Top | RSS | Admin

2005.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2005.05


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


海遊館にて ++++++++ 大阪05.3月オフ会

2005/04/29 01:22

海遊館は入場時からすごく混雑してました。

入ってすぐのところで、何がきっかけだったのか、「ファイティングニモ」の話になる。ええ、その時点まで「ファイティングニモ」だと思っていました。正解は「ファインディングニモ」ですか…。「スイミー」みたいな話かと思ってたのでぃす。(というか、スイミーもファイティングの話と違うやろ!)

初めの、室内に入る前の岩場のカワウソやオオサンショウウオを見るだけで一苦労でした。「オオサンショウウオ観ました?」とか会話をできるくらい、そのころはまだ、結構オフ会メンバーはそれぞれ、識別できるところにいらっしゃいました。
しかし暗い館内、目茶目茶な人ごみで、次第にメンバーは離れ離れに…。優貴さま、まさやん団長、もずるさまは比較的近くにいらっしゃったのですが、一橋さま、紀州さま、夏越月さまは見失ってしまいました。

ラッコやペンギン、イルカは可愛かったですね?。
あと海遊館といえば、ジンベイザメ!
大水槽のところで、団長が「マンちゃん、あれがおいらの理想の生き方でぃす!」と言われたのは、ジンベイザメの下にちょこんとくっついて泳ぐコバンザメ。「もしくはクラゲ?。」とのことでしたが、私もクラゲのようにたゆたって生きていきたいです…(笑)。
そうこうするうちに優貴さま、団長ともいつの間にかはぐれていました。背の高いもずるさまは、時折立ち止まり、キョロキョロしてメンバーを探してくださるので、もずるさまを目印について行きました。
「…あのクラゲは痛いんですよ。…あれはそんなに痛くないです」など、スキューバをしていて海に詳しいもずるさまにお話を伺いつつ水族館を堪能させて頂きました。もずるさま、お付き合い頂きまして、ありがとうございます。
館内では何か結婚式があってたとかでしたが、見逃しましたわ…。
印象に残ったのは、クリオネの捕食映像でしょうか…。

クラゲの辺りで、優貴さまからTEL。「どこにいるんですか?」「もう外です」ということで、海遊館の最後の部分にいた我々も退出。
外に出て、皆様がくつろいでいるころ、私は海遊館の土産物屋へ。かねてから姉のところに鍋つかみがないのが不満だった私は、ジンベイの鍋つかみを購入。あと、自分用にジンベイのぬいぐるみ。(しかしこのぬいぐるみは、お土産として由乃さん(仮)にあげてしまいました…)そして姉から頼まれていた(らしい)マンボウぬいぐるみを買い損ねました…ダメじゃん。

再度外に出てうろうろしているところに、一橋さまかまさやんさまの携帯に織名さまからホットラインが入りました。
織名さまのところも揺れたとかで、「結構でかかったのか…」とちょっとビビる。
織名さまは、落ち着いたしっかりしたお声の方で、「日本の若人もまだまだ捨てたものではないな!」と感服させられました。(それに引き換えわしは…orz)とか思いながら(泣笑)。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


千年女優 ++++++++ 音楽

2005/04/27 00:42

そろそろ三日坊主のヨカーン。

昨日観た「千年女優」は最後の台詞で「ハァ?」となってしまいまして。ナニこれ、自己愛?とか。もっと深い意味が込められているのでしょうか? 
映像は面白かったなー。色使いとか綺麗で。
ていうかもっとSFっぽいものを想像してたから…。

イメージとしては恩田陸の『ライオンハート』とか、姫野カオルコの『変奏曲』とか、北村薫の『リセット』とかそんな感じの…(意味不明)。転生ものというか、タイムスリップものというか、パラレルワールドの話みたいなものかと思ってました…。

まあ、平沢進さんの音楽が目的の一つではあったから。
ヒラサワ、いいなあ。歌詞が抽象的で、高いところで遊んでいるような、遠いところに行くような高揚感があるですよ。トランスという状態に近いのだろうか。仕事をしているときに聞くとノリノリになって気持ちがいいですわー。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オフと地震と海遊館 ++++++++ 大阪05.3月オフ会

2005/04/26 00:09

書き溜めていた分の大阪オフ会レポの続きです。

本日(3/20)は集合後、海遊館へ行くというプランでして、一橋さまのアドバイスにより、海遊館入場券付きの一日地下鉄乗り放題切符を購入。そしてまずは荷物を先に宿に預けることに。道もわからず、皆様についていくのみです。

よく分からぬまま、なんばに到着。そのまま本日のお宿にテクテクと歩いていく途中のこの時点で、ようやく、初めてお会いしたもずるさまにご挨拶(汗)。ああ、ご挨拶しなければ(汗)!と道中ずっと思っていたのですが、なかなかお声がかけられませんでした…。ご挨拶が遅れまして誠に申し訳ございませんでした、もずるさま(平伏)。

宿に荷物を無事預けた後、海遊館へレッツゴーです。電車の中では、大阪ドームを教えていただいたり、もずるさまからスキューバダイビングの話をお聞きしたりして楽しかったです。

