Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


その後・ついカッとなって ++++++++ 福岡06GWオフ会

2006/05/14 15:45

・皆さんと別れた後、アニメ伊藤さんで舞乙-HiMEラジオCDを購入。
 シズルさんの放送禁止規制内の言葉に何が語られていたか、非常に気になりますね…! そして二人は一緒に寝てるか、シズルさんはナツキの寝所に忍び込めるような暮らしをしてはるんですなあ(笑)
・最寄り駅に迎えに来た家人と餃子ー!
 団長に聞かれて、うちの地域は、世間で言われてるほど餃子は昔っから大流行のわけではないと思います、とか言ってましたが。一軒よいお店があるのですよ。昔からあると思われる、大変味のある、また味の良いお店が!その中、きっと祥子さまは入れないね!という年季の入ったお店でぃす。いつもいっぱいで待ちのお客がいるのですが、そのときは比較的空いていました。焼きがメインの店ですが、忙しくないときは水餃子も作ってくれます。店のおじさんおばさんの忙しさ具合をうかがいつつ、水餃子を注文できるかどうかのタイミングを計らなければいけないという…(笑)。焼き餃子、水餃子をゲットして日本酒を飲んでいい気分。
 そしてその日は、いい気分で食べていたら帝都からの宅配荷物を受け取り損ねましたよ…。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(6) | top▲


水郷柳川?ひとまずお別れ ++++++++ 福岡06GWオフ会

2006/05/14 14:04

 5/6(土)朝、胃のムカムカとともに目覚める。
 ああっ、昨晩寝るときまで何ともなかったくせに卑怯じゃないか、私の腹よ!とちょっと焦る…orz
 「胃薬あげましょうか?」といういちさまの言葉にすがり、いちさまの胃薬を強奪。すみません、いちさま(平伏)。いちさまの薬をいただいたあと、自分の荷物から胃腸薬を発見しました…。
 思えば1回目のオフ会でも同じような目にあった記憶があるのですが、廊下にあるトイレと友達になったりしつつ(…)、その後少し持ち直して朝食。日本の朝ごはんー!
 出立の準備を済ませて博多駅へゾロゾロ。この頃、織名さまより再度の電話。バタバタしているときでしたが、全員いるときに間に合いましたね。ここで芳幸さまとはお別れです。この後、さらに合宿とはお疲れ様でした。
 皆様は博多でロッカーを使用されていましたが、私は天神で預けようと思っていたため、それに気づいたもずるさまが荷物を持ってくださいまして、誠にすみませんでした…(平伏)。
 順調に天神で乗り換え、特急で柳川へ。全員寝落ちていたような。

 柳川でどんこ舟に乗る。天気があやしいなとは思っていましたが、ついに降り出す。あと少しもてばな?。
 柳川の川下り、私好きなんですよね。乗ると、ああ、柳川に住みたいな?といつも思う。川の傍というのがいいですよ。船頭さんが
「この家などは庭が見やすいように、川から見える向こう側の土地を自分の庭にしてあるんです」
という言葉を聞いて、川の向こうに自分の庭を整えて、花が満開なのを眺めるとかもいいよな?としみじみ思う。
 あとは川の中を泳いでいるつがいの蛇とか、川の傍に設置された各家の洗い場の階段で寝ている鴨とか、身を屈めないと頭を打つような天井が低い橋とか風情がありました。
 降り出した雨に船頭さんから合羽を渡されると、視界が狭まったこともあり眠気が…。あとで紀州さまには「途中、寝ようとしてませんでした?」と言葉をかけられ、チェックされていたことを知る(伏し目)。

 舟から下りたら、昼食は舟着場から道路を挟んだ斜め前の「皿屋・福柳」。鰻・鰻がお嫌いの方は牛鍋・チャレンジャーな方はどぜう鍋という昼食。鰻の汁が染みてて美味しかった…。そして牛鍋やどぜうをいただきまして、誠に美味しゅうございました。どじょうってそんなに生臭くないんですねぇ?。

 白秋記念館までは紀州さまの傘に入れていただき、有難うございました。傘、折り畳みが見つからなかったので1日目に天神に出たときに買おうと思ってて忘れちゃって(伏し目)。
 白秋記念館、いつのまにやら立派な別館まで立っていた。ここでいつも柳川市限定販売の詩集、復刻版「思ひ出」(2,000円也)を買おうと思うのだが、いつも買っていない…。買おうと思えば買いに来られる距離だというのがいけないのだろうか? 「『邪宗門』だったら買ってもいいのにな」というお声もありましたが、「邪宗門」もいいですよねえ。

 記念館からはタクシーで駅へ戻ります。タクシーで行くと結構距離がありますな。それだけ舟で下ってきたということなのかな?

