブはしたつもりなのですが、記憶が吹き飛んでまして…(遠い目)。優貴さまとタキさまの素敵な夜にお邪魔させていただいて、楽しかったです。けどあまりろくに話してなくてすみませんでした。
「あ?帰りの電車に乗れるかな…」
とか言ったため、改札口の中まで付き合っていただいて誠に有り難うございました(平伏)。多分入場料を取られたことと…申し訳ありません…。

オフ会、今回もとても楽しかったです。
まさやんさまには遠い地から幹事をしていただきまして、お世話になりました。宿泊先や店のことをお調べいただきました夏越月さま、お忙しいのにすみませんでした。書記の優貴さまには最後までお付き合いいただいて有り難うございました。オフ会で皆様と出会えて話せるのってめちゃくちゃ楽しいなあ、と毎回思います。この度も楽しい時間を有り難うございました。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


太宰府?一風堂 ++++++++ 福岡05GWオフ会

2005/06/09 23:17

太宰府に到着。
ぞろぞろ?とばらけてお土産屋や食べ物やが並ぶ通りを歩く。
この前来たときは雑貨屋の前にトラネコがいて触らせ放題大サービスだったがその日はいなかった…残念だ。

太宰府の3つ連なった、盛り上がった造りの橋を渡る。
過去、現在、未来とか言われているのでしたっけ?

この橋をカップルで渡ると別れる、という言い伝えがあるそうですが。昨年来たとき、太宰府の中にあるうどん屋のオバちゃんに、そういう噂があるんですが…と尋ねたところ、「初めて聞いたよ?」という話だったので、古くからある話ではないみたいです。あまり真剣に取らなくていいのではないかと。
まあ、道真公は流されたことを恨んでいらしただろうから、そういう暗い面での話もできるのかもですね。

橋の下には鯉と亀が多数いた。こんなに亀がいるとは知らなかった。

お手水で手を洗い、お参り。ちゃんと作法通りにお参りしてない気がします…。

お参り後、ベンチで休憩。琴音さまからTELをいただく。ちょっとしか話できない。ヘタレですみません、琴音さま。境内には、黒い麒麟像(?)があったので、琴音さまの麒麟の立場にいる一真さまたちは盛り上がったらしい。
琴音さまと繋がっている携帯を渡そうと優貴さまが夏越月さまに近づくと、夏越月さまがダッシュ。優貴さまとの追いかけっこがなされる。お二人とも足が速いですねえ…。

駅で電車待ちの際、ソフトクリームを一口いただく。薔薇味ソフト、まさしく薔薇の味(というか匂い?)でした…(笑)。

天神に戻り、ぞろぞろと歩いていく。着いたところは一風堂。
…ああ、一風堂本店ってここにあるんだ…。行くときは違う支店に行くからこちらに来たの初めてでした(笑)。
列ができてて40分ほどの待ちとのこと。他店から接客の研修に来ているというお姉さんが列の整理を頑張っていた。
並んでいる途中、一真さまが「電車の時間が…」ということで帰られることに。こんなに早いお立ちとは思っておらず、残念でした…。まさやんさまも時間が迫っているということで、一人早く食べておられた。むむう、太宰府のんびり旅ではこの辺りの時間配分がマズかったのですね…(汗)。

ようやく赤丸ラーメンと焼豚まぶし飯にありつく。
カタ麺好きだという明日紀さまに少しカタ麺をいただく。明日紀さま、ありがとう!
saiさまには清算の際、ピッタリなかったのでこれでお釣りを…と多めに出したものをいただいてもらえなくて、そのまま去られてしまった…orz(saiさまと明日紀さまはこの後、別行動だったためダーッと去っていかれた)申し訳ございません、saiさま…。
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


神無月… ++++++++ 日常

2005/06/09 00:57

本日の読了本は梶尾慎治の『黄泉びと知らず』
『黄泉がえり』番外編の短編、よかったですねぃ。
後書きに書いていらした「ペットが飼主を甦らせる話」もいつか書いていただきたいなあ…。『黄泉がえり』本編でもペットの猫が還ってきた話で(うちの猫も甦ってこんかな…)と、ちょっとこの時点で涙したよ。しかし、もしうちのペットだったら、私を生き返らせてくれるのでしょうかな…(遠い目)。