そして、やはりどうやってたどり着いたか分からないまま、海遊館がある駅に到着。
先に食事をしてから海遊館に入ろう、ということで海遊館横にあるショッピングモールの中へ。横丁風(?)になった食堂街でそれぞれ好きなものを買ってもう一度集合、ということになり、一時解散。
まさやんさまと優貴さまとともに、目に付いたオムライスを購入。その後、たこ焼き屋さんに並んでいると、前方に並んでいらっしゃった紀州さまが併せて購入くださることに。紀州さまを待っているときに、メールがジャンジャン入り始めました…。

友人・知人間で構成されたメーリングリストでの「今の地震、すごかったですねー。大丈夫ですか?」という内容だったときは、震度3くらいかと思っていたのですが。九州他県の友人から「こっちも揺れたけど、福岡すごかったんやろー?」というメールが入り、またメーリングリストの返信が続々入り始めた時は、何かヤバイ…とドキドキしてきました。近くにいた優貴さまに「福岡、地震があったみたいです…」と言うと、携帯で即行、情報を集めてくださいました。ボーっとしてるのみで、どうもありがとうございました。

家族、友人の携帯にかけても軒並み繋がらず、とりあえずメールを送信。こりゃ、今日はこのまま帰らんといかんかなー、と少し覚悟しました。まあ、短い時間でもお会いできたからいいか…、でも猫子さまとお会いできないとしたら、本当に残念…と思いかけていたとき、姉から「無事」との返信。しかし、自宅とは連絡がつかないとのこと。

実は微妙な事情で、自宅には、姉のところにずっといるということにしておりました。私がいないとなると、姉に色々迷惑がかかるため、姉とメールにて打ち合わせ(汗)。しかし、メールでのやりとりにイライラして、この緊急事態では仕方なかろう、と自宅に電話。……繋がりゃしないよ…。もずるさまに「PHSの方が繋がるみたいですから…」と2度もお貸しいただきましたが、こちらも繋がらず…。お貸しいただいてありがとうございました、もずるさま。

この間、ショッピングモールの外でおのおのが購入されたものを持ち寄って食事中だったわけですが、皆様、メールばっかりしていて申し訳ございません。あのときの自分は、メールばっかりしてた…、そして人様が買われたものをお礼も碌に申し上げず図々しく食べてた…と自分の慌てぶりに申し訳ない気持ちで一杯です…。

食事中は、夏越月さまが円柱の隙間から半分顔を出して、チャットに入ってくるときのクマー殿を実演してくださったり、数名ビールを購入してご機嫌の方がいらっしゃったりと、美味しいものを食べ、楽しい時間を過ごさせていただきました。自分で購入したオムライスの他は、たこ焼き、イカ焼き、そばめし、どて焼き、串揚げ、ポテトとたまねぎのフライなどを遠慮なく頂きまして、大変ごちそうになりました(平伏)。

数度のメールのやりとりにて、地元の様子を確認。JRも今は止まっているが、暫く立ったら復旧するだろうとのことで、こちらには別にすぐ帰ってこなくてもよいとのこと。
まあ大丈夫だろうと、このままオフ会続行決定。食事後はそのまま海遊館へ。ゲートをくぐったころ、自宅の家族とのメール連絡も無事つきました。一安心のもと、私は姉のところにいる、ということでアリバイを依頼して海遊館の中へと入ったのでございます。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


コスプレ ++++++++ 日常

2005/04/25 23:53

本日は会社でコスプレの時間があった…orz

それも○○○かよ!

「着用できる人は全員着て下さい」とのことで、着た後は写真撮影…。どうも営業用のサンプルが欲しかったみたいなのだが。(というか何のために使うのかは知らされなかった。ヤヴァイよ…!)
私はデカイから入らないかと思った(笑)。最初ジッパーをあげる時、かなり苦しかった(泣笑)。しかも本日は私、5本指ソックスでした…(遠い目)。だってカイロプラクティックの先生から、足の指を鍛えろとのお言葉がありまして(汗)。まあ、足元は写らないのでよかったのですがね。

一人ずつ衣装を着回してて、次は由乃さん(仮称。私が同僚に密かにつけているあだ名です)。「どうやって着るん?」から始まり、「ちょっと撮影終わるまで見てて」「着替えは覗くな!」などと注文の多い由乃さん(仮)に付き合う。
会社でこんなことするなんてどっと疲れた…。
うちの会社はイメクラでは決してございませんことよ…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


++++++++ 未分類

2005/04/25 23:33



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大阪オフ会レポ その1 ++++++++ 大阪05.3月オフ会

2005/04/24 22:01

えー、ここからは私がお邪魔している某お茶の間で行われたオフ会のレポとなります。

3月20日。その日は大阪オフ会。

私は前日から大阪にいたので、ホテルでの目覚めです。
8時過ぎからホテルの時計や携帯のアラームで波状攻撃を受けますが、なかなか起きられません。宅配に、新幹線で読んできた本を詰めこもうと頑張って読んでいたら、2時過ぎてまして。新書版なんだから諦めて持ってけ!と思いましたが内容が気になっていたこともあり、読んでしまいました…。ああ、こんなことしてるからオフ会のときにまた寝落ちるんだよ…。
前日は昼間は本屋めぐりをして、夜は部屋で購入した本の整理。道に迷ったりした時間のロスから、チェックしていたKPOプラザ大阪の和田誠展に行けなかったのが心残りです。

朝、昨日買ったものを宅配で送るべく、フロントへ行こうと廊下に出ます。部屋の内部に鍵を置いたままなのに気づいたときには既に間に合わず、ドアは無情に閉まりました。時間がないというのにやらかしたー(汗)!