 柳川から天神に戻り、博多駅へ着いたところで、志音さま・りうさまとはお別れです。ハグをしながら「今度は温泉でも行きましょうか?」というお話も出ますが、いつか行けたらいいですねえ…。
 「では私もそろそろ」と一真さまも帰途につかれます。だんだん減っていくのがオフ会は寂しいですよね。
 まだ時間に余裕があるメンバーは喫茶店でコーヒータイム。
 途中で団長も「そろそろ時間が…」とお別れ。
 残りのメンバーも、いちさま・紀州さまの出立にあわせて出て、大阪組は新幹線、もずるさまと私は天神へ、優貴さま・タキさまは博多へ?でお別れです。
 幹事の団長には大変お世話になりました。皆様、今回も楽しかったです。ありがとうございました!!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


DVDの夜 ++++++++ 福岡06GWオフ会

2006/05/13 22:26

 宿に着き、預けていた荷物をそれぞれ受け取り、まずはひとっ風呂浴びましょう、と解散。

 てんでに行動していた折に、織名さまからお電話。数名には回った模様ですが、もうこの場には他にメンバーがいない…。織名さまも出先からだそうで、とりあえずもう少し後なら揃っているかもしれないんで、申し訳ありませんが、お電話がかけられるようでしたらまた後ほど…(汗)ということになる。非情な感じで何とも申し訳ございませんでした、織名さま…(超平伏)。
 集合までの時間、紀州さまがお持ちくださったご本を読ませていただく。今回も素敵なラインナップでした…。誠に有難うございます、紀州さま!
 他にも団長の薔薇図鑑、年代ネタの本、りうさまのジブリ設定集など、皆様素敵なご本をお持ちですよねえ。
 いちさまには舞HiMEキャラソング入りCD-Rと某ポイント品(?)のクリアファイルをいただいてしまう。ああ、「片恋艶花」が…。有難うございます、いちさま!

 全員シャワーを浴びて集合。もずるさまが持参してくださったノートPC「祥子さま」でDVD鑑賞の夜。
 まずはいちさま持参の紅薔薇ファンディスク
・なかきよの部分
「ここでの(鎖六さまの)嫁は、凄いドレスを着ていましたよね?」
と蓉子さまの登場をワクワクして待つ。しかし、
「アアッ、(鎖六さまの)嫁の場面、飛ばされたー!?」
「折角の紅薔薇ファンディスクなのにナゼ!」
とあのドレスが見られなかったことに落胆。
 そしてずっと蓉子さまが登場するたびに、「(鎖六さまの)嫁キター!」と微笑しつつ、紅薔薇ディスク鑑賞は進みました。
・祥子さまの前を開けた漢前なスクールコートの着こなし部分
 「祥子さまカッコエエ…!」と感嘆。令さま、三奈子さまと3人の2年生sが前を開けてスクールコートを着ている部分では「マフィアですね」と笑いが起こる。
・卒業式の絵柄の違い
 「あれはありえんでしょ!」
・瞳子
 「アニメでは、ドリル部分がよく動きましたよね?」
 りうさま「瞳子の目はたれてるんですよね」
 もずるさま「そうそう!で、眉がつってるんですよね」
 さすが絵師さまがたはよく見ておられます。
 
 次はもずるさま持参の「アニみて・春」の巻末収録「マリア様にはないしょ」を一挙に見る。可愛いですよね、これ。
人と鑑賞すると面白いですね?。
 
 お次はいちさま持参の「舞-HiME 9巻」。私といちさま以外、舞HiMEを見たことがない皆様に25,26話を見ていただくという荒技(笑)。しかし随所にいちさまの的確な説明とフォローが入っていたので、よろしかったでしょうか? 静なつシーンでは「おっ!」と呟きがもれておりましたね…。一真さまが途中から「ああ、この展開はきっと…!」と呟いておられたのが印象的。芳幸さまは舞-HiMEに興味を持ってくださったようでにんまりですよ。
 ついでにその後、私持参の舞-HiMEファンディスクにて、静留さんソングのPVを見る。これって、静なつプロモーションビデオみたいですが(笑)、静留さんの情念を感じさせる怖い場面満載ですよね。
 