他の短編は、これまで『美亜に捧げる真珠』とか『クロノスジョウンターの伝説』とか、リリカルSFを主に読んでたので、バラエティー豊かで、こんなのも書くんだ…(笑)と意外でした。

今日は「神無月の巫女」DVD一巻を観た。中古屋で見かけたので、面倒くさいので買ってみた(爆)。…だって田舎はレンタルとかにおいてないんじゃよー。インターネット配信も考えたが、PC音痴だし、PCで見るとボケてる気がするので嫌い…。操作が悪いのか?
ロボット、馬、弓、とどこから突っ込んでいいのか分からない状態ですが、千歌音ちゃんが可愛いということは分かりました!
宮様、素敵だ!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


雨上がる ++++++++ 福岡05GWオフ会

2005/06/07 23:48

夜じゅう、ザーザーと降る雨音を聞きながら眠る。
うるさかったけど、屋根を流れ落ちる水音とか、庭の葉に雨があたる音とか心地よかった…。

柚原さま、夏越月さま、もしイビキかいてたらすみませんでした。疲れるとイビキ掻いちゃうのです…。

朝。ぼんやりと起床し、顔を洗い、食事に階下へ。
すでに数名が食事をとられているところへ混ざる。
ちょうど夏越月さまが頭で生卵を割られているところに間に合う。イイモノ見させていただきました…(笑)。

生卵を割る方法も、取り皿に割ってよく混ぜる、茶碗に割りいれる、頭で割る……さまざまですね。
朝は和食ご飯、幸せだった。毎朝こう行きたい…、と思うも毎日の生活は全然無理だ。
食事後は各自出立の準備。
廊下をよたよた歩いていたところを志音さまにご心配いただく。その後も皆様に色々気遣っていただきましたが、本当に運動不足なだけで…(伏し目)。すみませんー。

前夜から降り続いていた雨も何とか上がりそうな気配で、予定通り太宰府行き決定?。

博多駅で各自荷物をコインロッカーに預ける。西鉄で帰る予定なので、天神まで持っていこうかなーとも思うが、いざ西鉄周辺でロッカー満杯だと3月大阪の悪夢が…と思い、見つけたロッカーで荷物を放り込む。

その後、地下鉄で西鉄天神駅へ。
天神駅にはちょうど特急電車がある時間(西鉄では00分と30分の30分置きに特急が出る)。よしよし、と思っていると全員「太宰府行き普通」に乗る気配。あー、特急混んでるから時間かかっても座れる電車に乗るのですね、と合点。しかし団長のレポを読むと太宰府まで結構近いと思われていたようで、申し上げれば良かったですかね…(汗)。
普通電車の行程は、時間のことさえなければ、のんびりしてて良かった…。もたれて寝る方多数でのどかな旅。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


こぶすちゃん近影 ++++++++ 日常

2005/06/06 21:48

20050606214802

昨日の読了本は、あさのあつこの『バッテリー?』です。
傲慢と稚拙か…と何だか懐かしく切ない思いで読ませていただきました。
若い頃の自尊心と他人への傲慢、そして他人に自分の思いを伝えきれないもどかしさ、うまく言葉にできない未熟さ、とか噛みしめて。…ていうか今でも全然駄目なんですがね…。
キスケさん(@「雲の上のキスケさん」)じゃないけど、いくつになっても大人になれない、と反省することしきりです。

昨日はこぶすちゃんをお風呂に入れましたヨ。
今ふわふわで、まあラヴリーな時期です。よかったな、こぶすよ!
しかしいつも私の枕で寝るのは止めてくだされ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


カラオケ後… ++++++++ 福岡05GWオフ会

2005/06/06 21:33

楽しくカラオケ終了後、鹿島旅館に戻る。
途中、神社に山笠の山車(?)が準備中であるっぽいのを見かける。
そういえばオフ会オプションとして櫛田神社にも行こう、と言ってましたが時間がなかったですねぃ。