フロントで事情を話すと、「後で参りますので、ドアの前でお待ち下さい」とのこと。廊下をウロウロしてエレベーターの方を窺っていると、後ろから「お待たせしました」の声。う、そちらは行き止まりではなかったのか? あ、従業員エレベーターがあるのだな! と瞬時に動揺を隠し、ドアは無事開けていただきました。

ホテルを取った際、家族から「あそこは狭い」と非難ゴーゴーだった件のホテルは。
噂に違わず、狭かったです(笑)。セミダブルのベッドだけで部屋はほぼ一杯。以前シングルで泊まったほかのホテルでは、ソファセットみたいなものがあった気がしますが、書き物机と椅子しかないし…。ユニットバスも、トイレと洗い場の間隔が妙に狭いんですが…(汗)。しかし、別に泊まるだけのホテルでしたので、さほど問題なく、快適でした。

9時にチェックアウトの予定が9時20分出発。間に合わないかも(汗)、と焦りつつ(近くにいる者のほうが油断して遅刻するんだよなー)と地下鉄に乗ってしばし反省。新幹線でお越しの方々は9時半くらいから続々到着だったのに、申し訳ございません…。

新大阪駅では、降りた場所が悪かったのか、一度駅の外に出て、高架下みたいな道をたどる遠回りコース…。このとき既に9時55分。やばい、もう間に合わない…(涙)! 新大阪駅構内の新幹線中央口に到着。周りを見回しても、見知った顔もそれらしい集団もなくアレー? 一応構内をプリントアウトしたものを持っていたのですが、カラーインクがなくなっていたため、白黒じゃ何がなんだかわかんねーよ!状態で…。(紹介いただいていた新大阪駅の地図には中央出口がデカデカと載っていたというのに…)

ここで下手にウロウロすると迷うので、速やかに大阪在住の一橋さまに電話。…つながらない! 次に旅なれて新大阪駅構内にも詳しそうなまさやんさまに電話。…しまった、集合は「新幹線中央出口」ですか…。「ちょっと待っててねー」とのことで、こちらに来ていただくことに。本日到着の皆様が新幹線の出口で集合されていたのに、集合の時点からこの始末で、誠に申し訳ございませんでした…。前日も中央出口から降りたはず(いや、違ったかも?)なのに、全く周囲のことを覚えていませんでしたし…。
やがて右手方向からこちらに来られる集団が。一橋さまのサングラスにより、オフ会メンバーと判明(笑)。そのまま碌にご挨拶もせず、合流してしまいまして、どうもすみません。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


何度も何度も ++++++++ 日常

2005/04/24 21:44

本日は図書館で本を借り、ブックオフで本を購入。

図書館では、読みかけだった篠田真由美の「失楽の街」、恩田陸の「Q&A」・「夏の名残りの薔薇」、小松左京の「復活の日」、トニー・ケンリック「リリアンと悪党ども」、荻原規子「西の善き魔女 外伝3」その他PCの本を借りる。

「リリアンと悪党ども」は以前、どこかのマリみて関連のサイトで(2chだったか?)で「『リリアンと悪党ども』という本を見ると、中身は知らないが聖さまをイメージしてしまう」というコメントを読んだことがあり、何となく気になっていた。
それが最近読んだ西澤保彦の「方舟は冬の国へ」の後書きの、「『リリアンと悪党ども』みたいなものを書いてみたかった」とのコメントを読み、俄然読みたくなった。「方舟は冬の国へ」は西澤保彦らしいSFの縛りがあって面白かった…。しかしいい加減「依存」の続きが読みたいなあ…。

ブックオフでは、浅田次郎の「プリズンホテル春」、井上ひさし「本の運命」、恩田陸「麦の海に沈む果実」とブラッドベリの「10月はたそがれの国」、その他仕事関連とPCの本を購入。前の3冊は以前読んで面白かったもの。「10月は?」は未読だが、面白いとの評判なので購入。
本当は4巻までしかもっていない「のだめカンタービレ」の続巻が欲しかったのですが…。
しかし、「プリズンホテル」はどの巻を持っていたのか分からなくなってしまった…。うちには間違えて買ってしまった同じ本が数冊ある。もう老化現象なのか! きっと「火星シリーズ」もダブってる(涙)。以前出ていた本が合本になって、訳も改まったというので楽しみにしてたのに読めていないし。
何度も何度も同じ本を買う自分がちょっと哀しい…。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。