 もずるさま持参の「ローゼンメイデン」も見たかったのですが、とりあえず全員でのDVD鑑賞はここでお開き。

 おつまみは皆様持参のお菓子各種とコンビニで買ってきていただいたお酒とお茶で。タキさまに「これ、食べて!」と薦めていただいたチーズの中に生の明太子が入ったおつまみが絶品でした。あと覚えているのは、いちさまが以前日記で「マヨラーのなつきはこれ、チェックするんじゃないか?」と書かれていたマヨネーズ風味の柿の種があったような…。そして東京ばななの黒いのとか、色々いただきました。有難うございます。ここでもお酒を飲んだのはちょっと危険だった?。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


中州の夜 ++++++++ 福岡06GWオフ会

2006/05/12 23:58

 天神に着き、タキさまの案内で夜の食事場所「華味鳥」へ一駅分歩きました。道中、もずるさまがはぐれないように右手を上げつつ時折人数を確認。もずるさま、いつもながらの心配り、有難うございます?。
 案内された部屋は個室、机はくの字型の配置です。見よ、渾身の配置図(汗)!
                 ■■
                 ■■団長
                 ■■
                 ■■りうさま
           志音さま ■■
                 ■■タキさま
                 ■■
   いちさま 紀州さま    ■■優貴さま
   ■■■■■■■■■■■■
   ■■■■■■■■■■■■
 一真さま 満吉 もずるさま 芳幸さま

 ■がずれてムキになってやりましたが、今はこれがせいいっぱい…(というかコレ、テンプレートとか変更したら多分ズレまくりでしょうからやっても無駄のような)

 まずは各自飲み物を頼んで乾杯。
 こちらの料理はどれも美味しかったですね!特に好きだったのは鳥の炙り焼き(?)。隣のもずるさまと「美味しいですね!」連発。皿についているニンニクをつけると更に美味しかったです。「紀州さんも食べて! なくなっちゃいますよ!(汗)」と前に座る紀州さまに一応言いつつ、紀州さまの取り分まで奪う勢いで申し訳ございませんでした(汗)。
 水炊きのときは、まずは鳥だけぐつぐつ煮ていただいた出汁が美味しかったですね?。芳幸さまが果敢にビールを飲まれた後、座は次第に焼酎と日本酒ムードに。最初は明日の予定もあるし、今日はセーブしておこう、と思っていたのですよ。けど、「もうこれだけ疲れてるんだから、飲んだって飲まなくたって一緒だい!」という、酔っ払いの間違った論理に従って飲んでいました。一真さま、私、もずるさまの日本酒ゾーンと、少し離れたりうさまとの間で燗を分け合いつつ(…というか、りうさまから燗を奪ってたでしょうか!?すみませんすみません…)、よい気分であります。その後覚えていることといったら
・煉歌さまからお電話
 皆さん言われていましたが、声優さんみたいな可愛いヴォイスでした! 何かあまり話せなく申し訳ありません。
・ほぼ全員歌える
 「空にそびえる?、クロガネの城?、スーパーロボット、マジンガーZ?!」若い芳幸さまとさほどアニメに興味なさそうな優貴さま以外全員歌えていましたね。もずるさまにはボスボロットとオッ○イミサイルの話まで始める胡乱振りで申し訳ございません…orz
・志音さま暴走族語り
 レッドスネークカモーン!な話とかチキチキマシン猛レース、いやチキンレース?な話とかいろいろ、笑わせて頂きました。一同が爆笑したため、ちょうどそこに居合わせた仲居さんから「他の部屋でも食事をしておりますので、音量はもう少し控えめにお願いします…」とたしなめられる(汗)。
・船頭多くして…
 〆の雑炊&ちゃんぽん麺の辺りでは、「ごはんと麺は人数分もいらないから少なめでお願いします」「鍋は4つあるけど、全部に入れなくていいです」「2つの鍋を使って、1つにご飯、1つに麺を入れましょう!」酔っ払い衆何人もが同時に仲居さんに話しかけるグダグダ展開に…。
・タキさま幼児化(?)
 タキさまが場所を移動しつつ、楽しそうにしておられた。「あれはまだ5歳児くらいですかね」という一真さまのコメント。タキさま、可愛いデスヨねえ?。