帰りにコンビニに寄り、それぞれ夜食等を買い込む。ここでも執念深くポカリを探し、ようやくゲット。ここまで来ると、無いといけないわけではないが、酔っ払いの安定剤という感じで(笑)。

旅館に帰ると、別にホテルを取っている優貴さまとタキさま以外は、慌ててお風呂に向かう。12時ごろでガスを消すということだったかな。
「じゃあ、帰ろうかな?」
という優貴さまに、
「ええー? 風呂上りに飲みましょうよぅ?。すぐ上がってきますから待ってて下さい!」
と図々しくお願いする。暇つぶしにでも…と優貴さまはあまり興味なさそうと思いましたが、にゃちこ本を押し付ける。しかしこれは非常にマズかったですね…。タキさまはもうお眠りモードでしたし、お二人が旅館を出るころは本降りで酷いことに(汗)。誠に申し訳ございませんでした…(平伏)。

風呂上がり、集合場所である部屋に戻ってみると部屋の向こうに緑の物体が転がっている。
こっちはコンタクトをはずしてしまったし、何だか分からない…。
「マンちゃん、お帰り?」
唐草マンの衣装に身を包んだ団長でした…(笑)。着ぐるみが小さいようで、衣装を破かないように身動きをせずに頑張っていらっしゃいました。
…えーと、すみません。第一印象はみどりトドだ!)でした…(平伏)。
(「みどりトド」とは、『風来のシレン』というゲームに出てくるキャラで。アイテムを盗んでワープして逃げるニクいヤツです…)
心の中ではヒットしてましたが、反応が薄くてすみませんでした…。

その後、紀州さまが体調を崩されて先にお休みになる旨をお聞きする。
具合が悪いのに同人誌などを持ってきていただいて、誠に申し訳ございませんでした、紀州さま(平伏)。
素晴らしい本の数々を堪能させていただきました。合田さんと加納さんが素敵でしたわー…。しかしBJ本、花形登場のあと、どうなったのか覚えていないところがメチャメチャ悔しい…。

そしてこれもまた、団長にわざわざ持参していただいたにゃちこさま人形! お菓子の空き箱(?)に入って登場です。寝台列車で誘拐されずに無事でよかった(笑)!
見たことない?とジタバタしたところ、今回お持ちいただきまして荷物になってすみません…。ああ、携帯で写真撮っとけばよかったなー。

団長が持参されてた薔薇図鑑までは目を通せなかったのが残念ですわー。
この後、本を読んでて飲みまでいけなかったのも残念です。

雨音がだんだん酷くなる中、思い思いに過ごす。
優貴さまたちが帰る頃には、「明日、どうしよっか…」というくらい雨が降っている…。
明日のことを気にしつつ1時頃就寝と相成る。
集合部屋から退出した後、「あーポカリとお茶置いてきちゃった…」と気づく。相変わらずポカリに執着しているのに自分でも呆れますが、これはもう酔っ払いのしつこい執着心ですな…。
もう寝られたかな?と思いながらウロウロと不審にお邪魔してすみませんでした、部屋の皆様。
そして後日気がつきましたが、またしてもお代官プレイの夢破れる、の巻でしたね…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


備忘録… ++++++++

2005/06/03 23:49

最近本を読んだときしか書いてない備忘録です。
昨日の本はあさのあつこの『バッテリー?』です。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


マンネリ ++++++++

2005/06/02 22:34

昨日の読了本は田中芳樹の『夜光曲』
薬師寺涼子シリーズの新作デスヨ!とワクワクしてましたが、ねえ…。
2日続けて読んでて寝落ちしたし、ちょっと話もマンネリというか練れていないという感を持ちました。てかやっつけ仕事のレベルでは、とがっかりでした。
寝る前に読んだ梶尾慎治の「黄泉びと知らず」は他の短編も楽しみだなあ。
あと、ようやく、あさのあつこの「バッテリー」を借りましたヨ!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。