 締めは博多一本締めをしたんだかしなかったんだか? とにかく楽しい食事でした。
 帰り道、店の外に出たところで自販機のお茶を購入。お酒を抜くにはお茶が一番だって、ばっちゃが言ってた…ほっぱーさまが以前仰っていたので!
 道々、いちさまのウォークマンで、舞-HiMEのキャラクターソングの中から、なつきの中の人の歌と静留さんの「片恋艶花」を聞かせていただく。聞いていたら素敵過ぎて酔いが回ってきましたよ!
 だいたい歌声って、普段の声とちょっと変わるじゃないですか。なつきの中の人の千葉さんは可愛いお声でしたね?。衝撃的なのは静留さん役の進藤さんヴォイスですよ。進藤さん、ドラマCDの後に入っているコメント聞いていると、ああ、やっぱ地声は静留さんとちょっと違うんやな?と分かります。しかし何、このまんまな静留さんヴォイスの歌声! ファンディスクでちょこっとは聞いていたのですが、静留さんソング、その歌詞とともにディープインパクト過ぎます!!
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


って訳にも行かないみたいだ? ++++++++ 福岡06GWオフ会

2006/05/11 23:56

 食事後は、学究の徒然としたラブ茶メンバーは、大宰府の九州国立博物館へGOです。というか福岡行くとこないよね…。
 大宰府に着き、ルートが二つありますがどうしましょうか?ともずるさまと団長が決めています。どうやら行きが遊歩道コース、帰りで天満宮に寄り、時間があればそこで調整すればよいですね、と話がまとまったご様子。
 遊歩道の途中に聳える風格ある佇まいの女子寮とか、側をチョロチョロ流れている川とか、ネタ好きな皆様が見たがる危険がいっぱいなコースでした。
 途中、拝観料がある寺を外から眺める。風流なお庭をチラ見。このころ、暑かったですねぃ…。
 九州国立博物館、もの凄く高台にあるんですが…(汗)。そこまでたどり着くには、緩やかな階段と、何だかトロッコ状の昇る機械(というか箱型エスカレーター?)があります。数名は昇る機械に惹かれていたようですが、お待ちになっている方がいたので全員階段コースへ。その機械、我々が階段を登っている途中で壊れたようですのでどっちみち階段でしたね。若い衆(と一部は言っていいものかしらどうなのかしら…)が階段登りを張り合っていました。元気です。
 中に入るともうそろそろ疲れが…。側に居られた団長と巡っていて覚えていることとしては
・「孔雀」の字に反応。
 「『孔雀王』は、大分絵が変わりましたよね?。途中までしか読んでいないんですが」
・展示してある密教仏具(独鈷?)に反応。
 「こういうのを、孔雀王でもってなかったでしたっけ?」
・団長、漢文の巻物をさらさらと読まれる。
 対して自分、古文の字が読めませんでした。「昔は読めたんですけどね…ハハハ?」(学問が身についている者とそうでない者の違いが如実に如実に!…orz)
 団長も昨日結構歩き回ったそうで、「疲れましたよね?」と互いにボヤキが入り始める。真ん中辺りにある阿修羅像を見つけ、「あそこまで行ってみましょう」を目標に一応頑張りマスタ。しかし近づいてみると、阿修羅像、レプリカなのか何なんのかショボかった…。
 その後、1階下で行われている琉球展に行く前にエスカレーター前の椅子で「もうダメだ」と休憩。
 「他の人はどこに行っちゃったんでしょうね?」と言いつつ、琉球展の中に入ると、ラブ茶学究の徒たちが熱心に展示物を見ていましたよ。皆様大変に博学でやんすよ。団長、碌でもない学究の徒が供をしておりまして申し訳ございません。
 紀州さまに「ロザリオと踏み絵、見ました?」と聞かれて「そんなのありましたっけ(汗)」とか言ってる見落としぶりでございました。
 その後喫茶コーナーで暫し休憩後、大宰府天満宮へと場所を移動。お参りを済ませた後は、早々に前回休息をとった場所でまったりタイム。そこの柱にペタペタ貼られている千社札を見て、ラブ茶参上とか祥祐とかいう札を作ったらいいじゃないですかね?という話になる(笑)。
 この頃、もずるさまに「これ、実家の猫です♪」と携帯の可愛い猫画像を見せていただく。負けるかぁ!と(実際は可愛さでは負けているんですが。ツンデレでは負けませんよ!)「これはうちの猫たちです」とこちらも画像を見せるという猫馬鹿っぷりが炸裂…(伏し目)。
 大宰府からの帰り道では、もずるさまにホカホカの梅が枝餅を奢っていただきました。ご馳走様でした、もずるさま(喫茶コーナーでのコーヒーもありがとうございました…)! 甘いものは別腹に収め、これからは夜の部が開始です。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。